« 最大の抑止力、憲法9条 | トップページ | 戦時不穏歌謡 »

2010年7月 1日 (木)

スパイ捕まる

 サッカー・ワールドカップ敗退の南ア発ニュースに隠れているが、アメリカでは、ロシアのスパイ10人がつかまったニュースが大きい。そのうちの女性の一人が、会員制交流サイトに自身の写真を掲載していた。上半身を半身にかまえ、流し目の媚態を示した美人で、アクセスが殺到しているそうだ。

 当局によると、スパイ戦術は、見えないインク、暗号などを駆使、情報は駅などですれ違いざまにバッグを交換するなど「ハリウッド映画ばり」の古典的なもので、米国にとって被害といえるほどの中味はない模様である。いうなれば、趣味の良くないスパイごっこだ。

 ロシアでは、メドベージェフ大統領がホワイトハウスでオバマ米大統領と会談の直後にこの件が発表されたことから、「米・ロ接近を喜ばない筋による意図的な妨害行為」という、これまた謀略戦をにおわす発言が続いている。

 やや旧聞だが、イスラエルの諜報機関が外国で、ガザのハマス幹部を暗殺したことについて、各国からごうごうたる非難を浴びせられたという事件があった。北朝鮮の工作員もそうだが、冷戦時代はやったスパイ活動はすでに時代遅れで、アメリカもイラクで開戦のきっかけを作ったニセ情報をつかまされるなど、得られる情報の質の低さは、信じられないほどだ。

 いただいたコメントの中に、なだいなださんの知人の英国人の話、というのを紹介したものがあった。それによると、韓国天安艦沈没について、「アメリカは事前に情報をつかめたはずだが、つかんでいないとすれば、情報機能が著しく低下しているか、あるいは知っていて同盟国・韓国に通報しなかった可能性もある。日本もアメリカ情報にだけ頼りにし、それを信じ込むのは大いに危険である」というものである。

 これは、沈没を北の仕業と決めた上での発言だが、もしそうでないとすれば、アメリカ、韓国ともに信じられないような失態があったことになり、韓国は後射撃事件で司令官以下を大量処分したが、いずれにしてもガバメントの機能低下に致命傷を与えるものになるだろう。

 処分といえば、最近アフガンの駐留米軍司令官が、飲んだ席での大統領周辺に対する批判がもとで更迭された。また2月頃だったが、日本でも中沢連隊長という人が、鳩山首相がオバマ大統領に言った「トラスト・ミー」と言う発言を批判するような訓辞をして同じ結果を招いた。

 いずれも、文民統制上厳格に処分するのは当然のことながら、ガバメントの低下と無関係とは言いがたい。だけど、普天間に関して、各大臣の言うことがバラバラ、首相もその都度発言を変化させ、ついに政権を投げだしてしまったことに比べれば些細なことになってしまう。

 日本のようにこうあけすけでは、スパイも活動して見ようがない。アメリカもあきれ果てて手をつけかねている。ガラス張りもいいが、国益をいたく損じたことだけは確かのようである。果たしてこれを誰がどう修復して政治を前向きなものに変えるか。まだ国民にはその姿が見えてこない。

 

|

« 最大の抑止力、憲法9条 | トップページ | 戦時不穏歌謡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ロシアスパイ事件ですが、アメリカによらず諜報機関とは情報を集めることが仕事で、分かった情報を発表するのは新聞社の仕事で役目が正反対です。
今回のように相手方のスパイ組織が見つかっても簡単には摘発はしないのですね。
今回の事件は政治的な何かの理由があったと解釈するべきでしょう。
スパイ組織が見つかったからと言って摘発したのでは全てが公になり、これでは折角の情報が台無しです。
『情報』に『力』が有るのは、その情報を情報機関が独占して秘密にしているから。
今回の様に摘発したのでは絶大な力を持つ『情報』が誰でもが知っている『報道』に変化してしまうのです。
ですから摘発せずじっとその情報を握っているのが本当の情報機関で、これが似ているようで警察などと大きく違うところです。
最良のスパイとは、二重スパイのことらしいですよ。
敵対している国家同士の情報機関でも密かに双方で情報の遣り取りを行うものなのです。
日経記者だった杉嶋岑氏は日本の内閣情報調査室や公安調査庁に頼まれて定期的に情報を提供していたのですが、
北朝鮮に捕まり2年以上も拘束されていますが、なんと北朝鮮側は杉嶋氏が公安調査庁に提供した写真とか情報を完璧に揃えて追求したのです。
何を公安調査庁に出したかは杉嶋氏本人と日本側情報機関しか知らないので、北朝鮮と日本の双方の情報機関の間に有益な情報を相互に提供しあるルートがあるのだと日本に帰国してから国会合弁で証言しています。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年7月 3日 (土) 17時15分

よくはわかりませんが、今度のロシアスパイは10年も泳がしていたらしいですよ。だから、ロシア側は「なんでわざわざこのタイミングで」という、捕まったことでなく、発表する時期に抗議をしているという、「ごっこ」のレベルのようです。

ロシア、イギリス、アメリカはスパイ先進国ですがなにか低レベルのような気がします。まあ、日本はお話になりませんけどね。

投稿: ましま | 2010年7月 3日 (土) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/35602072

この記事へのトラックバック一覧です: スパイ捕まる:

» 耐用年数がすぎた『日米安保』 [逝きし世の面影]
『日米同盟が抱えている根本矛盾』 世界の警察官を自称して他国に軍事介入する米国ですが、この『世界の警察官』はアメリカが自分で勝手に言っているだけである。事実であるかどうかは調べてみないと確かな事は何ともいえない。 そして、いま世界で起きている現実からは、『警察官』とは縁遠いアメリカの真実の姿が見えてくる。 現実の世界で一番破綻した悲惨な国家はソマリアで次にアフガニスタンやイラクが続く。 アメリカの近くでは、中南米で治安の悪い破綻寸前の悲惨な国家はコロンビアやハイチなのですが、これ等は破綻国家の... [続きを読む]

受信: 2010年7月 2日 (金) 10時02分

« 最大の抑止力、憲法9条 | トップページ | 戦時不穏歌謡 »