« 検証「脱原発依存」 | トップページ | お騒がせマン、石原都知事 »

2012年7月 6日 (金)

続・検証「脱原発依存」

 前回に引き続き、毎日新聞の特集[検証・大震災]から要点を紹介する。(《》内は引用文で太字は塾頭=引用の仕方としては邪道なので、下記全文でご確認願いたい)。
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20120705ddm010040023000c.html

【浜岡原発】
 大地震の発生確率が際立って高い中部電力浜岡原発について《経済産業省は浜岡停止と引き換えに他の原発を再稼働さらるシナリオを描いていた。》昨年5月6日、菅直人首相が緊急記者会見で停止を発表、《この日から再稼働の動きが加速する。》

 この方針を提言したのは、当時官房副長官であった仙石由人氏で川勝平太静岡県知事が難色を示していたこともある。仙石は、野田内閣になってからも、関係閣僚会議に政調会長代行として原子力行政に関与するが《「原発を減らしていくのは悪くはない。しかし、電力不足や火力頼みになれば、産業が弱くなる。日本の富が海外に流れてしまう」》という《持論》を持っていた。

【玄海原発】
 経産省が再稼働1号として念頭に置いていたのは玄海原発である。《「玄海原発は、太平洋側に比べて津波の恐れが少ない。運転開始から36年の1号機と違い、2、3号機は高経年化の問題もないな」。海江田経産相は松永和夫次官らとシナリオを練った。》

 しかし、経産大臣らの計画と行動は菅首相の了承を得たものでなく、菅の怒りにふれ白紙に戻った。

枝野野田の温度差】
 「放射能つけちゃうぞ」発言で野田内閣経産相を辞任させられた鉢呂吉雄氏の後任として、就任要請を受けた枝野氏は、一旦辞退し《ともに原発事故対応にあたった福山哲郎前官房副長官を推薦した。「3.・11」を知らない他の政治家が、この時点で経産相になるのはまずい、と考えたのだ。》

 野田首相は半日後もう一度枝野に要請した。枝野は《おれ、菅政権の脱原発依存方針を踏襲するけど、それでもいいんですか?」。念を押した。首相が就任早々、記者会見などで原発再稼働させる方針を表明していたからだ。首相の答えは「それで行ってくれ」》。

 《経産相に就任した枝野氏は、しかしいくつかの原発は自ら再稼働させなければならないことを覚悟していた。》

【大飯原発再開への関与】
 こうして、枝野は仙石を含む関係閣僚会議を経て大飯原発再開の準備に入る。福井県の説得経過は前回にも触れだが、消費地自治体の合意という難問解決もあった。枝野は、電力会社に最大の焦点である橋下徹大阪市長などの説得が必要、と伝える。

 電力需給対策などエネルギー政策全般にかかわる司令塔として設けられた内閣官房戦略室だが《菅首相が退陣し野田政権に変わったころ、戦略室に民間から出向していたシンクタンク研究員ら脱原発派し任期切れに伴って相次いで去り、経産省出身者ら官僚が主導権を握る体制に変わっていた。》

 そこから、参考資料として関電が作った需給見通しが発表されたころ、《関電の森詳介会長ら首脳は毎週のように上京し、永田町で早期稼働の必要性を訴えていた。経営陣の一人は「自民党や民主党はもちろん、公明党の先生にもお会いした」という。対象は安倍晋三、麻生太郎の両首脳経験者にも及んだ。》

 《5月24日、西川(福井県)知事は記者会見で関西圏の首長の慎重姿勢に「電気が必要ないなら、動かす必要はない」とまで発言する。これを知った枝野経産相は周囲に「おれが言えないことを言ってくれた」と語った。大阪市長らは計画停電の覚悟を迫られる。》

 県側から交渉役を断られた枝野経産相の代役として細野豪志原発事故担当相が登場する。《原発を規制する立場の大臣の方が、慎重派の首長と話しやすいとかんがえたからだった。》橋下市長に近い大前研一氏が細野氏と共通の知人であったことも、稼働容認に作用したとも考えられる。

|

« 検証「脱原発依存」 | トップページ | お騒がせマン、石原都知事 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

米軍のオスプレイ沖縄配備で、自民党系の仲井真知事が『事故を起こせば即時米軍基地閉鎖・撤去という動きに行かざるを得なくなる』と語ったと本土の大手マスコミ報道しています。
(ただし、地元の琉球新報2012年7月1日では知事発言はもっと過激で『配備を強行したら、米軍基地即時閉鎖という動きに行かざるを得ない』と強く日米両政府を非難した、
とある。)
この話ですが、何となく原発再稼動に似ていますね。
原発やオスプレイには素晴らしい可能性や能力があることは誰でもが知っているが、残念ながら発展途上段階でまだまだ『完全な完成品』とまでいえない欠陥品。
『安全』の意味は、『事故を起こさなければ安全である』程度の意味ですね。
保守の仲井真弘多知事が反対している理由は、
『事故が起きれば米軍基地の即時閉鎖』に否応無く追い込まれるからで、
これは原発でも事情はまったく同じで、過酷事故を起こして日本中の全原発が一時的に稼動停止に追い込まれた。
知事の本心は『米軍基地の存続』を願っているからの苦言。
ところが、森本敏防衛相ですが、米軍の事故調査が終わっていないので『安全が確認されたとはいえない』とまで言っている。
確かにこの判断自体は文句無く正しいが、沖縄にオスプレイを配備するのですから無茶苦茶。
未だに無責任な対米従属命のお馬鹿テレビタレントを続けている心算なのでしょうか。

投稿: 宗純 | 2012年7月 7日 (土) 10時17分

コメントありがとうございました。
たった今聞いたニュースですが、米軍のアフガンで起きたオスプレーの事故ですが、調査を命じられた幹部が、エンジンの出力不足に操縦ミスが加わった、という調査報告を出したところ、「機体の欠陥をしめす証拠はない」と再調査を命じられた。

再びエンジンの問題を取り上げたが、それは黙殺され、正式報告は操縦ミスだけとされた、という証言を動画入りで報道していました。

日本もアメリカも同じですね。しかしアメリカはこういうことがすぐバレ(宗純さんの意見と違う点があるかもしれませんが)、原子力村が半世紀も平穏無事なのとはすこし違うように思います。

投稿: ましま | 2012年7月 7日 (土) 13時01分

そもそも、アメリカにしてみれば、日本に対しては原発再稼動を事実上禁止し、脱原発に圧力を掛けているのも関わらず、原発を再稼動をさせた野田政権に対して、わざと騙されたふりをして、オスプレイの配備で圧力を掛けてきているということも推測されるとでは無いでしょうか。
結局のところ、日本政府というのは、アメリカの言いなりと言いながら、自分達のことしか考えないし、アメリカのことも、日本国民のことも全く考えていない、これこそ国民に敵というどころではなく、全世界の敵と思うと、沖縄県民にしてみれば、逆に騙されたふりをして、幾らでも日本政府に対して怒りをぶつけても当然のことでは無いでしょうか。
同時に、沖縄県以外の日本国民としてみれば、同様に騙されたふりをして、ここはアメリカの言いなりになって、原発再稼動を撤回させ、電力会社をはじめとする原子力ムラと言われる利権共同体に対して、幾らでも怒りをぶつけさせて崩壊させるとともに、電力料金については大企業に対して幾らでも値上げさせて、節電に協力させると共に、TPPについても財界に対して、騙されたふりをして、大企業に対する法人実効税率を80%にまで引き上げる代わりに、活力を損なうことが無い様、中堅企業や中小企業に対して減税してあげれば、大いに賛成してあげれば良いのではないでしょうか。
日本経済は、どうせ急成長なんか期待出来ないのだし、世界的なグローバル競争には、喜んで敗北し、幾らでも衰退させ、ただひっそりとした国となっても構わないのだから、大企業をはじめ海外に出て行って勝負したければ、「どうぞご勝手に」と言うことで、幾らでも追い出して、勝手に勝負させ、国際社会から袋叩きにされることになったら、特攻隊でも幾らでも勝手にやって勝手に死んで、見捨てられて下さいと言って、送り出してあげても良いのでは無いでしょうか。
東京の首都機能についても、幾らでも地方に分散させ、大阪も含めて、人口を減少させて、アジアの各都市に幾らでも喜んで敗北しても構わないし、その方が、東京の首都高の渋滞も緩和され、都内を走る自動車も減少することで排気ガスも減り、廃棄物も減り、電力等のエネルギー需要も減少する代わりに、地方では原発の廃炉や使用済み核燃料や放射性廃棄物の管理や今回の原発事故の収束ならびに被災地の復興等を通して、再生可能な自然エネルギーや、少子高齢化に伴う医療や介護福祉や国内農林水産業等を中心としての雇用拡大とそれに伴う人材育成、海外からの人材を幾らでも受け容れてあげる等して、地域経済の活性化を通して、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合い、電力等を分け合いながら、良心的な中堅企業や中小企業を中心により安定した収益や利益を確保することが出来る様になって、皆で付加価値の向上を通して、利益に貢献してあげると共に、税金や社会保険料等も喜んで払ってあげることで、生活に困っている人達に幾らでも廻してあげる様にすれば、それが結果的に、財政赤字の削減に繋がると共に、財政規模を縮小させることによって、特殊法人の見直しをはじめ、既得権益にしがみつくことしか出来ない連中を幾らでもリストラする等しても、変な騒ぎも無く、事故や犯罪も減り、国内社会もただひっそりとした社会となって安定化させることで、悪いことも無く、幸せに暮らせる国となることで、地道ながらも持続的なプラス成長と貿易黒字を維持することにより、為替は幾らでも円高となって安定させると共に、株価なんか幾らでも下落させて安定化させることで、謝礼程度の配当金だけでも満足して頂ける投資家の方々だけに幾らでも株主となって頂ければ、それで良いのだし、強欲で醜い極端な金持ちと、自分のことしか考えることの出来ない極めて身勝手な極端な貧乏人の両方に対して、騙されたふりをして幾らでも海外に売り飛ばすような外交カードに利用するなどして、幾らでも悲惨な目に遭うことになっても自明のことでしか無いと思えば、集団自殺をするなら、何処か人目のつかないところで、そっと静かに集団自殺をさせてあげれば良いのだし、そうでなければ、在日外国人の下でも、そっと静かに大人しく暮らして頂ければ、ただそれだけで良いのでは無いでしょうか。
そうすることで、日本が変な戦争に巻き込まれることも無く、それが日本の国益となると同時に、アメリカや中国、ロシアにとっての国益になるばかりでなく、韓国や北朝鮮をはじめアジア全体を乗り越え、世界中の全ての国にとっての国益にも繋がる心豊かな外交が出来れば、それが、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、資源や食糧を分け合い、国際的な分業と循環型経済により、廃棄物を幾らでも減らすことにより地球環境への恩返しをすることで、国際社会全体の平和と安定に寄与することにより、日本は、地球規模を一つとした運命共同体の中の一つとしての存在感となることにより地球市民社会にインテグレートされた地方分権型の連邦共和制国家としての統治機構と、地球市民社会の象徴として天皇陛下を高く敬い尊敬し、支えてあげることで、国境を問わず、英国王室等と極めて近い、世界中からも高く日本の皇室が尊敬される存在となることを、日本人として大いに誇りとすれば、もう何も言うことは無いし、此れほど喜ばしいし、素晴らしいことは無いし、これだけで十分では無いかとつくづく感じるところですが、如何でしょうか。

投稿: asa | 2012年7月 7日 (土) 21時35分

「なるほどね」と思いますが「ふりをして」精神は直情径行型のみなさんに理解されないのでは(*^-^)。

投稿: ましま | 2012年7月 8日 (日) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/46214847

この記事へのトラックバック一覧です: 続・検証「脱原発依存」:

« 検証「脱原発依存」 | トップページ | お騒がせマン、石原都知事 »