« 猛暑 | トップページ | 世界最古の米食文明 »

2012年8月25日 (土)

都民が可哀そう

 自らをどじょうに例える野田総理でさえ「品位に欠けることは止めましょう」と国民の前で誓った。竹島や、尖閣など外交紛争を受けての記者会見である。日本の主張と冷静な対応を呼びかけた内容は本塾の主張にも合致しており80点はつけられる。

 一方で、石原知事も昨日会見を行った。当塾は7月20日に「お騒がせマン、石原都知事」、8月3日にのその続編を記事にしたが、知事の職責外の尖閣買収など出しゃばりを批判したものだ。

 今回の会見目的は、都の仕事として尖閣調査船を出すことについてだったようだ。多分、記者の質問に答えた部分から出たものだろう、野田総理が戒めたにもかかわらず、その品のなさが暴発し、かつぎあげた都民でさえ耳を覆いたくなるような低俗なものだった。

 .アドリブ発言と見られるのは「韓国李大統領への中傷」、「中国の政治不安」、「従軍慰安婦」の3つである。各紙の扱い方は電子版も含むので正確ではないが、発表内容だけを扱い、他は黙殺したところ、慰安婦問題だけを省略したところ、品なく全項目社会面でのせた毎日など、ばらばらであった。

「韓国李大統領への中傷」(毎日)

韓国の李大統領に対しては「兄貴が収賄でつかまって、自分もこれから危ないんじゃない? ずいぶん韓国の大統領ってのは終わった後に逮捕されてる」と述べ、竹島上陸を「外交感覚が欠落している」と批判。

「中国の政治不安」(産経)

中国におそらく騒擾事件が起るでしょう。私は近いか遠いか分からないけど、中国の政府が分裂していくと思うし、中国は4つくらいの国になった方が幸せなんです。

「従軍慰安婦」(共同)

「ああいう貧しい時代には日本人だろうと韓国人だろうと、売春は非常に利益のある商売だったから、貧しい人たちはある意味で仕方なしに、しかし、決して嫌々でなしにあの商売を選んだ」と話した。

 李大統領の天皇への侮辱発言は、国家元首に対する非礼だという。李大統領も元首であり、仮定の話で現職元首を犯罪者扱いして許されるわけがない。塾頭、なりかわってお詫びする。

 政府が分裂して4つの国になった方が幸せなど、オリンピックを招致しようという首長なら口が裂けても言えないこと。「支那」と言ってはばからない知事。オリンピック、やはり本気ではないんだ。

 従軍慰安婦については、売春禁止法がない時代を知る者として言わんとすることはわかる。しかし「貧しい人」を代表して塾頭に言わしめれば、このようなことを口走る無粋な客には、心も体も売ることを断っただろう。

|

« 猛暑 | トップページ | 世界最古の米食文明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/46817577

この記事へのトラックバック一覧です: 都民が可哀そう:

» 分けないことにはわからないが分けてもわからない [逝きし世の面影]
『世界はファジーに出来ている』 分子生物学者福岡伸一の『生物と無生物のあいだ』の最後にある名言、『世界は分けないことにはわからない。しかし、世界は分けてもわからない』という禅問答のような言葉は、今まで自分を取り巻く世界を『分ける』ことで理解しようとし...... [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 13時15分

» 尖閣武力解決の効用 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「大局を見失って、目先の権力争いに日本との国境線を利用しているのは…」について  突発か準備をととのえてかはともかく、平和的解決を捨てて、武力解決を採用したとき どんな効用があるのだろうか? 9条平和のくびきを離れて、シュミレーションゲームに興じてみた。... [続きを読む]

受信: 2012年8月28日 (火) 09時30分

« 猛暑 | トップページ | 世界最古の米食文明 »