« 民主党、終わりの始まり | トップページ | 続・ゴーヤ育成法 »

2011年8月29日 (月)

夢が持てない野田新代表

 民主党の代表選結果は、前回当塾が予測した前原か、海江田かではなく、野田か海江田かになり、野田が勝利した。また、前原があえて野田を裏切ってまで踏み切った出馬宣言が、唐突かつ白々しいものだったとしたが、投票寸前の方針演説を含め討論では、野田の方が訴求力の点で優れていた。それが効を奏したという見方もある。

 海江田落選は予想通りだったが、これを小沢対反小沢で前回の去年9月の代表選と比べてみると次のようになる(議員のみ)。

        10年9月   11年8月
小沢    小沢 200  海江田 177
反小沢   菅  206  野 田  215
 差          6        38

 単純比較ではこうなり、小沢勢力が大幅に減衰したように見えるが、前回書いたように、小沢としてはどっちに転んでも特段の支障はなく、狙いは、強制起訴裁判の無罪確定で華々しい政界復帰を果たす舞台をどう作るかだけである。

 また、これも書いてきたが、政治史の中で大連立とか挙国一致内閣などというものが成功したためしはなく、一時しのぎの標語のような役割しかない。野田政権ができても、長続きするような展望がすこしも見えてこない。

 前述したように、小沢は勢力を減じたわけでなくむしろますます増大していると見た方がよさそうだ。そんなところから小沢待望論も出てくるわけだが、現在のような状況を作り出したのも、選挙制度をはじめ小沢に数々の責任があることを思い起こさずにはいられない。

 日本の不幸はまだまだ続きそうだ。野田なら財政への波乱がすくないからとして、株式市場も代表選の結果が出る頃から上昇に転じたが、わずか1時間程度でまたもとに戻してしまった。それでも海江田よりはまだましかも知れないということで、今日の結論にしておこう。

|

« 民主党、終わりの始まり | トップページ | 続・ゴーヤ育成法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野田佳彦氏というお方…。 「震災復興は、デフレ脱却の千載一遇のチャンス」と暴言を吐いたり、靖国問題でも「A級戦犯は戦争犯罪人ではない」と主張をしています。彼をわたしは一切信用しません…。 『消費税増税』、『復興税創設』、中小零細農林水産業者に壊滅的大打撃を与える『TPPの推進』、『原発再稼働』、『日米軍事同盟の強化』など、庶民泣かせの悪政を自民党・公明党と一緒に大連立(体制翼賛)で、やってのけることが、手に取る様にわかりますね…。 沖縄の米軍普天間軍事基地の県外・国外移設の公約を反故にし知らん顔を決め込み、史上空前の大震災に遭遇し九死に一生をえた被災者の方々を6ヶ月もの間、劣悪な環境(猛暑、不衛生)の避難所に置いたまま、平然とし、己らの権力闘争に血眼になり東奔西走する民主党の情けない醜態と人間としての感性を見ていると、呆れてものが言えません。福島原発は放射能がダダ漏れ状態…。棄民政権としか言いようがないですね…。 自民党・公明党の非人間的な『新自由主義』『市場原理主義』礼讚政権に見切りをつけ、民主党政権に大きな期待をかけた多くの国民を裏切った民主党の罪は、余りに大き過ぎます。今一度、政治は誰の為にあるのか…。という原点を見つめないと、われわれ庶民は殺されますね…。

投稿: 青い鳥 | 2011年8月30日 (火) 20時40分

ご無沙汰しています。ていわです。

なぜ野田さんになったのか民主党の議員心理を察してみると、野田さんの政治姿勢や哲学云々というよりは人柄だったのだろうと思います。何しろ、菅さんは分別無く怒鳴りまくる方ですから、それとは対照的で感情を表さない野田さんが選ばれたということだと思います。政治姿勢は別にして、敵を作らない野田政治の手法が通用すれば政治はスピード感を持てるのかも知れません。いずれにしても五里霧中でしょうが、とにかく「ノー!だ」と言われないように庶民の目線で努力してほしいものです。千葉県民としては応援しています。

投稿: ていわ | 2011年8月30日 (火) 21時57分

青い鳥 さん こんにちは
ていわ さん しばらくです

 野田さんについてはマスコミが菅さんの場合と違って野田人柄フィーバーに陥っているのが気がかりです。誰かさんのように「ペンタゴンとかアメリカの陰謀だ」などといいませんが。

 当ブログでは8月15日付の「反戦塾乗」で野田さんの若いころの右翼政治家との血判状事件を書きました。どうも歴史認識では、桜井よし子ばりの歴史修正主義を信奉しているらしく、民主党の首相としてははじめてです。

 この人はあまり自分の頭で研究し、自分の信念を持つ人ではなく、人の意見に乗ってしまい、それに流されやすい人ではないかなあ、と思います。

 したがって、右寄りの人の期待を今後しばしば裏切るような場面も出てきそうだな、というのが予感のひとつです。

投稿: ましま | 2011年8月31日 (水) 08時49分

松下政経塾の一期生の野田佳彦がとうとう日本国のトップになったのですが、野田さん『A級戦犯は戦争犯罪人ではない』とか、一国の最高責任者としては不適当な発言をしているのですが、これ、野田さん個人の考えではなくて、その昔の松下政経塾の講義内容の『口移し』の鸚鵡返しではないでしょうか。
松下政経塾後輩の山田前杉並区長や中田宏前横浜市長など何れも例外なく『新しい歴史教科書を作る会』の採用を行っているのですね。
極右養成学校的な性格がある、松下政経塾の教育内容が調べたのですが良く判らない。
マスコミが取り上げないだけなのか、それとも松下政経塾側が隠しているのか。
しかし、首相のバックボーンだとすれば矢張りメディアには明らかにする義務があるでしょう。
それにしても『A級戦犯』とはA級戦争犯罪人の短縮形に過ぎないのですから、間違いなく戦争犯罪人でありこの事実は日本国も世界も認めている。
認めない(認めたくない)のは『作る会』だけ。

投稿: 宗純 | 2011年8月31日 (水) 10時07分

宗純 さま
有益な加筆ありがとうございました。
松下幸之助自身、歴史修正主義者だったとは思えません。戦時中強制的に自分の工場を軍需工場に転換させられたり、関西特有の反骨精神から考えると……。

自民党の代議士になりたいが、世襲でなし、金も地盤もなし席が空いていないので――という野心家が多く右翼っぽい人が集まったのでしょう。

途中、さきがけに入党した、前原、玄葉、福山などより若い世代は、ちょっと違うような気がします。まあ、神風などというすごいのもいますがね。 

投稿: ましま | 2011年8月31日 (水) 11時20分

「A級戦犯」なんて、戦勝国のアメリカが、勝手に決めただけでしょう。

なんで、いつまでもアメリカの押し付けを後生大事に守るのか、不思議でしょうがない。

投稿: makoto | 2011年8月31日 (水) 18時58分

makoto さま
戦中戦後を味わった一般国民は、BC級には異論があったものの、A級については「なるほどなるほど」と納得していました。あなたは、日本が戦争に負けたこと、国民が死と紙一重だったことをご存じないようです。
なお、裁判はアメリカではなく連合国が行い、各国の意見に違いがあって、日本人弁護人を含めいろいろな議論が法廷でなされたこと、また、裁判の国際法上の論争なども、機会があったら研究してみてください。

投稿: ましま | 2011年8月31日 (水) 20時05分

ましまさん

>戦中戦後を味わった一般国民は、BC級には異論があったものの、A級については「なるほどなるほど」と納得していました。

そんなふうに一般国民が思っていましたっけ。
思っていたとしても、それは、アメリカ占領軍のWGIPで、「眞相はかうだ」などのラジオ番組で、ゴールデンタイムにおいて、日本の軍部がいかに悪かったかを連日にわたり流し、日本国民を洗脳したからでしょう。

東京裁判をありがたがるあなたがたは、いまだにそのアメリカの洗脳から抜けきっていないのです。
その自覚がない?
もちろんです。洗脳とは、そういうものです。

あなたは、A級戦犯がどのように選定されたのかご存知ですか。
マッカーサーの鶴の一声でソープ准将がとりあえず、パール・ハーバー攻撃時の東条内閣の閣僚を並べ、さらには、マッカーサーが日本軍に敗れたときの、本間雅晴将軍らフィリピン関係者を入れ、などして、やっつけ仕事で選定されたんですよ。

だいたいA級戦犯と言いますが、あなたは、東条英機以外に誰を知っていますか?
A級戦犯とは、分類上、「平和に対する罪を犯した者」ということでしょう。
では、A級戦犯で有罪だった重光まもるはどの様に平和に対する罪を犯したんでしょう。
絞首刑になった広田弘毅は、どの様な平和に対する罪を犯したんでしょう。
ぜひ、教えてください。

ところで、ましまさんはもちろん、この「平和に対する罪」というのも事後法だというのは、ご存知でしょう。

>なお、裁判はアメリカではなく連合国が行い、各国の意見に違いがあって、日本人弁護人を含めいろいろな議論が法廷でなされたこと、

たしかに、連合国が行いましたが、あくまでもアメリカ主導でした。
でも、連合国でもかまいません。
どっちにしろ、戦勝国が戦敗国を一方的に裁いた裁判ということでしょう。
日本に有利な証拠はことごとく却下され、アメリカに不利な発言は無視された。
しかも、結論は決まっていた。
A級戦犯の絞首刑日も皇太子の誕生日にわざわざ行われた。

こんな復習劇を、ありがたがって、いつまでも「A級戦犯」などという呼称を使い、彼らを忌み嫌うその神経構造が理解できない。
まさに、アメリカの洗脳からさめていない証拠です。

投稿: makoto | 2011年9月 2日 (金) 15時55分

復習劇

復讐劇

失礼しました

投稿: makoto | 2011年9月 2日 (金) 15時57分

makoto さま
別に1稿たてました。

投稿: ましま | 2011年9月 4日 (日) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/41405701

この記事へのトラックバック一覧です: 夢が持てない野田新代表:

» 民主党代表に野田佳彦氏 [虎哲徒然日記]
あわただしく民主党の代表選挙が行われ、新代表が決まった。 過去最多の5人が立候補し、1回目の投票では過半数を制する候補がなく、決選投票に持ち込まれた。 1回目の投票で ... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 19時33分

» 民主党 新代表 野田佳彦氏! [王様の耳はロバの耳]
民主新代表に野田氏 決選投票で海江田氏を逆転(朝日新聞) - goo ニュース 午後3時少し前NHKのラジオが野田佳彦氏が海江田万里氏を決選投票で破り民主党の新代表に決った--と報じた。つまり新しい日本の首相の誕生ですよね。 今日29日昼の11時から民主党の代表...... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 20時05分

» 〔民主党代表選〕決戦投票の末、野田佳彦を新代表に!「財務省管理内閣」誕生へ [しっとう?岩田亜矢那]
テレビでキャスター達が 「我々は投票権がないですけどね」 と紋切り型でコメントしているけど それは自民党時代から一緒だし、 今回は民主党員も、サポーターも投票権がない。 あるのはわずか407人の党所属国会議員だけ。 「また総理大臣が替わった」 とか 「何故、...... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 21時37分

» 〔民主党代表選〕決戦投票の末、野田佳彦を新代表に!「財務省管理内閣」誕生へ [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
テレビでキャスター達が 「我々は投票権がないですけどね」 と紋切り型でコメントしているけど それは自民党時代から一緒だし、 今回は民主党員も、サポーターも投票権がない。 あるのはわずか407人の党所属国会議員だけ。 「また総理大臣が替わった」 とか 「何故、... [続きを読む]

受信: 2011年8月29日 (月) 21時41分

» 見極める? 見限られたのと違うのけ。。。 [義風捫虱堂]
小沢氏「新代表を見極める」 民主党新代表に野田佳彦氏 [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 00時24分

» 民主党の生贄はノーサイド。 [プールサイドの人魚姫]
 大方の予想を覆す結果となった民主党代表選。当初の予想は海江田VS前原の決選により、海江田万里氏有利との見方が大半を占めていたが、小沢元代表の影が亡霊の如く付き纏う現在の民主に嫌気がさした議員たちの思惑により、無難な人選とも言える野田佳彦... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 05時07分

» 野田佳彦、代表選勝利で首相に [りゅうちゃん別館]
29日に行われた民主党代表選挙。 野田佳彦財務相が決選投票の末、代表に選ばれた。     民主新代表に野田氏、決選投票で海江田氏を破る(読売新聞) 野田氏は54歳。早稲田の政経を出て松下政経塾の1期生。 初当選は29歳という若さ。 06年の堀江メール問題…... [続きを読む]

受信: 2011年8月30日 (火) 09時34分

» 毎日新聞 東北女川原発の3分の1だった東電福島第一原発の津波高 [逝きし世の面影]
『東日本大震災の津波の痕跡』 毎日新聞8月29日(月)朝刊に掲載されていた『東日本大震災の津波の痕跡』と題する津波高の『図』が、毎日新聞の公式ウェブサイト上に無い問題点を指摘する記事を書いていたら30日昼AM12時の少し前に突然記事が差し替えられて、それ...... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 13時22分

« 民主党、終わりの始まり | トップページ | 続・ゴーヤ育成法 »