« ふくろう | トップページ | 米軍は日本の傭兵? »

2011年12月23日 (金)

平成天皇の立ち位置

 23日、天皇誕生日だが、年末も押しつまり例年どうも印象が薄い。先月はじめ「天皇と憲法」というシリーズを4回ほど書いた。そのせいもあってか、誕生日にあたっての国民向け感想に改めて目を向けてみた。

 今年は、健康上の理由を考慮し、前もって文書での発表である。以下、「反戦塾」としての注目部分である。

今年は先の戦争が始まって70年になります。この戦争における死者はおびただしい数に上り、戦後、こうした戦争の惨禍を再び繰り返すことのないよう、日本の人々は、真摯(しんし)に過去を学びつつ、戦後の厳しい困難に耐え、営々と国づくりに励み、今日の日本を築き上げました。戦争の記憶が薄れようとしている今日、皆が日本がたどった歴史を繰り返し学び、平和に思いを致すことは極めて重要なことと思います。

 天皇が生まれたのが1934年、日本が国際連盟を脱退し、翌年には満州帝国を立ち上げる。盧溝橋事件で戦争が始まったのが2歳、太平洋戦争開始が6歳、終戦が10歳で、日光の疎開先、学校には行っていなかった。

 その時、皇居を守る天皇を気遣って出した手紙の返事にこうある。

 我が国人が あまりに皇国を信じすぎて 米英をあなどったことである 我が軍人は 精神に重きをおき過ぎて科学を忘れたことである
 明治天皇の時には 山縣 大山 山本等の如き名将があったが 今度の時はあたかも第一次戦争の独国の如く軍人がバッコして大局を考えず 進むを知って 退くことを知らなかったからです。(『昭和天皇独白録』文芸春秋)

 そして連合軍の占領が終わり講和条約が結ばれたのが6年後の1951年である。彼としては、天皇になれるのかどうか、ギロチンにはかけられないにしても、廃帝の息子として隠棲の日々を送る可能性だってあったのだ。

 昭和天皇論はあふれるほど世に出ており、週刊誌の皇太子夫妻ゴシップ氾濫は目に余る。しかし、平成天皇論はまだない。これまでの経緯を見ると、平和主義であり、護憲指向であることは疑いなさそうだ。

 塾頭が注目したのは、上記感想の「戦争の記憶が薄れようとしている今日、皆が日本がたどった歴史を繰り返し学び、平和に思いを致すことは極めて重要なことと思います」の部分だ。単に「歴史に学び」ではなく「繰り返し」という強調があることを見逃してはならない。

 これには、その前段がある。今回の「感想」の大部分を占めた自然災害のことである。東日本大震災だけにとどまらず、新潟県の同じ地域を襲った水害、熊野・紀州、タイの水害まで見渡し、日頃の訓練、過去の教訓、先人の経験などを活かすかどうかで被害を回避または軽減できることを、実例をあげて繰り返し述べている。

 さらに、救援や原発事故対応にあたった自衛隊や警察、消防、海上保安庁、自治体、東京電力などの関係者の努力や、諸外国の救援に謝意を表しているが、諸外国を除いては、現場の活躍を念頭に置いたもので、意地悪い見方をすれば、為政者の怠慢を暗に批判しているようにもとれる。

 この内容は、国事行為でない私的行為だとしても、天皇の形式的・儀礼的・慣例的な発言の枠を超えた、政治的内容を内蔵するものと言わなければならない。当塾のかねての主張と合う部分が多く、あたりまえのことなのだが厳密に言えば憲法第4条「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」に抵触するかも知れない。

 天皇の政治利用は天皇自身がするわけではない。政治家、官僚、軍隊などによる政治利用を厳しく禁じればいいことだ。戦前の天皇神格視またはそれに近い復古論を断ち切ることが、天皇にある程度の自由な発言・行動を保障することになる。塾頭は、そうありたいものだと思っている。

|

« ふくろう | トップページ | 米軍は日本の傭兵? »

憲法」カテゴリの記事

コメント

歴史を繰り返し学ぶのは結構ですがいまだに戦勝国の史料が全部出てこない。
日本側の史料はほぼ出ているのに米ソ中の特にインテリジェンスのデータは中々開示されません。米国は開示しているほうですがセンシティブなデータは100年たたないと開示しないらしい。ロシアはソ連滅亡後一気に出したけどプーチンになってからまた閉じた。中国のデータは中共政権が続く限りまず無理。
情報が出揃わないと公平な判断はできません。少なくとも日本が悪かった、バカだったなどという歴史観は幼稚すぎて説得力ありません。
それと頼むから平成天皇という言い方はやめて欲しいです。いずれそう呼ばれるにしても諡号であり生きている間は不穏当です。天皇陛下といって欲しい。

投稿: ミスター珍 | 2011年12月23日 (金) 21時33分

ミスター珍 さま
 >日本が悪かった、バカだったなどという歴史観は幼稚すぎて

 その歴史観はだれに向けているのでしょうか。上に引いた昭和天皇の述懐は幼稚なのでしょうか。最近、昭和史の証言をしている多くの元高級軍人は軍の独走と不明さがあったことを明らかにしています。

 海外のまだ出てこない史料をあて(期待)にして歴史を論ずるのは歴史への冒涜でしかありません。歴史をいうには科学・実証・謙虚さが必要です。

 諡号という難しい言葉をご存知ですが、もし諡号ならば「漢風諡号」ということになります。私は諡号ではなく強いていうなら追号だと思います。題名に「平成天皇」としましたが、「アキヒト」とか「ヒロヒト」では嫌だし、珍さん流にいえば、戦前使われていた「今上(きんじょう)天皇」でしょうね。

投稿: ましま | 2011年12月24日 (土) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/43482721

この記事へのトラックバック一覧です: 平成天皇の立ち位置:

» 天皇誕生日 [Dendrodium]
今日は天皇誕生日 今日で天皇陛下は78歳になられました。 天皇陛下は先日マイコプラズマ肺炎になられ入院しておられたので、ご回復の程が心配でいたのですが、 「今は入院前とほとんど同じくらいの体力に...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 08時20分

» 均衡法の功利計算による結果:日本の天皇制と皇室、皇族は要ら無い。 [自由進歩マガジン『青旗』! 『ArtBlue-Liberalism』のBlog]
日本の天皇制、皇族を廃止するべきだという結論が出た判断は、1.功利計算における君主制の必要性への是非、2.先代およびA級戦犯が『天皇制という制度』を使って犯した罪へのディフォルトはどうすべきか?、そして3.血税から特別に多い所得および過剰権利を受けてい...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 17時38分

» 南京虫か柿の種かの大論争、武田教授の転向の良し悪し [逝きし世の面影]
向こう側の壁の小さな黒っぽい点を見て、『南京虫だ。』、『いや柿の種である。』と二人の男が言い争いになり双方が譲らず決着が付かない。 ところが今まで柿の種のように動かなかったこの赤褐色の虫が壁を這い回り出した。 さしもの大論争の白黒も『南京虫』でけりが付...... [続きを読む]

受信: 2011年12月25日 (日) 11時18分

» メディアの劣化がすごい [山階宮透の日記]
もちろん事故調査報告をみれば 政府のみならず東電もパニくっていたということはあるし 東電(や保安院)の想定の甘さなどおそまつな点もあるし 政府が情報を統制しようとしたことも批判すべきだろう。 しかし、よく思い出してほしいんだが メディアはその... [続きを読む]

受信: 2011年12月27日 (火) 09時46分

« ふくろう | トップページ | 米軍は日本の傭兵? »