« アメリカへの気兼ね. | トップページ | 大飯原発、急転直下 »

2012年5月29日 (火)

それが務めなら

場所を選ばない

Dscf3670_2

場所を選ぶ

原子力の安全規制を担う新組織設置のため政府が提出した原子力規制庁設置法案は29日の衆院本会議で、自民、公明両党が共同提出した対案とともに審議入りする。自公両党も本会議に出席する。

 衆院議院運営委員会の小平忠正委員長(民主)は28日の理事会で、29日に本会議を開いて両法案を審議することを職権で決定。衆院議院運営委員会の小平忠正委員長(民主)は28日の理事会で、29日に本会議を開いて両法案を審議することを職権で決定。問責2閣僚の続投に反発していた自民党も一転して出席に応じることを決めた。同党は、4月20日の2閣僚の問責可決後、消費増税法案以外は閣僚出席の審議に応じていなかった。

 自民党の岸田文雄国対委員長は28日夕、記者団に「我々は議員立法を出している。次善の策として本会議に出席し強く抗議したい」と、審議に応じざるを得ないとの考えを示した。審議停滞は世論の反発を招きかねないうえ、いち早く審議出席を決めた公明党との亀裂を避ける狙いがある。(以下略・毎日新聞

|

« アメリカへの気兼ね. | トップページ | 大飯原発、急転直下 »

エッセイ」カテゴリの記事

散策」カテゴリの記事

コメント

マツバボタンは強いですね。我家の庭ではミントとマツバボタンが勢力争いでガチンコ勝負です。菜園のアブラムシ対策にミントを植えたところ、これがあっという間に大繁殖してしまい、今では雑草ですら芽吹く環境が失われ、定植したトマトやナスと絶妙の共生を保っています。

私の暮らしている千葉県の東部地区では、稲の苗床に使ったビニールハウスで、自家用としてスイカやトマト等の夏野菜を定植しています。ところが、毎年のように外来種の温室コナジラミというアブラムシに悩まされてきていました。農薬が全く効かなくなっていました。そこで、私的に中東のお知恵を拝借してミントを植えたら見事に完全無農薬で夏野菜が収穫できてしまいました。たった1本のミントでしたが3年目を迎える今では集落の隅々にまで増殖して大歓迎されています。

未知の世界を探るのも科学ですが、先代の知恵を探求するのも科学の役割なのだろうと思います。遺伝子組換農産物は人間がつくり出した未知の世界ですが、神が造り出した役割を疎かにしてはだめでしょうね。政治家にもそれぞれの役割があるでしょう。所詮、オールマイディな人間は存在しないのですから、得意分野で活躍できればミントのように歓迎されるのではないでしょうか。荒れ地に根付いたマツバボタンも美しいではないですか。

投稿: ていわ | 2012年5月30日 (水) 22時22分

ていわ さま
マツバボタン、本当は写真以上に強く目を引きました。花を大きく見せようとして上下左右をカットしたのは間違いだったもしれません。しかしそうすると紅色のシミのようになる。苦しいところです(笑)。

私もかつて10坪ほどの家庭農園をやってましたが、ミントは知りませんでした。ナスはカメムシ(多分)に実をかじられるのが癪でした。商売なら売れず、おすそわけもできなくなります。

やめたのは、毎年繰り返される不当な小作料値上げです。多分急速に普及した市民農園が条件面で引き金になっているようです。

投稿: ましま | 2012年5月31日 (木) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/45454798

この記事へのトラックバック一覧です: それが務めなら:

« アメリカへの気兼ね. | トップページ | 大飯原発、急転直下 »