« 日本敗戦20日前 | トップページ | 暗中模索の年 »

2012年1月21日 (土)

大寒とかけて

冷ややかな声ととく
その心は

「不毛な政局談義はやめ、大局に立って身を捨てて国民に奉仕をすることが民主党に一番求められている」
     野田首相、民主党大会で

「一事を必ずなさむと思わば、他の事破るもいたむべからず。人のあざけりをも恥ずべならず。万事に変えずしては、一つの大事成るべからず。
     吉田兼好『徒然草』

「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」
     相田みつお

|

« 日本敗戦20日前 | トップページ | 暗中模索の年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/43823860

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒とかけて:

» 小選挙区併用制で比例定数の80削減 [逝きし世の面影]
『二大政党に埋没しない為に社共は80削減に賛成すべし』 朝日毎日読売産経の違いが無く日本のマスコミがそろって財政均衡のための経費削減と『消費税増税』を叫ぶと同時に、『国会議員自らが手本を示せ』と各新聞が社説で国会議員削減論を主張している。 民主党は衆...... [続きを読む]

受信: 2012年1月22日 (日) 14時38分

« 日本敗戦20日前 | トップページ | 暗中模索の年 »