« 「最も警戒すべき国は中国」金正日遺訓 | トップページ | 敵塩になる都知事構想 »

2012年4月17日 (火)

郭沫若記念館

 中国古代の歴史、文学、詩などに多くの業績を残し、毛沢東の時代副総理を務めた郭沫若は、戦前蒋介石に追われて市川市で亡命生活を送った。その居宅を近くに移設・復元したもの。
 春は芝桜など花の鑑賞でにぎわうものの、日中友好の証、記念館内を見学す人は稀。

 Dscf3624 近くの公園には、戦後1955年に来日、故宅を訪れ近所の人の歓待を受けた。その際に詠んだ漢詩の碑があるが、ここまで足を運ぶ人もすくなく閑散としている。

草木有今昔 草木に今昔あれど
人情無変遷 人情に変遷なし
我来遊故宅 我来たって故宅に遊べば
隣舎尽騰歓 隣舎ことごとく騰歓す

|

« 「最も警戒すべき国は中国」金正日遺訓 | トップページ | 敵塩になる都知事構想 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/44918940

この記事へのトラックバック一覧です: 郭沫若記念館:

« 「最も警戒すべき国は中国」金正日遺訓 | トップページ | 敵塩になる都知事構想 »