« 不毛な原発ことばあそび | トップページ | 野田政権、安保で自民と裏取引か »

2012年7月16日 (月)

海の日だとさ

 今日は祝日、「海の日」なそうな。数ある祝日のおうち国民に一番なじみのない祝日ではないか。現役をはなれると公共機関が休みというだけでなんのメリットもない。ちなみに、配達された新聞で探したが、海に関連する漢字の読みを解くクイズが一つあっただけで、、「海の日」関連記事は一切なかった。

 塾頭は、戦前にあった海軍記念日の復活かな、と思ったがさにあらず、海の記念日の名残であった。参考にWikipediaから引用する。

【海軍記念日】第二次世界大戦以前に5月27日を海軍記念日としていた。1905年(明治38年)5月27日に行われた日本海海戦を記念して制定された。1945年に敗戦とともに廃止された。

【海の記念日】祝日化される前は海の記念日という記念日であった。海の記念日は、1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことにちなみ、1941年(昭和16年)に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定された。

 なんだ、前身は明治天皇というより当時の逓信大臣のための記念日ではないか。現・海の日の、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」などと全く意味が違うではないか。国会でまじめに審議したのであろうか?。

 昭和天皇の弟君で当時の若手海軍中佐・高松宮殿下も、この記念日は全く気乗りがしなかったようである。現人神(あらひとがみ)の弟、やはり人の子である。(『高松宮日記第三巻』中央公論社、昭和十六年より)

七月二十日 日曜 雨
 〇九〇〇、海の記念日の海洋少年団や明治丸を見にゆく筈の処、夜来の雨で逓信省より「来ないでよい」とのことに止める。海の日にもともと来てくれが海軍省普及部からいつてきたし、まだ海軍がシリオシせねばならぬので気のりがせぬし、唯少年団の前を自動車で徐行したり、明治丸でシルクハットの連中に拝謁を賜ったり、「長門」の艦型をつくつた家をたてる訓練所の敷地を見たり、どうもたいして行きたくなかったので、よい事にして止めた。

|

« 不毛な原発ことばあそび | トップページ | 野田政権、安保で自民と裏取引か »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

いつのまにか7月に祝日が出来て、
いつのまにか『海の日』に決まっていたよね…と、家族で話していたところです。
テレビや新聞で大々的に取り上げられた記憶もありません。
こんな由来があったとは、初めて知りました。
勉強になりました。

投稿: えいこ | 2012年7月18日 (水) 22時50分

えいこ さま
 ……ということは、学校でもなぜ祝祭日か教えなかったということだ。

 昔は四大節など、ただ休みではなかった。午前の1、2時間ほど学校の校庭で校長の訓示、教育勅語奉読。思い出すのは勅語を読む奇妙な節回し、にぎやかな鼻をすする音(4大節は11月から4月の間にある)。

 あとで紅白のまんじゅうとか、鉛筆1本を配ったこともあるようです。まあ、それなりに意義ある1日だったわけです。

投稿: ましま | 2012年7月19日 (木) 08時43分

海の日なんか止めて、四大節復活して欲しいですよね。
成人の日とか体育の日とか下らない祝日が多すぎます。
新嘗祭とか神嘗祭とか神武天皇祭とか、昔の祝日を復活してほしいものです。

投稿: ミスター珍 | 2012年7月20日 (金) 21時55分

わたしのは、まんじゅうがほしいようで……。(^-^;

投稿: ましま | 2012年7月23日 (月) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/46341794

この記事へのトラックバック一覧です: 海の日だとさ:

« 不毛な原発ことばあそび | トップページ | 野田政権、安保で自民と裏取引か »