« 鳩山発言の功罪 | トップページ | 「たて」と「やり」 1 »

2011年2月19日 (土)

超然内閣待望

 菅首相は、解散を意識し始めたという。第3の開国どころか、開国以来の憲政の危機である。解散しても与党民主党はもとより、最大野党も過半数は無理だ。その他の既成政党、泡沫政党も期待される存在ではない。

 そこで100年以上前に戻って、救国・挙国一致・超然主義内閣はどうだろう。首班は現在無所属の横路衆議院議長だ。これを唱道して選挙を戦い、これに賛同する候補者を党派を問わず募集すれば、権力争いと売名に余念のない中堅議員をのぞく、若手とベテラン候補が数十人は集まるだろう。

 第一党は無理にしても、極左・極右以外の無党派層の支持を得て、連立を組めるぐらいの勢力になれば、首班も十分あり得る。西岡参院議長ではこの役柄は無理だが、政策は、とりあえず「国家安康・君臣豊楽」でいい。

 国内外の変遷・流転がめまぐるしい昨今、マニフェスト選挙などもう古い。あれはせいぜい地方選用だ。民主党の体たらくを見ていればよくわかる。この提案、塾頭のおふざけだが、片山哲内閣、村山富一内閣の例だってあったわけだし発想の飛躍は大歓迎。

【超然主義】明治憲法直後に首相黒田清隆が、数日後枢密院議長伊藤博文が演説。政府は政党の動向に制約されることなく、超然として独自に政策実現をはかることを宣言した。

【国家安康・君臣豊楽】豊臣秀吉の供養のため方広寺に奉納した鐘の銘にある文字。国の安全と君臣の繁栄を祈願しているようだが徳川家康は、家と康を安の字で裂き、豊臣の繁栄を祈る呪文だと因縁をつけ、大阪城を総攻撃して豊臣家を滅亡させた。

|

« 鳩山発言の功罪 | トップページ | 「たて」と「やり」 1 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

前原外相の政治団体に外国人からの寄付を記載していたとは、政治家としては素人もはなはだしいです。最悪だと公民権停止という処分です。これで、菅内閣での解散総選挙は確実に無くなりました。

超然主義。大いに結構なことです。このごろの政治家は、勝手な御都合主義ばかりで歴史を引き継いでいるという責任感が全くありません。

投稿: ていわ | 2011年3月 4日 (金) 22時29分

ていわ さま
こんにちは。前原氏の外国人献金、「全貌を調査する」という答弁で終わりましたが、本人が5万円受領を認めており、過去のメール事件のように自爆テロにはしるおそれ十分。

仙石を切ったうえ前原という内閣の支柱を失えば現内閣の命脈はつきたも同然でしょう。やけくそ解散になれば史上最悪総理確実。いよいよ超然内閣です。

投稿: ましま | 2011年3月 5日 (土) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/38936369

この記事へのトラックバック一覧です: 超然内閣待望:

» アメリカ:一党独裁国家 [マスコミに載らない海外記事]
アメリカ:一党独裁国家 マフムード A.B 共和党やら民主党に投票しても、なぜ同じ結果になってしまうのだろう。「選挙」と呼ばれているお笑いぐさが、アメリカが一党独裁国家であることを示している。民主党も共和党もイルミナティの手先。 連中、各党違うがごとき芝居をうっているが、要するに民主党も共和党も、「全世界制覇」というイ... [続きを読む]

受信: 2011年2月21日 (月) 16時15分

« 鳩山発言の功罪 | トップページ | 「たて」と「やり」 1 »