« 普天間移転、毎日の英断? | トップページ | 何もかも手遅れ »

2011年10月19日 (水)

無題

◆笠女郎(かさのおとめ)、大伴宿禰家持に贈れる歌

 陸奥(みちのく)の眞野の草原(かやはら)遠けども
 面影ににして見ゆとふものを
       
                        萬葉集396

◆前大僧正慈圓、書にては思ふ程の事も申し盡しがたきよし申し遣はして侍りけるかへりごとに     前右大将頼朝

 陸奥のいはでしのぶはえぞ知らぬ
 かき盡してよつぼの石ぶみ

                   新古今和歌集1785

◆座右之銘
人の短をいふ事なかれ
己が長をとくことなかれ

 物いへば 唇寒し 秋の風   
                    芭蕉庵小文庫935

上は、いずれも岩波文庫より
                 

|

« 普天間移転、毎日の英断? | トップページ | 何もかも手遅れ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/42585815

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

» 無制限の規制緩和、TPPで関税撤廃でも創意と工夫で日本農業が勝てる? [逝きし世の面影]
『無敗神話の旧日本軍以上の精神論』 日米の農業は基礎に差がありすぎて、根性や敢闘精神程度の頑張りでは絶対に勝てないとの当然の話が忘れられている。 地方紙は別だが、朝日毎日読売産経など全国区の大手マスコミの論調がTPPでは完全に主張が一致して金太郎飴状...... [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 09時49分

« 普天間移転、毎日の英断? | トップページ | 何もかも手遅れ »