« 「戦中・戦後」断片⑥ | トップページ | 防衛白書を撃破せよ »

2010年9月10日 (金)

斉明天皇陵

 奈良県明日香村の牽牛塚古墳は、宮内庁から指定された天皇陵ではない。したがって発掘、学術研究OKなのである。今日の新聞に「斉明天皇陵と特定」と報道された。その証拠は平面が8角形でできていることである。

Dscf2657  斉明や古墳に強い関心を持つに至ったのは、いずれも拙著『海と周辺国に向き合う日本人の歴史』を書く上で、主要な素材になったからである。今日は、予定を変更しこのテーマにする。 さて、詳細は本ブログのカテゴリ「歴史」や「天智天皇」シリーズに譲るとして、なぜ8角形か、から説明したい。

 女帝斉明は、早く死に別れた夫・舒明天皇の墓を、それまで続いていた前方後円墳や巨大古墳からこじんまりした8角形に変えた。それは、帝王にだけ許される形という、中国政治思想をしっかり学んだ中大兄皇子(天智天皇)のアドバイスに違いない。

 以後、天智、天武・持統陵いずれも8角形であるが、宮内庁は別の円墳を斉明陵に指定していた。今回報道された古墳は、以前から8角形ではないかとかいわれていた。『日本書紀』に、斉明の娘・間人太后と合葬とあるのを証明するように、石室が2人分あり、間人の年代に合う女性の歯が出土していることも、有力な斉明陵説の根拠となっていた。

 牽牛花というのはアサガオの別名で、昔から「あさがお塚」とも言われてきたのは、形がアサガオの花を連想させたからではなかろうか。 それを今回石畳の3辺を発掘したことにより確認できた、ということで、学者も斉明陵にほぼ間違いないと断定した。

 宮内庁は、かたくなに「墓誌でも出てこない限り指定を取り消したり変更したりしない」といっている。また、斉明陵を作った天智が、海外派兵の敗退で国家予算が乏しく、墓づくりの労役を省略したことが『日本書紀』に書かれており、巨大で豪華な石槨と矛盾する、という理由もあげている。

 しかし、これは『続日本紀』699年条に、修造された旨の記載があるので簡単に退けられる。できの悪い官僚答弁だ。宮内庁が学術調査を拒むのは、神聖が侵される、霊所の静謐が保てないなどからきているのだろうが、本物の天皇の先祖の歯を(畏れ多くも)サンプル扱いされて平気なのだろうか。

 民主党政権は、日本の歴史と文化のレベル向上をはかるため、聖域扱いされている宮内庁の官僚主導を「良識のある」政治主導に変えてほしい。

  憲法 第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

関連記事「斉明天皇物語」へ

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-2ba5.html

|

« 「戦中・戦後」断片⑥ | トップページ | 防衛白書を撃破せよ »

歴史」カテゴリの記事

コメント

200歳の超高齢者が戸籍上生きていたことになっていたことに対して、当該の役所では『可笑しいとは思ったが前例が無いので』削除せずそのまま長年過ぎてとうとう200歳になったそうですが、
今回の宮内庁の役人も全く同じ発想ですね。
救いがたい無能ですが、まあしかしそのお蔭で考古学者が自由に発掘出来るのですから、何が幸いするか判らない。
今後の新しい発見が期待され、わくわくしますね。

投稿: 宗純 | 2010年9月10日 (金) 16時56分

宗純さま こんにちは

 戦後、憲法は大幅にかわったが皇室典範や慣習はほとんど前のままだったんですね。だから陵墓の取り扱いも天皇神格視当時の前例を踏襲。

 場所を比定した当時、8角形は天皇の墓という学説がまだなかったということなんですね。不明なら不明としておけばよかったのに。

 最大の古墳、仁徳陵も「違うんじゃないか」が定説になってきました。

投稿: ましま | 2010年9月10日 (金) 17時58分

斉明天皇は北九州で崩御しています。ですから飛鳥にある斉明天皇陵と言われる古墳は墓ではないので墓誌はないです。古墳という人工的な丘陵地には天孫降臨に近い意味があると思います。その起源はメソポタミアではないかと考えています。
20世紀の初頭に欧州列強による盗掘が盛んであったころ、クルド人の暮らしていた地域ではテペ(丘)と呼ばれる場所から青銅器や金の装飾がたくさん持ち去られました。またチグリス・ユーフラテスのデルタ地帯にあるジグラットと呼ばれる巨大ピラミッドの頂点には、神殿が築かれ神の降りてくる場所とされていました。

投稿: ていわ | 2010年9月10日 (金) 20時49分

ていわ さま
 たしかに福岡県朝倉の宮で崩御しており、現地には斉明の墓と称するものもあります。
 自著では、『日本書紀』の記述に従い、中大兄が遺骸を船に乗せ飛鳥に運び、飛鳥川原で9日間のモガリ(死骸に対する追悼儀礼)に従事したということにしました。
 途中、ある港に寄り中大兄がこんな歌を歌っています。
 君が目の恋しきからに泊てていて
   かくや恋むも君が目を欲(ほ)り
 気候がちょうど今頃。ドライアイスもなく、ここで火葬にしたのではないかと想像しました。
 バビロンの空中庭園なんていうのも、ロマンチックでいいですね。

投稿: ましま | 2010年9月10日 (金) 21時48分

あなたね、基本的なマナーを守りなさい。
新聞の紙面を掲載するならどこの新聞で何年何月何日って明示するのが基本。
話はそれから。
自分の著書はタイトル書くのに人の著作権は無視ですか。

投稿: 樋川真 | 2010年9月12日 (日) 10時22分

樋川真 さま
 新聞は9月10日付毎日新聞(東京)朝刊の1面です。報道の見出しが読める写真が著作権侵害なら謝りますが、相当難しい解釈。

判例でもあったら教えてください。また、他の部分ならどこがそうなのか教えてください。

投稿: ましま | 2010年9月12日 (日) 11時11分

だれが著作権侵害といいましたか。
マナーを守りなさいと私は申したんです。
新聞を転載する時はその最初のブログにどこの新聞の何年何月何日と書けば済むこと。
すぐ法的なことを持ち出して、人間としての敬意と尊敬の問題です。
全く話にならん。
話は法律の問題ではなく倫理観の問題です。

投稿: 樋川真 | 2010年9月12日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/36652461

この記事へのトラックバック一覧です: 斉明天皇陵:

» 奈良・牽牛子塚古墳 斉明天皇陵と“確定” [ローカルニュースの旅]
牽牛子塚古墳が、墳丘の周囲に帯状に敷かれた凝灰岩の切石の形状から「八角形墳」とわかり、天智、天武天皇の母である斉明天皇の陵墓と確定した。 [続きを読む]

受信: 2010年9月10日 (金) 19時29分

« 「戦中・戦後」断片⑥ | トップページ | 防衛白書を撃破せよ »