« 鉢呂発言、毎日が異例の弁明 | トップページ | 「保守反動」新解釈 »

2011年9月15日 (木)

号外あれこれ

前回、新聞記者の質の低下を問題にしたが、その中の「暴力団まがいの詰問」をした記者が時事通信の記者で、それをで知ったネット人口(一部の民放ではその場面を放映した)からの同社に対する抗議が殺到し、社として陳謝したようなことが「阿修羅」その他に掲載されている。

 記者会見などで突然声をあらげ、恫喝めいた質問をするのは、昔はよくあった。こうして慣れない政治家や社長などを怒らせ、普通では出そうもない発言を引き出すというテクニックだった。しかし最近はTVカメラが入り、広告代理店などのアドバイスもあってか、あまり見かけなくなった。

 このところ新聞の購読部数が軒並み減少しているようだ。そのために新聞の質が低下するようなことは、塾頭のように「唯一確実な情報源」として頼ってきた者には憂慮すべき事態だ。今回は、新聞の「号外」について考えてみたい。

 号外といえば7月7日、産経新聞が、「江沢民死去」という大誤報の号外を出したことを、このブログでも紹介した。その記事の下に「詳細は夕刊フジで」と、色刷りでPRしたが、中国の公式筋の否定でだんだんトーンダウンしていったものの、訂正はまだしていない。

 今の号外は無料である。駅頭などでばらまくが、もし100円などとしたら買う人がいるだろうか。簡単にデジタル情報が手に入る現在であるが、号外の中味もずいぶん地に落ちたものだ。TVの報道番組で、「この件は号外がでましたよ」という、駅頭などの配布風景を映像にする目的ぐらいしかない。

 戦前・戦中は有料だった。住宅街であろうが商店街であろうが、号外屋が腰にリンリンとなる鈴をつけ「号外号外」と叫びながら走り回った。すると、聞きつけた母親などから「買っておいで」と、たしか5銭?玉をつかまされて後を追ったものだ。

 報道の中味は、大抵「中支派遣軍発表の戦況」などである。従軍記者の戦功美談などは本紙を購読しなければならない。人々が号外を競って買ったのは、親類縁者などに出征者がいて、勝利をあげ一刻も早く帰ってほしかったからである。

 「贅沢は敵だ」ということで、化粧品などをはじめ消費財の広告は激減しただろう。新聞社の勝負は購読料収入で決まった。号外を有料で配って、そのうえ定期購読者も増えた。朝日・毎日の2大紙など、「戦争は儲かる」と、軍部批判が姿を消していく。昭和7年頃からだ。

 戦争報道は、軍部と不即不離でないとなかなか情報がとれない。どうしても軍に都合のいいニュースだけになる。しかし、今は世界をつなぐネットがあるので、戦時中のようなことにはなるまい。新聞の広告料収入減から、これからは、情報の質を高め、記事の内容と正確さで読者をつかむしかない。号外を有料にしても成り立っていく、そんな新聞を目指してほしい。

|

« 鉢呂発言、毎日が異例の弁明 | トップページ | 「保守反動」新解釈 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/41715309

この記事へのトラックバック一覧です: 号外あれこれ:

» 偽装の連鎖「死や汚れを恐れ認めない」安全国家日本の悲劇 [逝きし世の面影]
40年間一貫して原発の危険性を訴え続けた反骨の原子力学者小出助教の、将来を担う子供土地や東北を救うために『放射能で汚染した危険な食品を我々大人が食べる』との評判の悪い話ですが、実は日本国政府(農水省)のホームページを見たら、小出さんと同じ意味の記事が載...... [続きを読む]

受信: 2011年9月17日 (土) 08時58分

» 鉢呂「死の町」発言 最初にいちゃもんつけたのは自民党だった! [一人でお茶を]
また蒸し返すのかよ、と言われるかもしれないけれども、『世界』2011年11月号の神保太郎「メディア批評」でこの鉢呂発言をめぐる報道を取り上げて検証しており、出来事を時系列で整理してくれていたので、その部分を紹介したい。 9月8日から10日まで。 8日、鉢呂大臣、福島... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 21時39分

« 鉢呂発言、毎日が異例の弁明 | トップページ | 「保守反動」新解釈 »