« 反原発は国論になるか | トップページ | 終戦直後は電力豊富 »

2011年4月13日 (水)

大災害による切放の例

 このたびの大震災で福島地検が容疑者31名を釈放し、昨日捜査が残る5人をのぞき26人を在宅起訴等処置を決めたという報道があった。釈放が報じられた時、容疑には窃盗、詐欺、強制わいせつ、なかには暴力団組員組員まで含まれている、という、言外に当局の措置を疑問視するような報道もあった。

 このような釈放措置を《切放=きりはなし》といい、江戸時代は『御定書百箇条』に法制化されていた。切放後3日以内に定めた場所に来れば、その囚人の刑を一等減じることも規定されている。

 以上の措置は、明暦3年から安政5年の201年間で15回も適用されていた。地震ではなく「大火事は江戸の花」のせいだが、それをよいことに逃亡してしまう囚人は、ほとんどゼロに近かったようだ。その際、石出帯刀(歴代、小伝馬町牢獄などを所管した)から次のように言い渡される。

 途中神妙ニ分散致さず、私差図の場所へ立退き申すべし、もつとも申渡相守り、立退候えば、先格これ有り、銘々御仕置筋の御宥恕もこれ有るべし、なお、私よりも其の段急度相願遣可き間、心得違仕らず、差図の場所へ参着すべし。(以上、石井良助『江戸の刑罰』参照)

 明治以後にもその例がある。関東大震災で横浜刑務所(収容者1131名)、市谷刑務所(収容者1020名)の全員釈放であった。この場合もほとんどが短時間で戻ってきたという。くわしくは
http://yoshimine.dreama.jp/blog/445.html
をご参照願いたい。危機管理には、こういった江戸時代以来の「仕来たり」も、しっかりマニュアル化しておくべきだろう。

|

« 反原発は国論になるか | トップページ | 終戦直後は電力豊富 »

歴史」カテゴリの記事

コメント


祝!当選!予想通りの結果でしたね!
やはり、これで都民の大部分がバカであることが
証明されたわけです!新東京銀行五輪誘致カジノ構想
などでの血税の無駄使い、福祉切り捨て社会的弱者や
少数者への蔑視といじめ、の都政がこれからまた4年も
継続されることになり、まずは、めでたしめでたし(?)
ですが............
加えて言えば、原発推進派の石原では、今後の放射能対策
や原発被害への首都代表としての対応にはとうてい
期待がもてないことも、皆様、承知済みなのか?
それにつけても、許せないのは石原支持の都民(=愚民)
共ですね。ネット右翼顔負けの危険人物を性懲りもなく、
またまた選んでしまうとはねえ。この上は首都移転を
願うしかないか?

投稿: anti-ishihara | 2011年4月13日 (水) 16時34分

コメントありがとうございました。
都民は彼の「幼児性」が気に入っているのです。カバーするために猪瀬を持ってきたが、これは失敗でした。

幼児なのにパンダがきらいという、ひねくれ坊やです。名古屋市民も似たところがあります。

投稿: ましま | 2011年4月13日 (水) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/39593614

この記事へのトラックバック一覧です: 大災害による切放の例:

» 米国債崩壊(メルトダウン)近し、ヘッジファンドが売り逃げ(現金化) [逝きし世の面影]
アメリカの総債務(家計・企業・政府の合計額)の対GDP比率の推移 『米国債を現金化』逃げるヘッジファンド 米債券運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)の旗艦ファンドである『トータル・リターン・ファンド』は2月末現在で米...... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 09時51分

« 反原発は国論になるか | トップページ | 終戦直後は電力豊富 »