« EUの行く手 | トップページ | ようやく五月晴れ。本文なし。 »

2012年5月11日 (金)

エネルギー後進国日本

 NHKの番組「クローズアップ現代」は、多角的な題材を取り上げるのですべてというわけにはいかないが、時々日本の政治のあり方に対する鋭い批判を内包する秀逸な番組を作ることがある。

 5月10日に放映された「海から電気を作り出せ」もその一つだ。塾頭は、オイルショック直後から海が持つ無限のエネルギーを利用できないものかという考えを持っていたが、ブログもない時代、ただ個人的空想に過ぎなかった。

 海洋発電として、潮流、波浪、海流の3つを考えられる。潮流は潮の満ち干である。動力源は太陽光や熱ではなく、月の重力ということになる。それが最も端的に表れるのが鳴門海峡のうず潮で絶好の動力源になると思った。夏の電力不足何%など議論のやかましい関西電力や四国電力などなぜ目につけなかったのか不思議だ。

 海流は、世界に冠たる黒潮が列島を洗う。年により流れに変化があるので、固定式よりブイのような半固定式がよさそうだ。波力は、波の大きさに変化があるので安定性に問題があると思っていたが、外国ではすでに実用化の実験がすんでおりその映像も紹介された。

 そんな新エネルギー開発が進んでいるのが欧州、ことにイギリスで、番組はくわしくその模様を紹介する。数々の優遇政策をもうけ開発をリードしており、試験的に電力供給も始めているようだ。EU全体では2020年までに海洋発電で原発およそ5基分の電気をまかなう計画だ。

 この中で苦戦しているのが日本の企業だ。日本政府にそういった具体的導入目標はなく、開発実験には様々な制約が立ちふさがる。漁業権・海上交通・海面利用・環境調査などなど、一体いくつの役所の許可が必要なのか、投げ出してしまいたいほどの難関を突破しなければならないようだ。

 地熱発電でも、国立公園の中にあり景観がどうの温泉がどうのなどと言われているが、原発事故の恐怖や被害の受忍限度とは比較にならない。原発がそうだったように、国が国策として環境整備をすれば簡単に推進できることではないか。

 それもあってか川崎重工は、日本を離れイギリスで技術開発・実用化を進める決断をして、開発そのものをすでに海外移転している。番組はそこまで言わないが、原発推進のためには、新エネルギー開発を困難にしておいた方が好都合と考えていたのではないかと勘繰りたくもなる。

 原発ゼロになってから、すでに1週間を経ようとしている。塾頭は現段階での原発ゼロが好ましいと状況だとは思っていない。再開には十分な根拠と、脱原発に向けたロードマップの中での位置づけが必要だ。

 それがない中で口先だけの「脱原発依存」をうたっても、「信用しろ」という方が無理だ。原発マフィアの影がちらつく野田政権、自民党政権下では、どうも欧州に追いつくことが絶望的のようである。

|

« EUの行く手 | トップページ | ようやく五月晴れ。本文なし。 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/45215865

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー後進国日本:

» 【脱原発】国民を犠牲にして再稼働を画策する惨軽珍聞は最悪のテロ組織だ!【廃炉】 [ステイメンの雑記帖 ]
 2012年5月5日午後11時、北海道電力柏原発3号機が点検のため運転を中止して1週間。日本の電力は54基も作ってしまった原発無しで十分賄えている!  それどころか、原発の宿痾とも言える燃料棒冷却のために多量の電力を浪費しているのが現状である!  そして、運転を停止したとはいえ、 多くの核燃料そして処分方法すら未開発の高レベル放射性廃棄物、そして今なお死の灰を絶賛放出中であるメルトスルーした4基の原発等 、とても原発が「安全」で「低コスト」とは言えない不都合な真実が山積しているのである!  そんな中... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 13時26分

» 米国 「韓国は信用できないので、韓国の核武装は絶対禁止! 日本は信用できるので核武装してもよい」 [ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/05/15(火) 19:35:44.50 ID:aiSUAW+Y0● ?PLT(12101) ポイント特典米国務省「韓国に戦術核必要なし」 下院可決受けアメリカの下院軍事委員会が先週...... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 00時10分

« EUの行く手 | トップページ | ようやく五月晴れ。本文なし。 »