« オスプレー全国に? | トップページ | 小沢新党と「脱原発」 »

2012年7月10日 (火)

どじょうの頭は右へ右へ

 「女性宮家:複数案を併記 政府、年内に集約…皇室典範改正」、「野田政権の国家戦略会議フロンティア分科会、2050年に向けた日本の将来像を提言する報告書を提出」、いずれも、先週7日付の毎日新聞記事だ。

 今直ちに、という話でもないので、他のテーマを優先させたが、前者は女性天皇論を封じ込めるため、後者は、集団的自衛権の憲法解釈を変える地ならしとして提出されたように思える。

 野田首相のどじょうの頭がどんどん右に傾いている現象のひとつだろう。こうして脱党者相次ぐ民主党の行き着く先として、野田・前原を中心に右傾化を促進させ、将来自民との合併を目指しているとさえ思えるのだ。両施策に共通するのは、森本防衛相起用もそうだが、安倍・麻生首相当時のアドバイザー・メンバーがちらほらするようになったからである。

 後者は、本塾でこれまでもたびたび取り上げてきた主要テーマなので別稿にゆずり、前者の、女性宮家の創設には、「将来の女系天皇誕生につながる」と懸念強いとする保守派に配慮したものだという同紙の解説への感想を書きたい。

 保守派というのは具体的に誰をさすのかわからないが、その論客としては、桜井よし子とか八木秀次などを思い出す。万世一系論は、歴史的・学術的に見てすでに破たんしており、八木教授の「神武天皇のY染色体説」などが物笑いの種になったが、いまだに万世一系信者は根を張っているらしい。彼ら彼女らはのバイブルは『日本書紀』か『古事記』なのだろうか。

 それをどこまで読みこんでいるかわからないが、都合の良いさわりだけではないのか。始祖といわれる天照大神、はじめて大和の巨大古墳に入り、考古学者から卑弥呼ではないかとされるヤマトトトビモモソヒメ、朝鮮遠征の指揮をとったという神功皇后。以上3人はすべて女性である。

 始祖はともかくとして、後の2人は書紀も「天皇」としていない。しかしこの頃はまだ「天皇」という言葉がない。呼び名としては「ヒコノミコト」とか「ヒメノミコト」が固有名詞の下につくだけで、十分トップ階級の人であることを意味した。

 政治的地位を示す言葉もまだない。あったとすれば「キミ」か「オオキミ」だが、単に「キミ」なら地方首長クラスにごろごろいた。大和王朝はその連合体である。その後、推古・皇極・斉明・持統と画期的な業績を残す女帝が現れるが、「天皇」に相当する呼び名が定着するのは持統よりあとである。

 つまり、天皇の名で神武以後をつなげて天皇の系図を完成させたのは書紀にほかならないのである。塾頭は、自著でも津田左右吉流の記紀批判の批判をし、書紀の記述を信用する方であるが、中国や西欧の男性家系相続が厳守されてきたとは、到底信じられない。

 そして、女性は天皇・皇后の区別なく、祭祀・卜占・軍事・外交など、不可視的判断を下す最高権威者だったのではないかと想像している。だから中国人から見れば卑弥呼は倭王に見えただろうし、律令を完成させ、何につけ中国風にしたかった天武・持統以後は、男系一統を装うことになったのだろう。

 書紀では、短い記事であまり知られていないが神武東征の際、丹敷戸畔(にしきとべ)と新城戸畔という2名の女性酋長を殺している。また、神功皇后摂政前記では

  転(うつ)りまして山門県に至りて、則ち土蜘蛛田油津媛(たぶらつひめ)を誅(つみな)ふ。時に田油津媛が兄夏羽、軍を興して迎へ来(まう)く。然るに其の妹の誅(ころ)されたることを聞きて逃げぬ(『日本書紀(二)』岩波文庫)

とあり、その他風土記を合わせると数人の女性首長が記録されている。万世一系論のはじまりは、ずっと後世になった南北朝時代北畠親房の『神皇正統記』であるが、これは南朝の正当性を強調するためで、あえて排除されている天皇もあるので、一系だとは言っていない。

 そこから江戸時代にくだり、古事記を掘り起こした本居宣長、国学者・平田篤胤と引き継がれ儒教に重きを置く徳川光圀の水戸学に引き継がれる。それが尊王攘夷の一方の旗印となるが維新開国を受け影が薄くなる。

 明治に入り民心統一のため掘り起こしたのが伊藤博文をはじめとする薩長政権である。万世一系論は、明治後半に根付いたもので、大和朝廷による祭祀や象徴天皇が古墳時代から続いている素朴な伝統ということ以外、古来の美風、天壌無窮の国体といったものではないことは明らかだ。

 保守系の女系排除論は、その素朴な伝統さえ断絶させようとする超危険思想というほかない。谷垣自民総裁の愛読書は『神皇正統記』だそうだが、野田どじょう大臣は、その点よく相談した方がいい。

|

« オスプレー全国に? | トップページ | 小沢新党と「脱原発」 »

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の記事ですがまったく文句の付け様がない素晴らしい出来上がりで、特に『女系排除論は、その素朴な伝統さえ断絶させようとする超危険思想というほかない』には思わず膝を叩きました。
ただ安倍晋三や桜井よし子とか八木秀次などは、自分たちでは『保守』を自認しているし、マスコミでもそう表現している。それで『保守派』と書くのは致し方ない成り行きなのですが、『保守』とは現在の正しい権威や伝統を守り保つ意味であり、
それなら現在の体制に不満を募らせてレジームチェンジを標榜するのは右翼反動勢力でしかありません。
左翼は、自分たちを左翼と呼ぶが、面白いことに右翼は『保守である』と見られたいのですね。

投稿: 宗純 | 2012年7月10日 (火) 17時35分

採点のからい宗純さまのお褒めをいただき、感激おくあたわざるところ。

10代最後の頃、才走った友人と英国保守主義の魅力を議論したことを思い出しました。アメリカのプラグマティズム、ソ連の国際主義。考えてみると、どうも今の方が環境として低レベルにあるようにに思えて仕方がありません。

投稿: ましま | 2012年7月10日 (火) 20時35分

左翼に関しては、自ら左翼として呼ぶことは構わないことだと思えば、右翼についても、あくまでも右翼に過ぎないと認めれば、まともな日本国民からみれば、右翼も左翼もどちらに対しても、騙されたふりをして共に相対的に比較すれば、共産党の様に建設的野党に過ぎない存在であれば、決して邪魔になる訳でも無いし、むしろ筋が通っているところもあるし評価してあげることは出来ることを思えば、右翼に関しては、それこそ自分達のことしか考えないし、ましてやこれを他国に向けるようなことでもすれば、それこそ日本全体が袋叩きにされるどころか、中国にしてみれば、それこそ、騙されたふりをして外交カードに利用することで、幾らでも日本が揺さぶられるばかりか、韓国や北朝鮮からも単なる間抜け国家と馬鹿にされるに決まっていると思うと、此れほど恥ずかしいどころではなく、とんだ迷惑な存在でしか無いとも思う反面で、日本人としてみれば、此れほど悲しいことはございませんよね。
だが、本質的には、これこそが私たち日本人の社会における構造的欠陥でもあることを思えば、決して右翼ばかりを悪者に仕立て上げたところで何も解決するわけでも無いし、私たち日本人の全てにも、その責任が問われていることも、また真実として向き合い、これを乗り越えて行かなくてはならないし、ただ自分が損するのは嫌だからと言って、真実に目を背けたり責任逃れをして、他人を犠牲にするようなことでもすれば、それが明るみに出たときには、その衝撃により物凄い痛みや悲しみに襲われ、生きて行くことも出来なくなっても自明のことでしかありませんよね。
だとすれば、右翼の中でも罪深い悪党に関しては、騙されたふりをして、幾らでも他国に売り飛ばすための外交カードにでも利用するしか無いし、これに従うことしか出来ない連中も共に日本から幾らでも追い出して、それこそ自爆テロでもやらされることにでもなれば、特攻隊と変わりないものでしか無いと思えば、何処か人目のつかないところで、幾らでも勝手にやって勝手に死んで見捨てられて下さい、としか言い様がありませんが、そうでなければ、集団自殺でもするのなら、何処か人目のつかないところで、そっと静かに集団自殺でもして頂ければそれで良いだけのことですが、変な騒ぎを引き起こすことも無く、そっと静かに、ただひっそりと生きて行くだけのことなら、それ以上に追い詰めたりすることは一切しなければ、国内においては犯罪も減り、変な騒ぎも無くなり、ただひっそりとした社会となっても、それでお互いにとって幸せに暮らすことが出来る社会となりさえすれば、それで良いのだし、世界の中で、日本はもうただひっそりとした存在となったところで、変な戦争に巻き込まれることも無く、それが逆に日本の国益となると同時に、アメリカや中国、ロシアをはじめ世界中の全ての他国の国益に結びつくことが出来るだけの心豊かな外交が展開出来る様になりさえすれば、全人類が一つの絆となって、世界経済と共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、資源や食糧を共に分け合いながら、廃棄物を幾らでも減らし、国際的な循環型経済と分業体制により、地球環境への恩返しと共に国際社会全体の平和と安定に寄与することが同時に出来ることだけを、大いに誇りとする生き方が出来れば、此れほど喜ばしいことは無いし、何も言うことはございませんよね。

投稿: asa | 2012年7月11日 (水) 11時01分

塾頭が何を勉強されたのか知りませんが、初代神武から今上陛下まで男系継承が貫かれていたのは疑いない事実ですよ。文言があったわけではありませんが男系で繋いできた事実は重い。
一般の民法でも「事実たる慣習」というのを尊重してますでしょ?これも不文の法というべき掟で破ってはならないもの。
仮に今上が異なる考えを持っていたとしても許されない部分です。男女平等とか時代の流れとかの発想が介入する余地はありません。というかそういう発想とは別の次元にある観念。
逆に破られたら天皇制は自然消滅するのは確実。左翼の皆さんが正面から天皇制廃止を主張せず、男系継承廃止を主張するのは搦め手からの天皇制廃止なのがミエミエです。

投稿: ミスター珍 | 2012年7月20日 (金) 21時58分

asa さま
だまされたふりをして選挙でひっくにり返すのがいいと思いますが、なかなかそうもいかなくて……。


ミスター珍 さま
 知識のもとは『日本書紀』です。全30巻を「どこに何が書いてあるかそらんじる」ほど読み返しています。男系だけで続いてきたことを証明するものはありません。

 天皇制が続いてきたことの価値と誇りとすべきことは、血統ではなく黎民(おおみたから)に重きを置く祭祀を伝統として続けていることです。

 女系天皇を認めなけれは、家系断絶は遠くなくやってきます。その方がはるかに心配です。婿養子でもいいではないですか。

 日本のアイデンティティーとして天皇制は貴重です。家系断絶を防ぐためには、一夫多妻制か入夫結婚
を考えるか継体天皇のように5代前の先祖が天皇だった――を有りにしなくてはならないでしょう。

投稿: ましま | 2012年7月21日 (土) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/46271468

この記事へのトラックバック一覧です: どじょうの頭は右へ右へ:

» 御用学者菊池誠(科学教)のアポロ疑惑に対する病的な偏執 [逝きし世の面影]
『アポロ疑惑と9・11疑惑の不思議な関係』 『アメリカ(あるいは日本政府とか有名大学教授、東電)ともあろうものが白々しい嘘はつかない』、『権威あるものは(暴かれた時に恥ずかしいので)真っ赤な嘘はつかない』と心底信じているらしい『科学教』というものが我...... [続きを読む]

受信: 2012年7月10日 (火) 15時15分

» 鳩山陣営の抵抗に負け、党が減刑決定+野田が8月にもPKO改正、TPP参加表明か? [日本がアブナイ!]
頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  人気ブログRのクリックが反応不良のようなので、お時間のある方は、 下のサッカーボールくんも押してくださるとありがたいです。  ぶろぐ村(政治社会問題)の方は、どこのバナーでもOKです。 *印がついた報道記事は、記事の最後のMore部分にあるです。   昨日9日、民主党が常任幹事会を開き、造反議員に... [続きを読む]

受信: 2012年7月11日 (水) 12時13分

» 日本語と英語訳では違う国会事故調最終報告書の怪(資料) [逝きし世の面影]
『震災後の「メイド・イン・ジャパン」レッテルにご注意』フィナンシャル・タイムズ 2012年7月5日 ミュア・ディッキー東京支局長 津波で打撃を受けた福島第一原発の事故について大々的に調べた事故調査委員会の黒川清委員長は、根本的な事故原因は日本文化の欠落に根...... [続きを読む]

受信: 2012年7月12日 (木) 08時39分

« オスプレー全国に? | トップページ | 小沢新党と「脱原発」 »