« 世界の軍国主義国 | トップページ | 琉球処分 1 »

2010年11月 6日 (土)

国家安全・子孫繁栄

 秋空の下鎮守の森で歴史の勉強会。

2010_11040002  反戦塾はお休み。コメントへのレスポンスを転載します。

カーク さま
たしかに重くなりました。このエントリーの題は、「゛軽すぎる゛戦争観」だったのですが……。

おっしゃるように、どの国からであろうと、ミサイルほど手におえないものはありません。たった一人の錯乱者がいれば、一発でめちゃめちゃになってしまうのですから。

尖閣関連ビデオの流出など、その意味でコントロール不能の事態が起きたわけで、ただ事ではありません。真相はわかりませんが、もし出所が海保なら指揮・命令系統の破たんです。田母神論文の自衛隊でおあろうが前田証拠改造検事の検察であろうが、国民の安全が危機に瀕している――とは、おおげさでしょうか。

心配性の塾頭はそう考えるのです。

|

« 世界の軍国主義国 | トップページ | 琉球処分 1 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/37552710

この記事へのトラックバック一覧です: 国家安全・子孫繁栄:

» 「尖閣諸島事件ビデオ流出」に思う。 [ジャッカルの目]
 この事件については、昨日も記事にしたので、尖閣諸島事件、およびそのビデオの影響云々については、今日は触れない。  今日、思うところがあったのは、最近のYOUTUBEや、ニコニコ動画などのインターネットツールにより、既存のマスメディアのあり方や、政府や警察・検…... [続きを読む]

受信: 2010年11月 6日 (土) 23時38分

» 中国漁船拿捕のビデオ流出と「転び公妨」 [逝きし世の面影]
2009年就役の最新鋭の拠点機能強化型巡視船「よなくに」(1349トン) 『衝突事件ではなく漁船拿捕事件』 日本のマスコミ報道では中国漁船『衝突事件』ですが、事件の真相は中国漁船『拿捕事件』ですよ。 何故自分に非がまったく無いなら、日本政府は正々堂々と領海侵犯や違法操業、出入国管理法違反での『拿捕』(逮捕)との王道を主張しないのか。 漁船拿捕のさいのどさくさの最中、逃げようとする漁船と巡視船との接触を殊更騒ぎ立てて、漁船拿捕の本件を言わずに派生した衝突事件であるとするなどは別件逮捕に近い... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 09時44分

« 世界の軍国主義国 | トップページ | 琉球処分 1 »