« 前原誠司外務大臣! | トップページ | 中国の不透明さ »

2010年9月18日 (土)

ゴキブリの脳みそ

  「ゴキブリの脳から夢の抗生物質!?」と報じたのは9/17付毎日新聞夕刊である。
 それによると、英ノッティンガム大の研究チームが、ゴキブリやバッタの脳組織に、新たな抗生物質の候補を見つけたのだそうだ。

 それで耐性菌となったMRSAや病原性大腸菌への効果を調べたら、その組織で90%以上を死滅させることができたたという。同チームのコメントは「清潔でないところにすむ昆虫が、多様な細菌から身を守る力を持っているのは当然だ」というもの。

 思わず「本当かいな!」といってしまいそうである。「ゴキブリを5、6匹つかまえて羽や足をもぎ、よく乾燥させたものをすり潰して煎じる。それを朝晩欠かさず服用」なら漢方薬風になるが……。

 嫌われ者の代名詞ゴキブリが人類の救世主になりかねない、とんでもないご時世になったものだ。同じ昆虫の臓器ですぐ思い出したのが「ノミの心臓」である。これは「小心者」つまり臆病な人に使うもののたとえだ。

 自民党の大派閥の長だった人によく使われていたが、そのうち、与党のどなたさんかにもつけられそうな気配がしてきた。研究チームには、次に大胆に政策を推し進めるようになる「政治家につける薬」を開発してもらいたい。flair

|

« 前原誠司外務大臣! | トップページ | 中国の不透明さ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ノミの心臓といえば「豪腕」も「鬼軍曹」も不利なことがおきると逃げてしまうゴキブリ政治家です。ムネオ議員のように逃げない政治家を評価するような環境になってほしいものです。

投稿: ていわ | 2010年9月18日 (土) 11時15分

最近の薄汚い害虫は検察・警察です。中には立派な検事・警官もいるでしょうが、村木局長事件、爪はがし事件、その他出世目的の冤罪製造機。

自浄措置がとれないようなら、法務大臣が大ナタを振るうべきです。国民を守るかわりに食い物にしているからです。このままでは5流国家転落。

投稿: ましま | 2010年9月18日 (土) 12時43分

ゴキブリと菅直人、あるいは菅の閣僚とゴキブリ比較したら、
ゴキブリが可哀想だとは思いませんか?
ゴキブリは生きるためにくうが、馬鹿菅、アホ嫁は食うために生きる?
菅直人とゴキブリ比較したら、ゴキブリ、可哀想だわな…

官の事故後、仙谷、前原が総理大臣だって…
日本人もなめられたもんだ…

小泉ーブッシュ、

時代の進化と闇の深化
仙谷、渡辺だけは、死刑だな、俺は死刑制度反対やけど、仙谷、前原だけは、死刑・

投稿: みやもと | 2010年9月18日 (土) 22時04分

ゴキブリを政治家になぞらえようとしたけど、やめました。
役に立つこともあるというから。
ただし新薬ができるかどうかは、もっとズート先でないとわからず、立ち消えになってしまう可能性もあります。

投稿: ましま | 2010年9月19日 (日) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/36802372

この記事へのトラックバック一覧です: ゴキブリの脳みそ:

» 民主党代表(首相)選挙とネット [逝きし世の面影]
『小沢バッシングの反動?』 菅対小沢の選択とは、救いがたい無能対金に汚い悪党の究極の選択なのだと言い続けていた身には、一部を除く多くの護憲左派の小沢待望論の凄まじさ熱っぽさがどうしても理解できない。 小沢一郎を何か『救世主』でもあるかのように扱う様は異様である。 私の知っている現実のリアル世界の小沢一郎以外の、まったく別の理想のもう一人の『小沢一郎』がいるのでしょうね。 菅が情け無いのは誰にでも判るが、だからと言ってその反対であるからと『小沢が正しい』とはならないのですよ。 何処にも該当... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 09時16分

« 前原誠司外務大臣! | トップページ | 中国の不透明さ »