« 前原政調会長の真意は | トップページ | 9.11の反省いまだし »

2011年9月 9日 (金)

表現の自由侵犯

  「死の町」がどうしていけない。昔からある文学的慣用句だ。菅首相時代にもたびたびあった。「暴力装置」が左翼用語だという無知。政治村のレベルの低さ、こういった言葉狩りは日本語をますますだめにし、闊達な表現を押し殺す、それこそ言葉を「死の町」に追いやるものだ。

2011年9月9日(金)19時14分配信 共同通信
 鉢呂吉雄経済産業相は9日午後の記者会見で、福島第1原発の周辺市町村を「死の町」と表現したことについて「被災地の皆さんに誤解を与える表現で軽率だった。大変申し訳ない」と陳謝し、「発言を撤回したい」と明言した。野党は発言を問題視し追及する構えを見せており、政治問題化する可能性もある。発言に関し野田佳彦首相は「不穏当な発言だ。謝罪、訂正してほしい」と強い不快感を表明した。

|

« 前原政調会長の真意は | トップページ | 9.11の反省いまだし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

事態の深刻さを伝えたいために用いた表現ですよね。私はそう受け取りました。

投稿: nessko | 2011年9月10日 (土) 03時08分

nessko さま

松本大臣と宮城県知事対談発言でもよほど書こうかと思いました。

おさまらないのは、すぐ謝ること、同僚議員がかばわないこと、マスコミが人によって扱いに差をつけることです。

「死の街」は、大軍が通り去ったあとのような時、表現される言葉ですよね。

投稿: ましま | 2011年9月10日 (土) 09時14分

日本の致命的な病理を見る思いです。
原発周辺は現在立ち入り禁止なのですから、一般市民の感覚なら、誰が考えても普通なら『死の町』に見える。
大島自民党副総裁が『夢を奪う発言で辞任相当』だといって言っているし、今の全てのマスコミが飯館村村長だとか住民の『言語道断』との怒りの声を伝えて『辞任』を要求。
原発事故は早期に収束してみんなが帰れるとの夢や希望を傷つけたとの判断なのですが、根本的な間違いである可能性が高い。
福島は、疎開したチェルノブイリとは違うとの政府や東電の言葉を信じて、住民の多くは今での『直ぐに帰れる』との希望を無くしていないのですね。
小出氏は冷温停止は原子炉が健全である時の科学用語であり、現状の炉心溶融時での、この言葉の使用は間違いであると指摘していますが、『早期に収束しないし帰れる見込みも無い』との目の前の悲惨な事実が、全員認めたくないのですよ。
日本の最後の防衛ラインであるサイパン陥落後も敗戦を認めなかった旧日本軍を見る思いです。

投稿: 宗純 | 2011年9月10日 (土) 09時26分

菅たたきに成功したので、鉢呂たたきに移ったのではないかと思いました。

投稿: 金木犀 | 2011年9月10日 (土) 12時07分

宗純 さま

菅首相か「数年は戻ってこれないかもしれない」といったか言わなかったかという議論もありましたね。当時の判断として全く正しく、本当なのだから否定などせず強調すべきだったんですよ。

そうすれば、住民もマスコミもぶつぶつ言いながらついていく。菅短命の理由の一つだと思います。今回も総理が閣僚を守らなければ、同じ轍を踏むことになるでしょう。

投稿: ましま | 2011年9月10日 (土) 14時25分

金木犀 さま

この稿を書いたのは「放射能をくっつけるぞ」云々の話が出る前のことでした。

こんな下手なおやじギャグのような話はかばいようがありませんが、記者の信頼を得るためには、冗談のひとつも言えるようにならなければなりません。

ただし、時期と方法を誤り、記者も相手が弱いと見ると他紙との競争ですから池に落ちた犬は競ったて叩くような習性があります。

戦前、日本をだめにした新聞にもこんなところがありました。

投稿: ましま | 2011年9月10日 (土) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/41597806

この記事へのトラックバック一覧です: 表現の自由侵犯:

» ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)によるアポロ計画最後の17号着陸点 [逝きし世の面影]
39年前の1972年2月11日アポロ計画最後のアポロ17号は、晴の海東南にある南北を山地に囲まれた平らな谷、タウラス・リトロー地域に着陸した。 2年前の2009年にアメリカの月探査機、ルナ・リコネイサンス・オービター(LRO)が高度50キロから分解能50cm級...... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 08時18分

» 鉢呂経産相「死の町」発言を撤回 [王様の耳はロバの耳]
鉢呂経産相「死のまち」発言を撤回、陳謝(朝日新聞) - goo ニュース 鉢呂吉雄経産相が8日野田首相と福島原発周辺の市町村を視察した後、9日の閣議後に その市町村を「死の町」と述べた事については既に当人による発言の撤回と陳謝がなされた。 これで一件落着になるか...... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 10時20分

» マクガバンレポート黙殺にみるネガキャン構造 [虹色オリハルコン]
「パワー」は統一するので本当の敵はいませんが、パワーの現象は、時には自分たちにとっては利益にならないと考える人たちによって結果的に反対されることもあります。 「パワー」は他の人たちのためになりますが、「フォース」は自分のために行動します。(「パワーかフ...... [続きを読む]

受信: 2011年9月10日 (土) 12時08分

» 1分間、サイレンが鳴り響く [つぶやき古道(コミチ)]
9月11日の午後2:46分、村内には1分間サイレンが鳴り響きました。あの東日本だ震災の最初の地震の日から半年目、犠牲者や動物たちへの鎮魂の祈りを込め黙祷の合図でありました 私も思わず、かぶっていた麦わら帽子を取り胸に当てサイレン合わせ黙祷を... [続きを読む]

受信: 2011年9月16日 (金) 12時30分

« 前原政調会長の真意は | トップページ | 9.11の反省いまだし »