« 経産省、ネットを監視 | トップページ | 西欧と東欧のはざま »

2011年11月28日 (月)

橋下現象

 当塾のサブタイトルは「時事、歴史、エッセイ」とある。「反戦塾」だからといって、「反戦」専門店にするつもりはないし、したくない。「時事」なら、日々のニュースから何を選んでもいいわけなのだが、突っ込んで論評するだけの知識もなく材料もないと、どうしても敬遠しがちになる。

 その代表的なものが、大阪の橋下現象とTTP問題である。いずれも、具体的に何をどうするのか、プラス、マイナスはそれぞれ何かがわからず、最後の姿がどうなるかも見えてこないという共通点がある。これは塾頭の不勉強というより、野田さんも橋下さんも示していないと言った方がどうやら正しいらしい。

 その双方に、これまでいっさい触れないできたわけではないが、いずれもマイナスイメージで表現してきた。それは、自民党、中でも小泉改革にどこかでつながるからだ。かといって、100%反対ではない。まず大阪でいうと、大阪市と周辺自治体は、旧来から刷新が必要だとされていたように思う。

 これに対して、大阪の伝統的なポピュリズムは変らぬものの、根本的に切り込む首長はでてこなかった。府・市の2重行政解消も当然であろう。しかし、大阪都構想で、無くしてしまおうという大阪市の市長選に、府知事を捨てて立候補するというのは、どうしてもわからない。国政に打って出るというならわかるが、選挙民を馬鹿にしているとは思わないのだろうか。

 大阪都構想、郵政民営化よりはるかに実現困難であろう。それまで、橋下独裁体制が持つのかどうか。常識的には、途中で瓦解する危険性50%と見てしまう。そんなゲーム感覚の橋下ゴッコを政治に持ち込もうとする限り、批判はし続けなければならなということになる。

|

« 経産省、ネットを監視 | トップページ | 西欧と東欧のはざま »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

大阪都構想の邪魔をしているのが大阪市なのだから自らそこへ乗り込んでいって攻め落とそうというのは別におかしくもないでしょう。
既に府知事の残り任期3ヶ月なのだからほとんど任期は全うしているし、ダブル選にして両方掌握しようという戦略は妥当だし現に成功しましたよね。
だいたい横浜市より人口が少ないのに東京都より区が多いなんてふざけてますよ。
美濃部時代の都庁のような雰囲気ではないですか?大阪市は。
いずれ国政へ出るだろうとは私も思いますが、大阪都が実現するのが条件でしょう。私は実現すると思いますが。
橋下の人気の源泉は強烈な意思ですよ。自分はこれをやりたい実現させたいという意思、信念。凡百の政治家にはこれが欠けている。

投稿: ミスター珍 | 2011年12月 1日 (木) 22時09分

気分はお手並み拝見なのですが、法律を変えなければ大阪都は実現しない。下から積み上げていってその方向に持っていくか、さき中央政界に維新の会(新党)を作って殴り込みをかけるか、前者なら賛成しますが彼の手法は後者でしょう。

大阪だけならともかく、全国をその手で強引にというのは反対します。

投稿: ましま | 2011年12月 2日 (金) 09時12分

橋下徹…。
公務員をスケープ・ゴートに仕立て上げ、市民の妬み・ソネミという負の感情をもて遊び、公務員と市民の対立構図を作ってしまいました。公務員の仕事は住民の命に関わる業務など多岐にわたり、彼らに命を託していると言っても過言ではありません。敵を間違えてはなりません。橋下徹の支援企業は、パーティー券の斡旋をし、大阪府の公共事業5件を受注したことが明らかになりました。贈収賄嫌疑濃厚です。 救急医療関連予算や障がい者福祉など命に関わるすべからくの福祉関連予算、防災関連予算や、強欲資本主義『新自由主義』の犠牲者である不当解雇された非正規労働者など経済的弱者の最後の命綱である生活保護費を大幅削減することは、日本国憲法第25条に違反する不法行為です。 文化・芸術振興や、中小零細企業振興予算も大幅にカット…。教育への政治の不当介入…、教職員の身分保障を定めた、公務員法などを無視する懲戒免職なる暴挙…。
彼は、弁護士にも関わらず人権意識のカケラも持ち合わせない、首長不適格者と断言します。
大阪の庶民の皆さんの暮らしや命が、橋下徹によって、踏みにじられないことを強く願うばかりです…。

投稿: 青い鳥 | 2011年12月 5日 (月) 21時32分

青い鳥さま

公務員性善説ですか?ギリギリで踏ん張っている庶民の苦しみを知らないようですね。
弱者を切り捨てる行政は存在の意味がありません。でも現実を直視すれば、多くの庶民は生活保護よりも安い被正規労働で踏ん張っています。ノルマすらなく技術もなく、社会一般の規範さえ守ることができない木端役人との不平等を正当化する為に憲法があるとは思えません。

投稿: ていわ | 2011年12月 6日 (火) 12時38分

青い鳥さん

橋下氏は敵ですか。
ずいぶん憎々しげに書かれていますね。

左寄りの人って、これですよ。
中国や朝鮮などどっかの国が攻めてきても、
「殺されても殺さない」の覚悟をもって臨むのに、
一方で、自分から見て右寄り(つまり中道も)の政治家が自分たちの利益や人権をちょっとでも侵害したときは、徹底的に反対し、闘う。

なんで、外国の敵に対してだけは、そうやって寛大になれるんでしょうか。

投稿: makoto | 2011年12月 6日 (火) 17時24分

右と左の二通りに分けて議論になっていないことを取り上げ攻撃するのは、子供の喧嘩のようで感心しませんね。問題が何かを掘り下げましょう。

投稿: ましま | 2011年12月 6日 (火) 17時57分

橋本大阪市長は楠木正成のような人物ですね。選挙戦術は上手いし何よりも人々の心証をつかんでいます。心証というのは裁判では結構重要なポイントです。一方で対立候補の陣営は心証受けに関しては全くのタマ不足でした。
歴史では西国武士を味方にした足利尊氏が起死回生を果たします。歴史は繰り返すのか、それとも新たな展開を導くのか。問題は足利尊氏を誰にしようか?無理がありありの例えかも。

投稿: ていわ | 2011年12月 6日 (火) 20時43分

楠正成は、当時の「悪党」とされていた分類に入るのではないか、とされています。「悪党」は現在の意味とやや違いますが「独立愚連隊」のようなものでしょうか。

足利尊氏、彼こそ戦時中は「不忠」のシンボルで悪玉の代表のような教育がされました。楠が「善」で尊氏は「悪」の対極です。

その尊氏も、史学的には評価が高いのですが、戦時中はそういうことを言って謝罪させられた人もいました。

比較ですぐ思いついたのは、小沢一郎ですね。どうでしょうか。

投稿: ましま | 2011年12月 7日 (水) 08時04分

私の習った社会科の歴史教科書も尊氏の絵がありました。もちろん尊氏ではない武者絵です。やはり画像によるインパクトは大きいです。小沢さんも野田総理もビジュアルでは最悪です。でも菅さん鳩山さんついでに小泉さんも涼しい顔して「悪党」でした。
橋本さんは劇薬のような印象が非常に強い。副作用があることは誰もが承知しているでしょう。あるいは毒薬であるかもしれないし、もしかすると麻薬であるかもしれない。ただ、時代は壊れようとしている社会秩序を治療できる「薬」を探していることは確かです。

投稿: ていわ | 2011年12月 7日 (水) 09時21分

>右と左の二通りに分けて議論になっていないことを取り上げ攻撃するのは、子供の喧嘩のようで感心しませんね。

そうですか。
では改めて。

青い鳥さん

橋下氏は「敵」ですか。
ずいぶん憎々しげに書かれていますね。

あなたは、中国や朝鮮などどっかの国が侵略してきても、「殺されても殺さない」の覚悟をもって臨むんでしたよね。

しかし一方で、橋下市長や石原知事のような政治家が、あなたの利益や人権をちょっとでも侵害したときは、徹底的に反対し、闘うんじゃないですか。

違いますか?

投稿: makoto | 2011年12月 8日 (木) 04時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/43174385

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下現象:

» 「最高責任者には「責任」が無い」不思議の国、日本 [逝きし世の面影]
胡散臭い『国民的人気の安倍晋三』枕詞で一世を風靡した『美しい国』の元首相が産経新聞記者阿比留瑠比との2011.11.23 『安倍元首相インタビュー、一問一答』が、日本国の深刻な病巣を示している。 我が日本国では世界基準の正反対で、『責任者には責任は無い』仕組みな...... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 11時55分

» 大阪秋の陣、維新の会が勝利 [虎哲徒然日記]
大阪府知事・大阪市長のダブル選は27日投開票され、市長選は大阪維新の会代表で前知事、橋下徹氏(42)が、現職の平松邦夫氏(63)=民主府連支援、自民府連支持=を破り、 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 23時28分

« 経産省、ネットを監視 | トップページ | 西欧と東欧のはざま »