« 「脱・原子力ニッポン!」を(5) | トップページ | ポスト・ビンラディン »

2011年5月 1日 (日)

「脱・原子力ニッポン!」を(6)

原発問題、海外はどう見るDscf3399
 日本にいるとよくわからないが、この度の震災の海外での報道は大変なボリュームらしい。人類がこれまで目にしたことのないような津波の猛威が映し出され、被災者への共感が寄せるとともに、日本人の秩序を守り団結する姿が感動を与えたようだ。

 その一方で、福島第一原発から、低濃度の放射能に汚染された水を放流したことに対し、韓国やロシアから事前連絡がなかったという厳しい抗議を受けた。日本への渡航者は激減し、輸出品には食品はもとより工業製品まで放射能汚染のない証明を求めるなど、防護・警戒姿勢を強める国は数十か国にのぼった。

 ドイツは、脱原発緩和策を撤回し、中国やアメリカは新設の計画を先延ばしし、韓国・台湾・イタリアでは建設候補地などで大規模な建設反対デモが起きた。原発を商売にしたいフランスや原発導入で先進国の仲間入りを果たしたいベトナムなどを含め、全世界は福島原発事故の推移を固唾を飲んで注視している。

 前にも書いたが、、広島・長崎、ビキニ環礁で死の灰を浴びた漁船まで入れれば、4回も放射能の洗礼を受け、その怖さを知っているはずの日本が、これまでの「原子力体制」を維持し続け、ほとぼりのさめたころ「はい、日本です。新型原発を買ってください」などと外国向け商売を再開できるだろうか。

 横っ面を張り飛ばされないまでも、決して尊敬はされまい。これまでつちかってきた原子力関連技術や放射線医療の知識を生かして、世界の脱原発の先頭に立ち、併せて核軍縮および核廃絶のリード役に躍り出る、政・官・財・学・一部マスコミにとっては大変な発想転換だが、日本外交の地盤沈下を防ぐ残された唯一の道であり、「災い転じて福となす」絶好のチャンスである。

|

« 「脱・原子力ニッポン!」を(5) | トップページ | ポスト・ビンラディン »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/39822081

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱・原子力ニッポン!」を(6):

» 上関原発を創ると宣言する人間を、次期社長に選んだ中国電力 [Dendrodium]
中電次期社長「原発は推進」  中国電力の新社長に6月下旬、就任する苅田知英副社長は28日、広島市中区の本社で会見し、島根(松江市)、上関(山口県上関町)の両原子力発電所計画について、安全対策や地...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 07時37分

» 通産省「原子力安全基盤機構」7mの津波高で電源喪失、炉心損傷 [逝きし世の面影]
『通産産業省の報告書』 昔から『目明き千人に目暗千人』と言われますが、知識が無い素人が判らなくても専門家なら良く知っている。 今テレビなどで平気で福島第一原発事故が『想定外だった』なんて喋っているのは専門家でもないし、目も見えていない。 実は原発の過酷...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 3日 (火) 09時59分

» ビン・ラディン?の海上投棄、イスラム教徒を水葬にする不見識 [逝きし世の面影]
インドの聖なる河ガンガー(ガンジス川)の聖地ベナレス(バナーラス)のガート(沐浴場)と水葬 現在水葬は法律により日本国内では禁止され、刑法190条の死体遺棄罪に該当するとされるが、聖なるガンジス川ではヒンドゥー教の最高教義の儀式の一環として行われていて...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 5日 (木) 09時20分

» 恐るべきこと。子どもや妊婦を避難させるべきだ。山下俊一教授 [逝きし世の面影]
『放射性物質、九州に影響ない』正しい怖がり方を  インタビュー/長崎大医歯薬学総合研究科・山下俊一教授(3月25日長崎新聞) (問い) 国が23日公表した放射性物質の飛散状況の試算によると、原発から北西方面と南方面に(政府が屋内退避を指示して...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 6日 (金) 09時00分

« 「脱・原子力ニッポン!」を(5) | トップページ | ポスト・ビンラディン »