« 万が一 | トップページ | 反戦塾乗11/07/26 »

2011年7月24日 (日)

ゴーヤ育成法

Dscf3475_2   今年はいろいろなことがあって育てるのが遅れた。3.11の影響で日よけ用に大ブーム。一時苗が店頭から消えたことがあった。あわてて種を購入、直ちにまいた。ところがいつまでたっても芽がでない。

 水をかけすぎて種が腐ったか?。市が希望者に苗を配布するという噂があったが、情報がとどかない。移植時期を過ぎようとした頃、ようやく苗を手に入れた。我が家は、連作障害をさけるため、1株重点主義。それで十分なのだが、念のため2株買った。

 そうしたらなんと、数日してまいた種の芽がでてきたのだ。こういう時はなかなか捨てる気にはなれない。結局4株を2か所で使うはめになった。ところが、今度は去年使った緑色のネットが見当たらない。なにかにまぎれて捨ててしまったか。

Dscf3474_2  そこで、農事用の細紐があったので、手作りした導線に這わせることにした。いま、ようやくここまで育ってきた。すると、ある楽しみに気がついた。つるを伸ばしたい方向や育っていく過程を考えながら作った誘導紐を、主人の思惑通りにたどっていく姿を観察できるのだ。 もちろん、中には主人の気持ちをよそに、あさっての方に延びようとする脇芽もある。そんな脇芽はどんどん摘んだ方がいい。目標の高さに達したら今度はまん中の芯を摘む。その方が大きく太い実をならせるようになる。ここまで書いて、気がついた。いるいる、内閣にそんな脇芽閣僚が。

 トルコの原発輸入計画に、日本の高い技術を説明するため、経産省の役人を派遣するという海江田大臣だ。脱原発を言っているかたわら、日本製の原発を買ってください?、なんと恥さらしな腐った根性なのだろう。

 東芝からいくらもらったかとか、天下り予定があるからだなどとは言わない。日本国民や被災者にこれ以上恥ずかしい思いをさせないでほしい。そんな脇芽も摘めないようなら、別の内閣に早くかわってほしい。このテーマのカテゴリは「エッセイ」のはずが、「経済・政治・国際」を追加しなければならなくなってしまった。

|

« 万が一 | トップページ | 反戦塾乗11/07/26 »

エッセイ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/40935940

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤ育成法:

» 原発安全神話、政官産学報権益ペンタゴン [逝きし世の面影]
『自民個人献金、72%が電力業界 09年、役員の90%超』 自民党の政治資金団体『国民政治協会』本部の2009年分政治資金収支報告書で、個人献金額の72・5%が東京電力など電力9社の当時の役員・OBらによることが22日、共同通信の調べで分かった。 当...... [続きを読む]

受信: 2011年7月25日 (月) 07時54分

» 通商産業省原子力安全基盤機構の恐怖の炉心溶融シミュレーション [逝きし世の面影]
通商産業省の独立行政法人原子力安全基盤機構は3月11日の福島第一原発事故の前に、沸騰水型原子炉(BWR)マーク?型(福島第一原発1〜3号機)の全電源喪失・全冷却水喪失という過酷事故を想定した、原子力防災専門官向けに『炉心溶融シミュレーション』作成したが...... [続きを読む]

受信: 2011年7月26日 (火) 10時27分

» あのゴーヤの実、大きくなりました [虹色オリハルコン]
そろそろ、収穫時でしょうか 今のところ実はこれひとつ 今年は 成り花 少ないな (赤ちゃんの時) カーテンもだいぶ上に伸びてきました。 (写真はクリックで拡大) 実を つけるためには、芽を摘み 大きく広げるためには、実を摘む 目的によって、育て方が違う...... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 10時42分

« 万が一 | トップページ | 反戦塾乗11/07/26 »