« ゴキブリの脳みそ | トップページ | 東京新名所 »

2010年9月20日 (月)

中国の不透明さ

 尖閣諸島での中国漁船と海上保安庁巡視船衝突事件発生以降、日中外交関係が一転、緊張状態が続いている。これに対して、日本国内の観察・論調は、「中国の国内事情」を重視するものと、「軍事力アップの誇示と覇権主義的外交攻勢」のふたつに大きく分かれる。

 もちろん「その両方」という意見もあっていいが、「なんとなく」といったあいまいな事情にしては、動きが急すぎる。前原外相は「偶発的事故」として冷静な対応をしていく方針を示している。日本の権益の主張とともに、当然であろう。

 その、偶発的の意味は、就任前に現地視察をしていた知見があり、漁船の体当たりが当初から計画されていたものではないということと、ビデオなどの客観的証拠が揃っていて十分説明がつく、という自信のようにも思える。

 一方、中国政府がわにあらかじめ強硬策が準備されていたかということになると、これは否定的にならざるを得ない。冒頭にふれた後者の意見の中に、最近ギクシャクしている日米間の離間をはかるためとか、アメリカの極東政策をけん制するというものがあるが、効果はむしろ逆ではないか。

 直近に予定されていた日中の外交日程をキャンセルしたり、訪日観光団の予定も中止されるなど、その激しさは異常ともいえる。ちなみに、旅行会社は日本と違って国営のものが多く、国家そのものの意向と見てもいい。

 また、反日デモなどの抗議活動も、群衆より警官や取材カメラの方が多いような映像しかなく、数百人の活動家が参加するだけで、5年前の学生や一般を巻き込んだ様子とは違っている。むしろ、当局の再発防止の懸命な努力が功を奏しているようだ。

 緊張を高めることで中国の国益に何のプラスがあるのだろえか。そして、大使を深夜に呼び出すなどヒステリックな対日外交姿勢はどこから来るのだろう。こうした矛盾を露呈するのは、内部要因があるとしか考えられないのだ。それがさっぱり見えてこないのが西欧諸国などと異なる点である。

 たしかに、国の権力機構など法的組織は明らかにされている。胡錦濤という最高権力者はいる。しかし、中国はひとりで統治するには、あまりにも広すぎる。国の方針は国家が決めるのではなく「党」が決めるのである。

 日本では、党に小沢幹事長がいて、権力の二重構造とか「闇将軍」などと言われた。しかし、地方で権力を握るの党組織の規模といい、軍事委員会の配下にある人民解放軍などの存在もあって、日本の政治組織や人をそのまま当てはめても意味をなさない。

 中国は外交にしろ軍事にしろ、やや改善はみられるものの、今だに透明度は発展途上国以下である。ただ、国境紛争については日本以上に場数をつんでいる。相手として大はソ連から小はベトナムまであるが、大部分は交渉で決着をつけている。

 いえることは、この問題をアメリカだのみで解決できると思っている人がいることだ゜。アメリカは帰属問題に介入しない方針になっている。対中外交には、硬軟交えたこれまでと違った清新な対応が必要で、アメリカが主、中国を従とするような2段外交では解決できないだろう。

|

« ゴキブリの脳みそ | トップページ | 東京新名所 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

このニュースの真贋ですが果たしてどうでしょうか。?
2年前にも良く似たニュースがあり、この時はTBした記事にある様に台湾船でしたが『戦争行為も辞せず』と台湾は大騒動で今回の中国など比べられない程に強硬でしたよ。
それと、何故日本側海上保安庁の言い分が全部正しいと信じれるかが疑わしいのですよ。
2年前の事例では最初、全くの出鱈目を海上保安庁側が主張していたのですが記録されていたレーダーや航行記憶装置から嘘がばれて仕舞い日本が大恥をかいて謝罪に追い込まれています。
尖閣諸島のような辺境地域ではなく日本のど真ん中の瀬戸内海のそれも外部の司法修習生の見ている眼前での事故でも記録を隠蔽して第五管区本部長が引責辞任になったのは極最近です。
みんなが見ていて絶対に隠せないことでも平気で隠すのですから悪質で信用ならない。
ですから報道のように中国側が100%悪い可能性もあるが、その逆に日本側の海上保安庁がとんでもなく悪い可能性も捨てきれないのです。

投稿: 宗純 | 2010年9月20日 (月) 16時46分

TB&コメントありがとうございました。

問題は領海争いで、中国側も衝突事故の真偽より、日本の国内法適用を問題にしているようです。

前原氏も、海上保安庁所管大臣時代の視察をもとに発言しているので、虚偽の報告をうのみにした場合、大臣の首も飛びます。推論はすこし早いようです。

日本側の陰謀論もあり得ますが、今のところ持ち出すにはやや材料不足でしょう。

投稿: ましま | 2010年9月20日 (月) 18時08分

日本の報道では関係閣僚などに限って、この海上保安庁のビデオを公開しているのですが即刻返還でダビング禁止なのですよ。
海上保安庁は、えらくビデオの扱いに神経を使っているのですが、何故、自信があるなら公開しないの大きな疑問です。
報道によると閣僚からは船長が否認している現状では起訴は難しいとの意見の様で、このビデオが証拠として極めて曖昧なのです。
先ほどのニュースでは厚生省局長村木被告を有罪にする目的で主任検事が押収したフロッピーデスクを改竄していた事実が発覚していますが、『権力は腐敗する絶対権力は絶対腐敗する』の見本のような話ですね。

投稿: 宗純 | 2010年9月21日 (火) 16時01分

宗純さま
くわしい情報ありがとうございました。
ビデオとかレーダーの記録というのは当然あるでしょうが、取り扱いに慎重になるのは当然です。

真相は真相、落としどころは落としどころ、外交にはつきものですが、話し合いがなされなければ進展がありません。

 仲介者も出てきそうもないので、相当時間がかかるでしょうね。菅内閣、前原外交にとって試金石です。やはり、鳩山内閣以来の外交の停滞・混乱が影響しています。

 しかしビデオそのものは中国側にとって無意味でしょう。

投稿: ましま | 2010年9月21日 (火) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/36834794

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の不透明さ:

» 台湾遊漁船沈没事故(東シナ海、天気晴朗なれど波高し) [逝きし世の面影]
台湾の首相が、『最後の手段として戦争もありうる』というような事を言った件で、『領海侵犯即撃沈』などと、一時右翼ブログが大喜びしている。 この事件に対するマスコミの対応は、日中戦争中に、関東軍が取った、謀略と一脈通ずるところがある。 事件を検証してみよう。 6月10日尖閣諸島・魚釣島から南南東約9キロの日本領海内で警備に当たっていた巡視船「こしき」(966トン・乗組員32人)と台湾の遊漁船「聯合號(レンゴウゴウ)」(16人乗り)が衝突し遊漁船が沈没。 巡視船は領海内に侵入した船を追跡。ジグザグに航... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 16時18分

» 遊漁船沈没。何時の間にか日本国が [逝きし世の面影]
『私達が、知らない違う国になっている』 この事件は日本では小さくしか報道されていませんが、物凄く怖い話かもしれません。 小さな国の指導者がトンデモナイ大きな事を言う事は、よくある話です。 台湾の首相の『最後の手段として』発言は国民世論を意識したウケ狙いの発言で重視するべきでは有りません。 其れより事件そのものに注意するべきです。 今までの日本の海上保安庁ではありえない事件です。 以前の日本なら、一番強硬な方針でも、領海侵犯の船舶に退去を勧告し、指示に従がって領海外に出た船には、それ... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 16時23分

« ゴキブリの脳みそ | トップページ | 東京新名所 »