« 前方後円墳のなぞ | トップページ | それに引きかえ…… »

2011年5月24日 (火)

「猥雑政局」極まれり

 政治家の劣化はいわれて久しいが、今日の毎日新聞をみていたらこんなことがあった。衆議院の特別委員会で谷垣自民党総裁が福島第一原発関連の質問をしたことについてである。

 2面の見出しが「福島1号機 注水中断問題/調整不足で政府守勢」で、同じ事柄を書いた5面の見出しが「谷垣氏、追及甘く/首相に二の矢放てず」だった。

 双方とも記名記事で、違う記者が担当している。同紙は社論と異なるいろいろな記者の意見が紙面をにぎわすことが珍しくないが、これはコラムなどとは違う報道記事である。それも評価が真反対の見出しになるのは珍しいことだ。

 今も変わりないとすれば、タイトルをつけるのは整理部に権限と責任があって、記者のせいではない。しかし、記者の書きぶりによってタイトルを決めるので、記者の印象や意見が反映するのでこういうことになるのだろう。

 読者として吟味する楽しみもあるので紙面にケチをつける気はなく、精読してみた。すると前者は、谷垣氏が声高に攻撃のボルテージを上げている質問の内容と、それを受け流そうとする首相の答弁をそのまま伝えることに主眼があった。

 これに対して、後者はその内容とともに自民の山本一太議員や岡田民主党幹事長などの反応を広く取材しており、それが記事に反映している。タイトルはそれを忠実に反映させたものだということになるだろう。

 一方、社説のタイトルは、「海水注入問題/原発に政局持ち込むな」であった。「サミットの場で世界に対し今回の事故の原因、今後の対策をまさに発表しようとする矢先に、その信頼性をいたずらに失わせるような議論をすることが、日本の国益上いかがなものか」という趣旨である。

 それに加えて、国民の、特に原発被災者の政治不信・絶望に油を注ぐよぇな愚挙に気がつかない政治家に対し、もはや我慢の限界にきていることを知るべきだ。というのが塾頭の意見だ。

|

« 前方後円墳のなぞ | トップページ | それに引きかえ…… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

二ヶ月半も経ってからやっと東電が原発の地震の直撃で冷却水の配管が破断していた事実を認めたのですが、そんなことは関係者全員が3月11日の時点で判ったいた。
それにしても本当な第一面で大きく取り上げるべき大ニュースなのですが、マスコミでは小さな扱い。
代わりにこの記事に有るような水素爆発して致命的損傷後の海水注入の話で自民党の党首(次期首相の候補ナンバーワン)が瑣末な枝葉のことで延々と国会討論の時間を浪費する。
これは怠慢と言うよりも、この緊急時では犯罪行為に近い『悪徳』ですよ。
海水注入問題よりもベントの遅れが致命的な事態に至った最大原因ですが、
これについては5月18日『福島第1原発、事故直後の新事実が明らかに』でウォール・ストリート・ジャーナルが事故状況の分析をしているのですが、第一原発に首相が直々に乗り込んだ原因とは、政府のベントの指示を一向に実行しないので管直人が怒鳴り込んでベントが実施されたとなっている。
これが一部でも事実のとおりで有るなら、管直人の功績は大きいとなりますね。

投稿: 宗純 | 2011年5月26日 (木) 09時21分

配管破損は1.地震の振動による、2.高温高圧のせい、3.水素爆発によるのどれでかねえ。津波のせい、は最初からない思っていた。

いずれにしても設計か工事の手抜き以外に考えられない。原子をなめてかかり、核反応を「罪多き」人間が操ろうといういうのが間違いの大元です。

投稿: ましま | 2011年5月26日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/40110035

この記事へのトラックバック一覧です: 「猥雑政局」極まれり:

» 純粋な民間銀行FRB(米国連邦準備制度理事会)が発行するドル札 [逝きし世の面影]
『パブリック(公)の上位にあるプライベート(私)』 世界通貨であるドル紙幣を発行するFRB(アメリカの発券銀行)は、いかにもアメリカ政府機関のような紛らわしい米国連邦準備制度理事会という名前をつけていますが、日本の中央銀行である国有の日本銀行(51%以...... [続きを読む]

受信: 2011年5月25日 (水) 09時04分

» 福島原発 1号機 放水継続 [王様の耳はロバの耳]
枝野氏不快感「我々も対応に苦慮」注水継続問題(読売新聞) - goo ニュース 昨日27日夜TVニュースを見ていたら東電が「福島の第一原発は注水を継続していた」との報道を見ました。 この局のカメラは原子力委員長の斑目氏にインタビューし「私は一体何なのだったのしょ...... [続きを読む]

受信: 2011年5月27日 (金) 09時19分

« 前方後円墳のなぞ | トップページ | それに引きかえ…… »