« 大阪維新の会は脅威か | トップページ | 猛暑 »

2012年8月21日 (火)

尖閣・竹島・北方解決方法

 政治家は、ご覧のとおり外交問題を解決する手立てがなく、政争の具にするためのあら探しに励む。マスコミは、誰かに操作された偏狭なナショナリズムの映像で対立激化の火に油を注ぐだけ。国民は正しい知識を知りたがっているのに冷静・公平な解説や意見がなかなか出てこない。

 やはり、政府の責任が最大だが、野田どじょうは金魚どころか、鮒にも鯉にもなれずどしょうのままではしょうがない。しかし、隣の大統領が鮎から雷魚に化けたのよりはなんぼかましか。外務大臣は「私としては」など私的感覚で相手のペースにのるのではなく、堂々と正確に日本の考えをくわしく世界に発信すべきだ。

 世界で通用させるために、最も必要なことは、国民の平和に対する強い一致した意志とそれを実現させることができるという確信である。軽薄なナショナリズムで軍事力競争をしても誰も勝者になれないということは、世界ですでに証明されつつある。

 これからの日本に求められるのは、経済大国でも軍事大国でもない「外交大国」である。そのためにも、領土問題は軽視してはならない。それぞれにどう対処すべきか、国民は重大な関心を持って政府に誤った選択をさせないよう監視しなければならない。

 跳ね上がる中国・韓国の民衆にも真実を知る道がが閉ざされている。それをどう切り開くか、また世界に対しても沈黙するだけではむしろ孤立を深めるだけだ。真実を伝えていくために、国民は最低限度こんなこを知っておくべくではないか。当塾夏休みの宿題はそこから始まる。

そもそも昔は【尖閣】も【竹島】も無人島である。【北方】はアイヌの人たちが住んでいた。
・無人島は最初に発見した国のものとなる。それとわかること(標識を立てるとか、法的に確定するなど)をすればいい。これを先占の法理というが、帝国主義の発想として頭から認めない人もいる。

領土問題化した時期は、【北方】と【竹島】は江戸時代から何度も繰り返されてきた。【尖閣】は台湾が米国の沖縄返還間もなく、中国が国連の海底資源調査を見て追うように主張をし始めた。

実効支配は、【竹島】現在韓国がほとんど国家事業のようにして進めている。
【北方】4島を含む千島は、日本の太平洋戦争敗戦により千島全島をソ連が占領した。千島はヤルタ会談でソ連に割譲する密約があったが4島は維新以前松前藩の支配があり千島に含めないというのが日本の主張。最近、ロシアのメドベージェフが2度も上陸。
【尖閣】明治以来日本。明治末期から昭和10年代まで日本人が住み、事業を行っていた。中国・台湾にはそのような実績がない。

日本領編入時期、【北方】日露間の1875年の「樺太・千島交換条約」により千島全体が日本領となる。
【尖閣】日清戦争講和条約直前(3か月)の1895年1月14日。
【竹島】日露戦争の最中、1905年1月28日。
・上記尖閣・竹島両島とも中国・韓国は日本に異議申し立てをしなかったが、日本の強圧のもと異議申し立てができる状態ではなかったとしている。

領土主張の根拠、先占や実効支配の証拠となる文書の類の価値(塾頭)
 ①条約または国家の公文書(100%)
 ②下位機関の公文書(30~50%)
 ③私文書・日記・航海記・地図等(5%)
 ④以上のうち先占を証明する記述がなく島名や位置だけがあるようなもの(2%)
 ⑤以上のうち、国民国家成立以前の中世・古代など古いもの(1%)
 ⑥偽書や誤記の疑いのある物(0%)

塾頭なりの答え
【尖閣】日本固有の領土であることの証明は完全にできる。中・台に対抗すべきものはなく領有権で譲歩する必要はない。ただ、漁業、海中資源等ルールを決めて互いに利益が得られる「ウィン・ウィン」の関係に持っていくことは可能であり、世界にそういった前例もある。

【竹島】国際法上は日本有利だが、幕末・明治当初日本が朝鮮領と認識していた証拠もある。実効支配を追認し、島根県で実績を持つ漁業などに便宜を得るという交渉もあり得るが、李 明博の天皇侮辱発言や従軍慰安婦問題をからめた反日姿勢がある限り凍結不可避。

【北方】日本がポツダム宣言を受諾し連合国に負けたという事実、ソ連がサンフランシスコ平和条約に加わらず、北方領土帰属が未解決のままという、いずれも国際法上の問題としてかかわりがある。したがってプーチンの言うように、「引き分け」とする解決をさぐるのもやむを得ないかも知れない。

関連する補強バックナンバー
http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/10-5483.html
2008年11月25日 (火)
朝鮮・韓国10

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-26bb.html
2012年5月22日 (火)
尖閣諸島ノート

|

« 大阪維新の会は脅威か | トップページ | 猛暑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

従軍慰安婦問題は本当はなかったらしです。
日本の業者が高待遇で募集していたらしいです。
強制的に連行した証拠がほとんどないらしいです
今の韓国があるのは日本のおかげなのに反日とは

投稿: tom | 2012年8月21日 (火) 09時53分

tom さま
 従軍慰安婦問題はふたつに分かれます。まず公認の売春施設を野蛮非人道的なものと見るかどうかです。日本は戦後売春禁止法ができるまで合法的で、そういった風俗はドイツ、韓国にもあり、韓国では外貨獲得の有力手段だった時代もあります。

 もう一つは強制的拉致の有無ですが、もしそれに誰かがかかわっていたら日本の法律で当然犯罪です。当時の日本政府の姿勢は、朝鮮人差別に神経をとがらしていました。犯罪を黙殺して戦時中に暴動でも起きたら大変ですから。

投稿: ましま | 2012年8月21日 (火) 11時41分

今日の毎日新聞に元外務省分析官の佐藤優が日本が国際司法裁判所(ICJ)提訴で竹島問題の国際化しようとするのは、ブーメランのように尖閣で中国に付け入るリスクが生まれると指摘しているが正論です。
日韓での共同提案を飲まない韓国を非難出来るなら、同じことを尖閣でも提案しないと自家撞着ですね。
そもそも欧州のような地続きなら速やかな国境線の確定作業は、何よりも安全保障の最大の要素です。
日本のように国境線を曖昧にしたままで居られるのは、島国であるから出来る贅沢ですね。
同じ敗戦国で大きく領土を削られたドイツですが42年も前に隣国との正式な国境線を確定させている。
戦後67年も経っても出来ないのですから、今後、日本の政治家に解決を期待しても多分無理ですよ。
先送りするばかりで自分から解決出来ないなら、竹島も尖閣も北方領土も、全部まとめて国際司法裁判所に提訴して第三者に判断を仰ぐしか解決する方法はないでしょう。

投稿: 宗純 | 2012年8月22日 (水) 16時15分

宗純 さま

原則論でいうと、当事国同士の話し合いなしに国際司法裁判所(ICJ)へ持ち込むのは邪道だと思います。政治がからめばからむほど適正な判決が期待しにくく、結果が出てもそれで解決するとは限りません。

もともと国連は話し合い解決を最優先させる精神で発足させたもので、刑事訴訟のようなわけにはいきません。当事国が話し合ってどうしても解決できないことについて判断をしてもらうということでしょう。

大きな島なら中間線をとって国境を引くなどのことがあるかもしれませんが尖閣も竹島もそんなことはできないし、仮にそういう結果が出ても双方に何の利益ももたらしません。

竹島の場合は、李大統領の上陸というのは反日感情に着火するという目的だけで領有問題にはマイナスの作用しかないでしょう。その点、都知事の買収パフォーマンスもも同じです。

日本の国連提訴もあくまでも解決を目指したものでなく、国際的なアピールに利用しただけでしょう。尖閣の場合、中国政府がICJ提訴するなどあり得ないと思います。もしそうして日本が提訴に同意したら明らかに不利な結果を呼び込むことになってメリットがないからです。

両方とも少なくても2、3年前に交渉の糸口を作る努力をしておけば、こんなことにならなかったと思います。

投稿: ましま | 2012年8月22日 (水) 17時29分

『日本の提訴は解決を目指したものでなく、国際的なアピール』との御判断ですが、事実はまったくその通りで間違いないでしょう。
世界に向かって日本政府は『竹島』という『領土紛争があるぞ!』と言いたい訳です。
ところが、これではあの大人気ない香港活動家の尖閣強行上陸のパフォーマンスと同じ趣旨ですよ。
違うところは香港の方は権威もないし責任も無い個人の自己顕示欲の跳ね上がり。
対して日本の方は一番権威がある筈の日本政府の公式の方針ですよ。
両方とも『解決する』ための行為ではなくてその逆。
紛争を起こそうと努力しているのですから、困った話です。
玄葉外相が、『韓国が不法占拠している竹島』との表現を復活させたのですが、これも全く同じ趣旨で『解決する』ためではなくてその逆で、香港活動家と同じ無責任に相手を怒らせて、わざと紛争を起しているとしか思えない。
決して冷静な話し合いを欲している態度ではありません。
外交では、『一人勝ち』は決して出来ないしすべきでない。
自分が利益を得れば、相手にも利益を与えないと駄目なのです。
外交では礼儀が一番大事である原因とは、その意味で相手に名誉とか面子など名目的な利益を与えて、自分の方は何らかの実利を得るのが外交交渉の基本ですよ。
不法占拠などという倹飩な言葉で、相手の面子を潰すなど最悪です。
解決を目指す提訴なら、日本が実行支配している尖閣の方が先でしょう。
竹島とは違い尖閣問題では日本が提訴して、もしも中国側が提訴に応じなければ『領土紛争はない』との日本側の言い分が正しいと世界に向かって証明(アピール)出来ます。
佐藤優は『竹島を提訴して尖閣を提訴しないのはダブルスタンダード』と言っているが、これは間違いか勘違い。
まず日本としては尖閣を提訴して実績を作り、その後に竹島とか北方領土の解決を図るべきでしょう。
当時者同士の『話し合い解決』が基本なのはご指摘のとおりで間違いないのですが、
歯舞色丹の二島返還で合意した鳩山一郎首相を例外に日本には政治解決出来る(目指した)政治家が一人もいないのです。
第三者に解決を委ねるなど邪道なのですが、それ以外は多分無理で、今の政治家に解決を期待するのは無いものねだりであり67年無理だったのですから100年待っても余計に悪くなるだけで無理ですね。

投稿: 宗純 | 2012年8月23日 (木) 09時26分

レス ありがとうございました。

大筋として同感です。ただ韓国と中・ロはやや違うと思います。政府が韓国だけ区別して提訴をきめたのは、それなりに意味があると思います。

日本の右翼は3件をひとからげにして「反日」のナショナリズム扇動に血道をあげていますが、中ソの間では、過去大戦争寸前になるほどの境界争いがあり経験豊富です。

韓国はその点違います。韓国にとって竹島とは比較にならないほど利害関係が深く緊急性を要すのは、延坪島周辺の海域です。

しかしこの方は北との関係やアメリカの意向が複雑に絡み下手に動けません。だから、日本の政治の弱みや家電・自動車の貿易、オリンピックのメダルなど日本を超える位置についたことを誇示する機会として、国内向け人気とりパフォーマンスを思いついたのでしょう。天皇侮辱がその一端を表しています。

この瞬間湯沸器的な大統領の行動に、国際機関提訴という警告を発したのは妥当だと思います。本文でも竹島だけ「凍結不可避」という結論を出しました。

その点、冷戦中以来外交の大舞台を体験している中・ロとはやや違うと思います。国内のナショナリズムも戦術として使うだけで、最善の結論をえるため水面下のルートは切らないようにしているのではないかと思います。佐藤優さんに聞いてみたいところです。

投稿: ましま | 2012年8月23日 (木) 10時20分

韓国大統領の初めての竹島上陸や天皇の戦争責任発言の原因ですが、日韓で軍事物資や情報を共有する協定の締結寸前に野党側に発覚して大騒動に発展。
窮地に陥った李明博大統領としては、反日を演出して愛国心があるところを国内にアピールする何とも致し方ない必要性があったようです。
日本としては、何とも迷惑な困った話ですね。

日本ですが、尖閣は『何人も上陸させない』が政府方針なのですが、竹島や北方領土でも同様な方針なのです。
旧島民の墓参などビザなし渡航は認めるが、正式なビザを取得しての渡航は原則禁止しているのですが理由は、『相手国の実効支配を認めることになる』と説明しています。
一見理屈が合っているようで、合わない不思議な方針です。
国境付近の領土紛争は世界中にあるのですが、戦闘で危険な地域を除き普通は日本とは逆に自国民の上陸や居住を奨励するのです。
理由は、相手国が実効支配する紛争地でも、自国民の居住の方が圧倒的な多数派になれば、有利になり覆すことが可能になるからですが、日本は長年世界標準の方針の正反対を行っているのです。
この不思議の理由(原因)ですが、日本は『取り戻す』との考えが、(表向きとは反対に)実は無いのではないかと考えています。
戦後レジームからの脱却の安倍晋三が6年前の2006年から言い始めた『韓国やロシアが不法占拠している』との日本政府の外交慣例を無視した非常識な超強硬発言も、
一見強気に見えるだけで、実質は地道に『取り戻す』との考えが無くなった(諦めた)からではないでしょうか。

投稿: 宗純 | 2012年8月23日 (木) 12時34分

国会でこの問題につき集中審議が始まりました。各党競って日本側に有利な証拠をスリップでしめしたりしており、知識を広めるためにはそれでいいのですが、相手側の主張が出てきません。

双方の主張の証拠の価値判断、これがないと本当の自信につながらないので、本文では証拠資料の評価基準を書いてみました。

そして、それぞれ厳しく減点方式で比較してみることです。現状では、他愛もない証拠に鬼の首を採ったような主張で競うだけで、やはり目には目を的な報復合戦が果てしなく続くだけで、器量のある政治家出現まで泥仕合が続くのでしょうか。

投稿: ましま | 2012年8月23日 (木) 17時50分

福島第一原発事故の原因ですが天災ではなく、東電や保安院が自分達に都合の良い情報だけを信じて、悪い方を無視した為に起きた人災です。
味方の敗走を知らせた兵士を処刑するようでは、近い将来の敗戦は確実なのです。
危機管理とか安全保障で一刻を争うのは『悪い情報』の方で、
一番大事に思える『良い情報』はいくら時間がかかろうと何の問題も起きない。
ところが今の政府とかマスコミは竹島や尖閣など外交問題で日本の皆んなが喜ぶ情報だけを出して、不利な方はなるべく出さない。
これは危機管理の鉄則の正反対ですよ。
これではますます騒動が拡大して当然でしょう。
日本は竹島は単なる領土問題ですが、韓国は歴史問題と関連付けているのですが、これに関しては8月15日にアーミテージなどアメリカの超党派の提言で『日本は歴史問題と向き合え』と言っているのですね。
例によって産経などはこのアーミーテージ提言の内で都合の良い部分だけを摘み食いして、『中国の軍事力増強』だけを強調して、『日本の歴史問題』の部分は完全無視している。
アーミテージの言う『日本の歴史問題』の具体的な中身とは従軍慰安婦など日本の戦争犯罪ですよ。
李明博韓国大統領が今回えらく強気なのもバックにアメリカが付いていると信じているからでしょう。

投稿: 宗純 | 2012年8月24日 (金) 10時05分

中国の表現でいう「日本右翼」に足りない反省は、靖国問題と第1次大戦後の大陸侵略の二つだと思います。

朝鮮との間は日本側の朝鮮人の心情に対する理解が欠落が大きく歴史問題というより感情問題が先行しています。これがある限り歴史学者の意見が一致していても融和はできないでしょう。

ネオコンのアーミテージに言われる筋合いはありません。戦争犯罪はアメリカにもあるわけですから。慰安婦問題は戦争犯罪というより戦争被害でしょう。

日韓併合は伊藤博文が反対だったことを見ても、最初から植民地化する意図はなかったと見ています。ただ、個人的には秀吉の侵略と閔妃暗殺だけは100%言い訳の利かない謝罪すべきことだと思います。


閔妃

投稿: ましま | 2012年8月24日 (金) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/46770058

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣・竹島・北方解決方法:

» 尖閣、竹島、北方領土 67年経っても戦後処理が出来ない日本の不幸 [逝きし世の面影]
『東方の蓬莱島に向かった紀元前3世紀の徐福の伝承』 秦の始皇帝の時代に、現在の江蘇省連雲港市徐福村出身の方士・徐福が紀元前210年に不老不死の霊薬を求めて中国の東方海上にある蓬莱島に渡ったとされる記述が、有名な中国前漢時代の歴史家司馬遷(紀元前145〜...... [続きを読む]

受信: 2012年8月21日 (火) 12時21分

» 少し様子を見させていただく! [つぶやき古道(コミチ)]
過去にも、日本と韓国の間では竹島問題は幾度か繰り返し起こってきた問題ですが、「暗黙の了解」という不可思議な見解を示して、自民党政権時代の日本政府と外務省は“うやむや”に対処してきました。 これはこれで... [続きを読む]

受信: 2012年8月24日 (金) 19時26分

« 大阪維新の会は脅威か | トップページ | 猛暑 »