« それが務めなら | トップページ | 続・改憲と各党の姿勢 »

2012年5月31日 (木)

大飯原発、急転直下

 大飯原発再開の動きがおかしい。朝日新聞が早速社説を掲げた。タイトルは「大飯再稼働―これでは不信ぬぐえぬ 」である。論旨は「私たちは、見切り発車のように原発を再稼働させることに反対してきた。原発の安全性確保をめぐる状況に、大きな変化があったわけではない。野田政権の判断に強い疑問を抱かざるをえない」というもので、概ね塾頭の考えに近い。

 同時に「関西広域連合が30日になって、姿勢を転換したのにも首をかしげる」としているが、この急転直下の転換の原因にふれず、「大飯を稼働させるにしても、あくまでこの夏に限定した措置とし、電力需要が一段落したところで再度停止することを明言すべきだ」 としているのは、全くいただけない。

 橋下大阪市長の思い付き丸写しではないか。原発を運転再開するにしても停止するにしてもスイッチ一つでポンとできるものではない。大型装置で最も安全なのは、安定的に24時間運転している時で、それを停止し、点検整備し、再始動させる際最も事故が起きやすいし余分な経費もかかる。そんなことから、今夏だけというのは子どものおねだりでもあるまいし、ナンセンスだ。

 野田首相は「最終的には総理大臣である私の責任で判断する」などとよく言うが、、最初から再開で走っていたのは野田首相ただひとりであろう。細野・枝野両大臣は福島の戦場のような現場をくぐってきており、原発推進派だとは思えない。

 それに肝心な原子力規制庁設置法案は国会に出たばかりで、経産省から原子力安全保安院が切り放されることは確実だとしても、環境省がどうかかわるのかかかわらないのか、民主案・自公案など混とんとしたなか、お白洲にいるようで積極的な発言はしにくいだろう。

 首相発言の意味は、たとえ反対意見があろうともいろいろな人の意見を総合判断しての最終判断、という口実作りに聞こえる。みのもんたが「もうこうなれば国民みんなで決めるしかない」と憤慨して見せたが、出演者のひとりが「総選挙?」とつぶやくのが聞こえた。おそらく最終的にはそうなるのだろう。

|

« それが務めなら | トップページ | 続・改憲と各党の姿勢 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

新米で分裂含みの政府与党の民主党、長期政権で溜まった膿を出されている自民党、勝手な言い分のその他の野党、それらが法案審議をそっちのけで、何も決められずただいたずらに国会で国費を浪費している姿は第2次世界大戦直前の近衛内閣時代によく似ているとあるジャーナリストが語っておりました。

その時は、近衛内閣が「大政翼賛会」を結成、つまり政治団体を1つに統合し反対野党を無くしてしまうという大胆なことをやりました。

その結果は、戦争になったから悪かった、敗戦で民主国家になったから良かった、と考え方一つで全く変わりますね。

戦後のこれまでの場合、国会が混とんとするとアメリカ政府から参考意見(内政干渉)ありまして、変化することが多かった気がしますが、今度の場合もあり得るんでしょうかね。

投稿: 玉井人ひろた | 2012年6月 1日 (金) 08時54分

玉井人ひろた さま

近衛さんの分析、感歎しました。その通りですね。ちょっと種類は違いますが、貴公子鳩山由紀夫にも似たような状況がありました。近衛は東条に引導をわたして終戦に導いたという功績がありながら、トータルでアメリカに見捨てられ自殺しました。

原発政策の陰にアメリカを疑いたくなるのはむしろ自然といっていいほどです。しかし、同時にアメリカの多様性や解放性も認めなくてはなりません。沖縄もそうですが、アメリカは圧倒的な世論に弱いのです。

投稿: ましま | 2012年6月 1日 (金) 11時35分

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。 (私の父は、玉砕した)。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年6月14日 (木) 14時27分

日本人には、意思はないが、恣意 (私意・我儘・身勝手) がある。


日本人は、序列を定めて裁量権を与え、恣意により運用させる。

「私の責任において判断しました」その後の野田首相発言はまさにこれですね。自らの意思がないことと判定基準もないことから、個人の責任に矮小化しました。聞く人によってはなにか偉大なことを言っているような錯覚の効果まで計算した性質の悪いものです。

投稿: ましま | 2012年6月14日 (木) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/45477878

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発、急転直下:

» 大飯原発、再稼働容認へ [虎哲徒然日記]
関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐり、野田佳彦首相は30日の関係閣僚会合で、立地自治体の同意を前提に「私の責任で判断する」と表明した。同日の関 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 18時56分

» 「もはや万全は有り得ない」(細野原発大臣)暫定安全基準で原発の暫定稼動 [逝きし世の面影]
『嗚呼、増幅される不信列島の無残』 今のように日本列島が不信一色に塗りつぶされたのは67年前の1945年8月15日の敗戦以来、絶えて久しい嘆かわしい出来事ですが、これは枝野など政府要人やマスコミ、東京電力、原発ムラの学者などが、悪質極まる真っ赤な嘘を...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 1日 (金) 13時08分

« それが務めなら | トップページ | 続・改憲と各党の姿勢 »