« 秋の気配 | トップページ | 期待外れの両候補 »

2010年8月31日 (火)

「戦中・戦後」断片④

壺井栄『二十四の瞳』編

 「なにをしょげているんだよ。これからこそ子どもは子どもらしく勉強できるんじゃないか、さ、ごはんにしよ」
 だが、いつもなら大さわぎの食事を見向きもせずに大吉はいったのだ。
「お母さん、戦争、負けたんで。ラジオ聞かなんだん?」
 彼は声まで悲壮にくもらしていった。

「聞いたよ。でも、とにかく戦争がすんでよかったじゃないの。」
「まけても?」
「うん、まけても。もうこれからは戦死する人はいないもの。生きている人はもどってくる。」

「一億玉砕でなかった!」
「そう。なかって、よかったな。」
「お母さん、泣かんの、まけても?」
「うん」

「お母さんはうれしいん?」
 なじるようにいった。
「バカいわんと!大吉はどうなんじゃい。うちのお父さんは戦死したんじゃないか。もうもどってこんのよ、大吉。」

 そのはげしい声にとびあがり、はじめて気がついたようにまともに母を見つめた。 

|

« 秋の気配 | トップページ | 期待外れの両候補 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/36461094

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦中・戦後」断片④:

» 一神教的世界観と共産党 [逝きし世の面影]
よく指摘される共産党のマイナスイメージの中でカルト宗教と共通していそうな要素を箇条書きしてみるとどうでしょう。 ・独善的、独尊的 ・閉鎖的 ・排他的 ・不寛容 ・狂信的 ・教条主義 ・画一的(多様性がない、*一括回答する) (*市民運動をやってる人なんかは体験している人が多いと思いますが、全議員に何かのアンケート調査を求めたりすると、共産党だけなぜか一括回答してくる。国政だけでなく地方議会議員相手でもそう。公明党でもそんなことはしない。) といったところでしょうかね。それぞれ別個に存在しているよ... [続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 15時54分

« 秋の気配 | トップページ | 期待外れの両候補 »