« 隣家の敷地で遺跡発掘 | トップページ | 「脱原発」、菅では無理 »

2011年7月14日 (木)

「脱原発」と右翼

  本塾は1か月ほどまえに「菅降ろしの異様さ」という記事を掲げた。巷間喧伝されるような「菅降ろし」の理由が、どれをとってもピンとこないし腑に落ちないところがある。いまだにその謎は解けていない。

 「顔も見たくもない」というのは、「理由ではない」と言っているのと同じで、一国の総理に投げかける言葉としては、感情論まるだしの低次元な話だ。それを「顔を見たくないのなら早く法案を通して」と私的な会合でギャグを返したらら、それをまた「菅降ろし」の材料にする始末である。

 塾頭は、今年初めころ、菅首相の党内融和、団結に反する行動を厳しく非難したが、あまのじゃくだから最近では、かえって菅支持にまわりたくなった。前掲の記事の中で、

 野党が倒閣の決め手とした「外国人献金疑惑追及」が震災で不発に終わったことに対する腹いせであるとすると、ここでもレイシズム利用のにおいがしてくる。

 と、欧州の例なども参考にして書いた。同じことを最近の国会でむしかえているが、すでに退陣をほのめかしている首相にとっては、痛打とならない。当塾は、「反戦」の立場からことさら中国・朝鮮との対立をあおり、憲法の基本的人権を軽視するような右翼の動向を、許しがたいものと位置付けている。

 そこへ、党内の菅降ろしグループ11人が名乗りをあげた(文末引用参照)。メンバーを見ると前掲記事に書いた「右翼陣営が脱原発に危機感を持っている」という仮説が、なんだか真実味を帯びてきたように見える。

 手元のメモを下に記しておく。カッコ書きのある議員は、当然9条改正、集団的自衛権容認でも共通する。若手・中堅とは名乗りにすぎず、もうこれだけで十分だろう。

吉良州司 (外国人参政権反対)    
長島昭久(靖国神社参拝議連、外国人参政権反対)
石関貴史(靖国神社参拝議連、外国人参政権反対)
北神圭朗(外国人参政権反対)
鷲尾英一郎(靖国神社参拝議連、外国人参政権反対)
網屋信介
勝又恒一郎
杉本和巳
長尾敬(外国人参政権反対、夫婦別姓法案反対)    
山本剛正
金子洋一(外国人参政権反対、夫婦別姓法案反対)

 民主党の吉良州司、長島昭久両衆院議員らは13日、首相官邸に仙谷由人官房副長官を訪ね、菅首相が進めるエネルギー政策では電力危機を招く恐れがあるなどとして、首相の即時退陣を求める意見書を提出した。

 意見書は、退陣を求める理由として、九州電力玄海原子力発電所の再稼働を巡る混乱などを挙げ、「菅内閣の機能は完全に崩壊した。菅首相のもとでの被災地復旧・復興、原発事故の早期収束、国全体の復興は実現不可能だ」と首相の対応を批判した。意見書には、同党の若手衆参両院議員11人が名を連ねた。(以下略)
【2011年7月13日(水)20時7分オンライン配信 読売新聞】 

|

« 隣家の敷地で遺跡発掘 | トップページ | 「脱原発」、菅では無理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/40809360

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱原発」と右翼:

» 一人勝ちする日本の「円」対ドル為替相場80円割れ [逝きし世の面影]
政府債務残高(赤)と民間債務残高(青)の推移(Business Insider) 7月14日の東京外国為替市場の円相場は、一時1ドル=78円45銭まで続伸。 東日本大震災直後の3月17日につけた史上最高値76.25円以来約4カ月ぶりの高値を更新した。 『通貨』の為替相場の高さ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月16日 (土) 08時01分

« 隣家の敷地で遺跡発掘 | トップページ | 「脱原発」、菅では無理 »