« 米国追随報道を自己批判? | トップページ | アメリカ人の性格 »

2010年7月28日 (水)

辻元議員離党に思う

 塾頭は、「支持政党なし」であるが、過去の投票行動では社会党を含め社民党が最も多かったし、某市議選で知人候補の選挙運動をしたこともある。ところが歯止めのかからない長期低落で、参院選では、とうとう5人が4人になってしまった。

 その原因については、いろいろと考える。同党の本部は、霞ヶ関から国会図書館を隔てた三宅坂という高級一等地にあり古風で堂々とした建物である。共産党は、代々木の古ぼけた映画館跡が本拠だったが、その後の建て替えや拡張ですっかり近代的になった。

 社民党を考えるとき、どうもその建物を思い出してしまう。社会党全盛期と変わらぬ風貌なのだ。大勢の書記さんが勤務していたが、社会党退潮により過剰人員となってしまった。労働者の党の手前、リストラもままならず、一時は議員も頭が上がらない強力な存在だったという。

 護憲・平和で孤高を保ってきたのはいいが、なぜここまで衰退したのか。福島党首からは、「頑張ります」しか聞こえてこない。普天間移転先について辺野古を書いた閣議決定に署名しなかったのは正しい。そして連立離脱も約束だからやむを得ない。それしか鳩山首相の変節をなじる手がなかったのだ。

 しかしそのあとがよくない。参院選までに政治的にどういう手をうってきたか、何もないのだ。社民党の伝統として組織決定優先はわかる。そのために、政治家としての手をしばられ、時期を失してしまうのでは、政治効果をねらっての党組織が逆の作用しかしなくなる。

 たまたま、7月12日に「社民党解党のすすめ」という記事を書いた。そこでは書かなかったが、他党議員との交際が目立ち、党要職から遠ざけられていた辻元さんや副党首・又市さんのことが頭に浮かんだ。けれど、辻元さんが先頭を切ってというところまでは考えていなかった。

 辻元さんは、HPで「現実との格闘から逃げずに国民のための仕事を一つずつ進めていきたいという思いが強くなりました」と離党の動機をあげている。マスコミでは、「副大臣という権力の味を知って――」などという非難の声も紹介しているが、辻元さんは自民党の加藤紘一さんなどとも親交があり、自社さとして与党議員も経験しているので、急にそうなったわけではない。

 さらに、「政策実現のためは、小さくとも党にいた方が無所属の個人よりいいのではないか」という意見があるが、これも違う。前述のエントリーでは、民主党になだれ込むようなことを書いたが、辻元さんなら、政界再編をにらみながら、当分フリーハンドでいた方が影響力を発揮できるし、またその方に期待をしてみたい。

 最後に、本塾で過去に辻元さんに触れた記事のひとつを再録しておこう。(「軍事オタク」09/12/1)

  「軍事オタク」といえば、自民党は石破茂、民主党・前原誠司とたちどころに名があがる。社民党では聞いたことがない。「護憲・自衛隊縮小だからいるわけがない」、「いたら除名にする」?。とんでもない、願ってもない宝物なのに。

 国民新党のように事業仕分け人は買って出る。米軍基地や思いやり予算にどんどんメスを入れる。自衛隊装備を聖域にする理由をただし、仕分けの対象にさせる。「専守防衛にこの装備は必要ですか」「どういう時に使うのですか」「なぜ最新式でなくてはいけないのですか」と突っ込む。

「ソーリ!、ソーリ!」の辻元清美などどうだろう。「軍事オタクになりたい」といえば、前原国交大臣の副大臣でもある、必ず協力してくれるはずだ。いや、おちょくっているわけではない。外務委員もやっているから、防衛に縁がないわけではない。本当にそう願っているのだ。

 それがないから、守屋元事務次官のような腐敗官僚がいつまでも跋扈する。また、「米軍基地がなくなると不安が残るので、ここの自衛隊予算は増額した方がいい」ぐらいのことだって言っていい。そうすれば安全保障に対する国民の知識・関心が高まり、社民党への信頼度・支持率のアップににもつながるだろう。

 亀井金融大臣を見てほしい。あれは「亀」でなく「スッポン」だ。念願のポストに食いついたからにはとことん離さない。宿願の郵政関係では、有無をいわせず社長の首を切り、政府株売却禁止の法案を出して突進する。

「普天間の県外移設でなければ、連立も見直します……」との差は歴然としている。 結果はわかっていそうなのに、政務の間をぬって平沼赳夫グループに接近し、ゆさぶりをかける。参院選後の政界再編をにらんでの陽動作戦だろう。政治的果実を手にするためには「毒くわば皿まで」の精神である。

 そこまで真似しろとまでは言わないが、スローガンだけでは、社民党の退潮に歯止めがかからない。民主党に埋もれた方がいいのか、共産党に埋もれた方がいいのか、無為無策のままでは、社民党の選ぶべき道が狭まる一方だ。

|

« 米国追随報道を自己批判? | トップページ | アメリカ人の性格 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

塾頭、ご無沙汰してます。

与野党関係なく、国会議員になると役人と仲良くなりたがるものです。役人もそこを利用して、選挙地盤の強い政治家には積極的に接近してきます。これで互いの利権政治は徐々に成立していきます。辻元議員の離党は、何年も政治家をしてきて結局は役人との距離に未練を感じたのでしょうね。何しろ、彼らは痒いところを心得ているし、人事異動もあるので非常に便利な関係ということになります。数年経てば新しいスタッフに入れ替わるのですから、政治家事務所に居座るベテラン秘書よりも、はるかに優秀ときたら自然に役人との距離が近くなるのは当然のことかも知れません。人材不足の政治家の皆さんには同情しますが、人材を集められないのなら辞めるのが政治家の道ではないでしょうか。

投稿: ていわ | 2010年7月28日 (水) 21時14分

ていわ さま

こんにちは。お元気ですか。

私の乏しい経験ですが、法律に強く、豊富なデータを持ち、公平公正なバランス感覚を持ちかつ頭の回転の速い官僚は是非友達に持つべきです。

とても、閣僚級を含む有象無象の政治家では歯が立ちません。またそういった政治家は簡単に丸め込まれ、官僚を使いこなせません。

したがって、政治家も優れたスタッフ(秘書・友人・同僚議員などを含む)に恵まれず、我が強いだけでは忽ち落ちこぼれます(卑近な例がありますね)。

辻元さんも、気心知れたスタッフに手伝ってもらうため政策秘書向けの政治資金を「ワークシェアリング」といって分けたら、詐欺罪で捕まってしまった。

彼女も、体力を武器に無所属で勝負するのは今しかないと思ったのでしょう。社民党の持つ古風な能力には見切りをつけたということです。

ただ、それが成功するかどうかは、彼女次第でしょう。毒くわば皿までの覚悟が必要ですね。  

投稿: ましま | 2010年7月29日 (木) 10時55分

辻元離党ですが感想としては『仕方がない』し『当然である』と思いますね。
いくら船(社民党)が沈みつつあっても、建前や面子や責任論で船長(党首)は逃げるわけにはいけない。
今回当選は1人ですよ。
次回3年後には間違いなく今の4人が一人当選の2人になる。
あるいは最悪日本新党と同じ当選ゼロなろ国会議席は1で沈没間違いなし。
選挙総括で福島党首が責任を取ってやめれば間違いなく辻元党首が一番確実な予想ですが、それなら沈没船の船長で、貧乏くじは誰でも嫌でこれを嫌った。
これは総選挙直前の枡添や与謝野の自民党総裁候補の新党騒ぎと動機はまったく同じです。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年7月30日 (金) 13時51分

逝きし世の面影 さま

桝添、与謝野との違いは比例区の選出でないことです。与謝野は選挙区から出た経験はありますが、もうこの先は無理でしょう。

桝添も知事選などで落選したことがありますが、自意識過剰で風だのみの人、草の根選挙はやはり鬼門です。辻元の場合、社民党の中に多い組織依存でもない。

福島党首のように比例に頼らないパワーが通用するところが強みです。社会民主主義の旗手になれれば大成功でしょう。

投稿: ましま | 2010年7月30日 (金) 16時37分

真島様

 初の書き込みで失礼致します。何気なく検索していたら、こちらのブログに辿りつきました。
 社民党も共産党も支持率は一桁と異常なまでに低めですが、これのそもそもの原因としては「女性には手厚い癖して、男性に対しては省みようとしない」という部分があるからではないでしょうか。彼らは公明党のやり方と似ている部分があり、フェミニズムを増長させたりしているところがあり、霞ヶ関官僚連中の間で女性偏重の傾向があったりするのも共産・社民・公明の三党が糸を引いているところが大きいのではないかと思えてなりません。いまや、男性が必ずしも強者であるとは限らない時代となっているにもかかわらず、女性を弱者と言う事で甘やかして男性に対して無慈悲となったりする風潮に、私とても憤怒を禁じえません。私が首相であれば、陸自を動員の上で、女尊男卑思想を持った輩など諸共に流血制裁食らわしてやるまでです。

 大体、霞ヶ関の官僚で、公平公正なるバランス感覚を持った頭の切れの良い人材が居るとは思えず、せいぜい世間知らずのド阿呆(がり勉で遊びを知らない輩などに、柔軟・適正なる行政業務をやれるとは思えない)か悪賢い輩ばかりであり、日本の行政を食い物にしているようなものではないかと…(これを放置してきた自民も、万死に値するものがある!!)。早い話、官界・政界にしても売国奴の比率が高すぎる…ということです。

 こんなことを申す私ですが、昔は共産党や社民党に対して一目置いていた時期がありました。これも、左派寄り思想の家庭で育った影響もありますが、今となっては単なるゴネ得金切り声を張り上げることしか能の無い甘ちゃん政党に成り下がったようなもので、特に、共産党については政権奪取への意気込みが全く見られない事から五年ほど前に見切りを付けました。


 最初の書き込みながらも、初っ端から生意気なことを申しました事をお詫び申し上げます(自分ですが、今年の10月で35を迎えます)。以上、御挨拶まで。

投稿: 白田川 一 | 2011年1月22日 (土) 22時23分

白田川 一 さま
 ようこそ。
フェミニズムというのは、いいと思いますよ。それと違う言葉で、ジェンダー・フリーというのがありますが、この言葉に象徴される、あらゆる男女差を無視しようという考えは嫌いです。男が男でなくなり女が女でなくなるような風潮です。

女性担当大臣などいうのがすでに差別ですよね。社民党は、土井たかこさんが委員長になり「山は動いた」といわれるほど多くの女性議員を当選させたことがありました。

その甘い思いが今も残っているのですね。辻本さんもその時代の人ですが、今の社民党に「どこか違おとるのやあらへん?」と思わせたのでしょう。

共産党は、地方議員の活躍が目立ち、国会では税金である政党交付金受領を拒否して、ときどきいい調査活動をしている。純粋培養の野党である点に、存在価値を認めます。

またおこしください。

投稿: ましま | 2011年1月23日 (日) 10時30分

真島様

 早めのレス、有難う御座います。
が、フェミニズムの暴走のために、男性層は要らぬ犠牲を強いられる事になっているようなものです。女子のゴネ得がまかり通ってばかりで、男性の言い分がほとんど省みられなくなっている今日では、「偽りの性平等」と言えるものがあり、女尊男卑にしても男尊女卑にしても、それを誘発させているというてんでは女子側にも過失責任があります。顔に関する損害補償でも女子にだけ手厚く男性への手当てがあまりにも低かったりと、男性だけに不遇という事例も少なくありません。

 フェミニズムが暴走して戦前にもあった婦人専用車を女性専用車と名を変えて復活させたりした層化公明勢力と女子人権団体を、私は断固として許す事ができません。痴漢される前に、己の身の回りを正すのが筋であるはずであり、自己責任を持つのが当然であるはずです。痴漢冤罪も見な、フェミニズムによる所為とも言えるものがあり、これも警察組織に女子警官がいることが大きいものがあるものと思うより無いでしょう。私が首相ならば、女子のうちで性犯罪虚偽告訴を仕出かした輩と創価公明系の女子、女子警官・女子検察官を諸共に「丸坊主と裸褌」の姿にして市中引き回しの上で刑務所送りにしてやるまでであり、女子偏重政党についても流血制裁を食らわせてやるまでです。


 貴方は、フェミニズムのために女子だけ庇護・厚遇されて男性には全く見向きされず棄民となってしまう時代で満足できるのでしょうか?それでもいいようであれば、私は貴方を「売国奴」と見なし、徹底的に罵倒するまでです!!!


 またしても、生意気なことを申しましたが、御容赦願いたく…。

投稿: 白田川 一 | 2011年1月24日 (月) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/35930497

この記事へのトラックバック一覧です: 辻元議員離党に思う:

» 辻本清美氏の離党はやはり大きい [飯大蔵の言いたい事]
 社民党からは何人か離党した。議員を辞めた人もいるし、民主党に鞍替えした人もいる。党勢が退潮する中、人も去ると単純には思えない。 [続きを読む]

受信: 2010年7月28日 (水) 20時48分

» 辻元氏 社民党離党 [王様の耳はロバの耳]
辻元氏離党 「看板」失った社民、党再建の糸口失う(朝日新聞) - goo ニュース [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 (木) 07時42分

» 辻元前国交副大臣、社民党離党を表明 [虎哲徒然日記]
社民党という政党が、いよいよ解体過程に入ったんではないかという ことを、示す動きだろうか。 社民党の辻元清美・前国土交通副大臣が、離党を表明した。 当面は無所属で活動する予定だという。 辻元氏といえば、凋落の一途をたどる社民党にあって、土井たか子じ....... [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 (木) 15時32分

» テサロニケ的党名変更問題、党名変更の必要性 [逝きし世の面影]
『党名変更の必要性』 共産党と言う党名が選挙で大きな負担に成っているのは共産党幹部の間では常識です。 1983年9月1日サハリン上空で旧ソ連による大韓航空機撃墜事件が発生し、事件直後の自民党の疑獄事件で解散した総選挙で与党は過半数割れするが、普通なら勝つはずの共産党は大敗北を喫しています。 その時、党幹部はソ連と日本の共産党を有権者が混同した為、敗北したのだとして、次回選挙から党名を変えると発表しています。 どう変えたと思いますか。? それまでの『共産党』では無く、『日本共産党』と変... [続きを読む]

受信: 2010年7月30日 (金) 10時33分

» 写真点描・札幌花物語 14 [つき指の読書日記by大月清司]
 こうして連続して「北大植物園」を紹介していて、うかつにも忘れていたことがありました。草花、木々にぼくも見とれていたわけでもないでしょうが。 このとき以来、札幌の街にご... [続きを読む]

受信: 2010年7月31日 (土) 18時41分

« 米国追随報道を自己批判? | トップページ | アメリカ人の性格 »