« 大新聞幹部の反小沢 | トップページ | 超然内閣待望 »

2011年2月17日 (木)

鳩山発言の功罪

 まあ、よくぶっちゃけたものである。普天間移転先変節にからむ、ウィキリークス顔負けのお坊ちゃま流暴露。北澤防衛相は、「一生に一度あるかないかの驚き」とかわしたが、菅首相は「在日米軍は公共財」という、何を言っているのかわからない国会答弁で逃げた。

 「身震いした」「万死に値する」という沖縄の怒り(琉球新報・社説)は、当事者として当然だろう。塾頭の感想は、朝日の「おどろきあきれる」や読売の「唖然」に近いが、別にその内容については意外ではない。北沢・岡田・平野の各大臣の姿勢がわかったことをのぞき、当塾でかねがね指摘してきたこととすべて符合するからである。

 ただ、驚いたのは、当塾が断片的な報道で知ったことや、情報を総合して予測・観察した結果が、そのまままぎれもない事実として、責任者本人の口から出たということだ。予算委員会では、野党揃って鳩山氏の参考人招致を求めたが、もしそれが実現したら、元総理は、ひるむことなく堂々と答えてほしい。読売の社説には、鳩山発言が日米関係を悪化させ、国益を損ずるというような懸念を示しいるが、陰に陽に発言を封殺しようという動きもでてこよう。「学べば学ぶにつけ」という言葉は、もう使えない。
 
 塾頭は、安保条約維持派だが、このさい日米関係悪化をあえて選んだらどうか。外交史の中で、米英関係をよく勉強してほしい。切っても切れない間柄ながら、両国の関係が険悪になったりするのは日常茶飯事、そもそも独立を戦争で戦った相手だ。

 意見が違えばはっきりものを言い、議論もする、それができない同盟国などあり得ない。そういったきっかけを作ってくれたのならば、鳩山発言の「功」の部分として評価したい。また、菅内閣が前内閣の方針を受け継がず、より保守色を強化したことが確定。打倒すべき対象であることが明確になったことも「功」のひとつであろう。以下、新聞報道などにより「鳩山発言」を要約しておこう。

抑止力という方便 普天間の移転先として辺野古移設しか残らなくなった時に理屈づけしなければならなず、「抑止力」という言葉を使った。方便と言われれば方便だ。県外から県内回帰のための後付け説明だった。 
(注)米国防長官すら「海兵隊の機能」を疑問視し、米軍幹部ですら「有事の米国民救出」を第一の機能と明言し、米議会は「海外駐留費削減と海外基地閉鎖」の議論を進めていることを県民は知っている(琉球新報社説)。

関係閣僚の不一致 公約実現に否定的な北沢防衛相。「県外」公約自体を否定し、嘉手納統合案を掲げた岡田外相。くいうち工法で辺野古移設を進言する岡本行夫・元首相補佐官。平野官房長官は、徳之島案で尽力した。

官僚の壁・自身の力量不足 防衛相も外務省も沖縄の米軍基地に対する存在の当然視があり、数十年の彼らの発想の中で、かなり凝り固まっている。官僚を最後まで統率できなかったことは、力量不足。
(注)解決策は「オバマ大統領との直接対話」と指摘した鳩山氏だが、それすら官僚の壁に疎外され不発に終わっている。両省の幹部2人ずつを呼んで、首相の意志を実現するため極秘の活動を指示したが、その翌日新聞記事になって切ない思いになった(琉球新報)。
 
常時駐留なき安保 信念としては今も生きている。封印をしたのは、旧民主党では十分主張していたが、今の政権を取った民主党内では残念ながら市民権を得ていなかった。普天間移設の問題でも、常時駐留なき安保という文句はつかわなくてもその方向に導いていきたかったので、「国外、最低でも県外」と何度も言った。

反省点 相手は沖縄というより米国だった。最初から私自身が乗り込んでいかなきゃいけなかった。これしかあり得ないという押し込んでいく努力が必要だった。オバマ氏も今のままで落ち着かせるしか答えはないというぐらいに多分(周囲から)インプットされている。日米双方が政治主導になっていなかった。

パラダイス 米軍が辺野古にこだわる理由は、沖縄は基地説いてパラダイスだからだ。思いやり予算などもつけてもらい、居心地がいいので居座り続ける。(予算委員会・赤嶺政賢共産党委員発言による)

|

« 大新聞幹部の反小沢 | トップページ | 超然内閣待望 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今マスコミ総がかりで、与野党の違いを超えて全員で鳩山由紀夫発言を否定しているのですが、このように並べて提示して吟味すれば誰にでも分かることですが、皆さんが薄々気が付いていたが誰も責任ある立場の関係者が認めなかった事柄ばかり。
鳩山さんは何一つ間違ったことは言っていない。
ところが関係者みんなが全員憤慨しているのですが、これ例の大相撲八百長騒動とも構図がそっくりですね。
全員が薄々知っていたがメールと言う動かぬ証拠が出て来て、全く知らなかった風を装って全員が怒って見せているのです。
本当に知らなかったなら職務怠慢であり知識不足であり専門家失格で、逆に知っていて黙っていたなら共同正犯ですね。
どちらにしても罪は免れない。

科学では物事の正誤は判定しても善悪まで判定しない。
それにしても鳩山さんは理科系出身だけに未だ考え方が科学的で政治家ではなくてサイエンティストで大学教授向きのなのです。
今回のような誰でもがあることが判っているが絶対に人前に曝してはいけない決まりごとの日本の恥部を公にした鳩山由紀夫の問われるべき『悪』とは何か。
今のマスコミの非難とは間違いで、実は道徳的な問題を問う猥褻物陳列罪か公然わいせつ罪ではないでしょうか。

投稿: 宗純 | 2011年2月17日 (木) 15時38分

さすがにさえているコメントありがとうございました。

相撲八百長、小沢バッシング、鳩山告白と見事につながりましたね。後世の学者は、この社会現象になにかいい名をつけて、狂気の××時代とでもよぶことになるかも知れません。

菅さんも鳩山さんも理系ですが、基礎実験がまったくお粗末で、民主党の仮説は崩壊寸前です。今日のニュース、親小沢派16人が会派離脱、党籍はそのまま。なんですかこれは。その逆ならばわかるけど、公式にないことをする。

投稿: ましま | 2011年2月17日 (木) 17時04分

地方議会でも統一地方選前の民主公認辞退などが続き、一時期の枡添や与謝野などの沈み行く自民からの脱党騒動と同じ動きで、何とかして生残ろう勝ち組になろうと全員が必死なのです。
これはもう日本に正統な天皇が同時に2人もいた南北朝の時代の太平記の記述を彷彿させる浅ましさ。
全ての武将や政治家達が主義主張や信念や大儀などではなくて『何れが勝ち残るか』(どちらが多数派か)を最大の根拠として昨日の敵は今日の友、今日の味方は明日は敵と、日替わりに目まぐるしく裏切りまくる乱世中の乱世。
戦いの真っ最中でも自陣が負けそうだと見ると『儀によって助太刀いたす。』と勝ちそうな敵方に寝返る。
これは末世の太平記です。
小沢一郎ですが太平記なら役どころは悲劇の大塔宮護良親王よりも何度も失脚しかかっても復活する権謀に長けた足利尊氏です。

投稿: 宗純 | 2011年2月18日 (金) 09時53分

 日本の中世というのは面白いですね。南北朝があり、各地で独自の力を持つ武士団が群雄割拠、全国統一の制度があるようで実はばらばら。

 足利尊氏は、戦時教育では悪党の代表でした。しかし当時の用語では大忠臣・楠正成などが悪党と言われていたらしいですね。

 足利幕府は宮中官僚からの評判は良くなかったようですが、外交手腕はあり中国から宋や明の文物を輸入した。

 山口の大内氏も朝鮮から独自に貴重な文化を取り込んだ。そのほか、倭寇ルートや琉球との三角貿易もあった。日本の庶民を含め、もっとも活気にあふれた時代ですね。

 乱れてはいたが、大河ドラマの舞台にはなりにくく、歴史ブームの盲点になっています。しかし、今よりはるかに輝いていたように思います。

投稿: ましま | 2011年2月18日 (金) 21時59分

ご無沙汰しています。

此頃都ニハヤル物......ですか。

後醍醐天皇の謀綸旨に地方が混乱した。何となく似ています。

投稿: ていわ | 2011年2月19日 (土) 10時14分

ていわ さま
こんにちは

政治ブログを書くとアクセスがふえるのですが、「此頃都ニハヤル物」であってもイヤ気がさしてきました。

といいながらまだ書くでしょうが、中世史にでも逃げ込みたい気がしてます。

バーレーンの混乱など、ペルシャ湾情勢は日本の死活問題になりかねないのに、反小沢がどうのこうのとおめでたい日本の姿です。

投稿: ましま | 2011年2月19日 (土) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/38907349

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山発言の功罪:

» 鳩山氏の方ばかり見る植草一秀 [vanacoralの日記]
ただでさえ弱体化した菅政権にとって更なる打撃となった鳩山前首相の「方便」発言ですが、与野党ならびにマスコミは、この問題を単なる「政局」で述べるのではなく、基地の無い沖縄を実現させるためのきっかけとしてとらえるべきであります。 ところで普天間問題において、... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 00時29分

» 鳩山発言 鳩山氏参考人招致へ?? [王様の耳はロバの耳]
鳩山発言「本当に問題」と菅首相=野党、参考人招致求める―衆院予算委(時事通信) - goo ニュース 昨日16日衆議院予算委員会での「鳩山氏の“方便”発言」について菅首相、北澤防衛相が答弁している様子が今朝のTVニュースで流されています。 「方便」という言葉遣いに...... [続きを読む]

受信: 2011年2月18日 (金) 08時35分

» オバマ対鳩山: 不平等で、違憲で、違法で、植民地的で、虚偽的な米日協定の素性 [マスコミに載らない海外記事]
Gavan McCormack 2009年11月14日 The Asia Pacific Journal: Japan Focus 8月末の選挙で、日本に、鳩山由紀夫が率いる新政府が生まれた。彼と日本民主党(民主党)を選ぶにあたって、日本の国民は、一年もしない過去のアメリカ人たちの様に、アジアとアメリカ両方との新しい関... [続きを読む]

受信: 2011年2月19日 (土) 00時19分

» 第2次大戦の結果を受け入れる以外の最善策はあるのか [逝きし世の面影]
『ロシアの強硬姿勢』第二次世界大戦の結果を承認する以外の方途はない ロシアのラブロフ外相が2月15日、訪問先のロンドンで、日本との平和条約締結問題について、 『日本が他国のように、第二次世界大戦の結果を承認する以外の方途はない』と述べ日本側に『北方領土はソ連に不法占拠された』という主張を撤回するよう求めた。 ラブロフ外相はロシアがクリール諸島で他国との共同開発を行うことについて、『だれも日本の立場をおとしめることだとは考えていない』と述べた。 またロシア外務省のルカシェビッチ報道官は17日、北... [続きを読む]

受信: 2011年2月19日 (土) 10時02分

« 大新聞幹部の反小沢 | トップページ | 超然内閣待望 »