« 土佐藩と維新の会 | トップページ | 改憲の流れ、危険水域に »

2012年9月13日 (木)

沖縄NO・青森OK

どうしてこうも違う野田。
沖縄の民意は、オスプレー配備反対。
青森の民意は、使用済み核燃料棒受入れ反対。

沖縄には数えきれないほど何度も足を運び、説得に精出した。
青森では、そんな話を聞いたことがないし対策もない。

共通しているのは、アメリカに要人を派遣して顔色をうかがいに行くこと。

原発を30年代にゼロ、新増設はしない、使用期限40年厳守。使用開始には原子力規制員会の厳重なチェックを通ったものだけ。

塾頭は、この政府の新方針に賛成しようと思った。新規制委員会のメンバーに旧原子力村に在籍した人が1人入っているなどのことに目をつぶってもだ。

なぜならば、政治家のほとんどは旧原子力村メンバーかシンパだったのにだれ一人やめていない。

それなら早く決めてその道に邁進させることが先、という判断だ。

ところが、政府が策定する新たなエネルギー・環境戦略の原案が明らかになると、やっぱりだましの核爆弾だということがわかった。

第1に核燃料サイクル政策を維持し、世界が無駄と認めている高速増殖炉・文殊の運転を継続することが青森の要求だというすり替えをしていること。

新たな核燃料を増産して何が「原発ゼロ」だと言いたくなる。

第2に、「この方針は見直しがあり得る」という、ぬけぬけとした抜け道をうたっている点だ。

 これで不信は一層高まった野田。

|

« 土佐藩と維新の会 | トップページ | 改憲の流れ、危険水域に »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

世界で使用済み燃料を再処理しているのは核保有国の英仏と日本だけ。
ところが英仏の再処理の目的ですが純粋に核兵器用であり、原子炉の燃料用ではない。
ウラン235に再処理したプルトニウムを混ぜるモックス燃料ですが、これは日本の原発だけであり今原発が停止している関係で外注していたフランスにあるモックス燃料の工場も閉鎖されている。
経費的にはモックス燃料の使用は高くつくので日本以外は誰もやらない。
基本的に再処理で得られるプルトニウムの使用法は核兵器しか無いのが真実です。
だから核保有国の英仏しか行わない。
今イランがウラン濃縮を行って、欧米の制裁を受けているのですが、本来核疑惑なら日本が一番ですよ。
何故なら、今までに核兵器が沢山作られたのですが、なんと驚くことにウラン型核兵器はヒロシマに落とされたリトルボーイ唯一つ。
他はすべてがプルトニウム型です。
何故ウラン型はリトルボーイ一つで他は全てプルトニウムかの理由ですが、ウランの濃縮には膨大なエネルギーが必要で収支がまったく合わないので、無意味なのです。
もしもイランが核武装するつもりがあるならウラン濃縮ではなくて、日本のような再処理を行う筈です。
ですから今の欧米のイラン制裁ですが、何かの偽装ですよ。
そして日本の行っている再処理は、間違いなく何かの偽装です。
核兵器製造の偽装であるとの説もありますが、
単に原子炉内にある使用済み燃料プールの容量が満杯になるのを防ぐでけの姑息な偽装であるとの説も有力で、原子をを運転し続けると数年で満杯になり自動的に稼働停止に追い込まれる。

投稿: 宗純 | 2012年9月15日 (土) 15時45分

コメントありがとうございました。

文殊を研究実験炉として、半減期の短い核物質に転換する技術開発をするという、炉の中になにか落としたり、ナトリュウムの扱いを誤ったりする技術者にそんなことできるのでしょうか。

投稿: ましま | 2012年9月15日 (土) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/47057271

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄NO・青森OK:

» 盛況の橋下劇場、盛り上がらない自民民主W党首選 [逝きし世の面影]
維新は『これあらた』であり、まったく新しく何かを創造する革命、改革の意味は無い。 チルドレン以下の維新ベイビーズの賞味期限は2ヶ月である。 総選挙を目前にして浮き足立つ自民党の狼狽ぶりは見苦しいが、民主党野田佳彦が再選されるようだと任期満了まで『選挙は...... [続きを読む]

受信: 2012年9月14日 (金) 15時04分

» 民主党政権の新しいエネルギー戦略をどう読むのか [飯大蔵の言いたい事]
 こんな説明で始まる。原発事故を受けて政府が策定を進めている、新しいエネルギー政策の原案が明らかになりました。NHK 誰がどのように検討しているのか一切説明しないNHK、その種明かしは他紙でやっている。政府は11日、東京電力福島第1原発事故を受けた新たなエネルギー・環境戦略で、原発の稼働を2030年代にゼロとする目標を明記することで最終調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。原発ゼロ方針に反発する青森県には新戦略の骨子を示し、地域経済への影響を極力抑える地域振興策を提示した模様だ。今...... [続きを読む]

受信: 2012年9月15日 (土) 01時17分

« 土佐藩と維新の会 | トップページ | 改憲の流れ、危険水域に »