« ロシア極東大演習と沖縄 | トップページ | ポツダムに原爆碑 »

2010年7月 8日 (木)

天皇・マッカーサー・憲法

 昭和21年(1946)10月16日、天皇・マッカーサー第3回会見

天皇 今回憲法が成立し、民主的新日本建設の基礎が確立せられたことは、喜びにたえない所であります。この憲法成立にさいし貴将軍において一方ならぬご指導を与えられたことに感謝いたします。

元帥 陛下のお陰にて憲法は出来上がったのであります(微笑しながら)。陛下なくんば憲法も無かったでありましょう。

天皇 戦争放棄の大理想を掲げた新憲法に日本はどこまでも忠実でありましょう。しかし、世界の国際情勢を注視しますと、この理想よりはいまだに遠いようであります。その国際情勢の下に、戦争放棄を決意実現する日本を、危険にさらせることのないような世界の到来を、一日も早く見られるよう念願せずにおられません。

元帥 ……戦争はもはや不可能であります。戦争をなくするには、戦争を放棄する以外には方法はありませぬ。それを日本が実行されました。五十年後において(私は予言いたします)日本が道徳的に勇敢かつ賢明であったひとが立証されましょう。百年後に、日本は世界の道徳的指導者となったことが悟られるでしょう。世界も米国もいまだに日本にたいして復讐的気分が濃厚でありますから、この憲法もうくべき賞賛をうけないのでありますが、すべては歴史が証明するでありましょう。

天皇 巡幸は私の強く希望するものであることは、ご承知のとおりでありますが、憲法成立まではとくにひかえていたのでありますが、当分差しひかえたほうがいいというものもあります。貴将軍はどうお考えになりますか。

元帥 機会あるごとにお出かけになったほうがよろしいと存じます。回数は多いほどよいと存じます。日本を完全に破壊せんとするロシアや、豪州は、ご巡幸に反対しておりますが、米国も英国も、陛下が民衆の中に入られるのを歓迎いたしております。司令部にかんするかぎり、陛下は何事をもなしうる自由をもっておられるのであります。何事であれ、私にご用命願います。

 ――この最後の、誇り高きマッカーサーがいったという言葉“Plese Command Me”が、まことに印象的に響く

 以上サンケイ新聞が発掘したものとして、『昭和天皇独白録』文芸春秋、に所載。

|

« ロシア極東大演習と沖縄 | トップページ | ポツダムに原爆碑 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

核兵器ですが、間違いなしの残虐兵器の筆頭でしょう。
戦争ですが、プロイセンの戦略家の言葉にあるように『政治の延長』なので今でも原爆を政治的な意味で賛成するアメリカ人が大勢生まれる仕組みになっている
ところが幾ら戦争でも、勝ちさえすればルールを無視しても良いとは言えず、『残虐な兵器』の使用に一定の歯止めがあるのです。
禁止されている兵器で有名なのは毒ガスですが、一番最初に禁止された残虐兵器とは種子島に使われていたダムダム弾なのですね。
鋼鉄の皮膜がないままでは撃たれた兵士が運よく生き残っても体の中に鉛の破片が残り平和になって時間が経った後で重金属中毒で死亡する。
それで禁止された。
第一次世界大戦では双方が大量の毒ガス兵器を使用したので戦場での死者も多かったが、帰還兵の中毒者が大量に出て多くの死者が出たのです。
死に方が悲惨であるとか大量に殺したからではなく、戦争を終結して全てを清算した平和時に多くの人が戦争の後遺症で死んだ意味が大きい。
だから毒ガスは禁止された。
その意味でならダムダム弾よりも毒ガスよりも、最も残虐な兵器は核兵器となるでしょう。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年7月10日 (土) 10時34分

間違えて一つ後にコメント投稿したようで、失礼しました。

マッカーサー元帥の言った他動詞『コマンド』の意味ですが、辞書によると4番目に〈同情・尊敬などを〉集める, 起こさせる。もありましたが。
一番目に書いてあるのは、権力・権限のある者が正式に…を命令する。指揮する , 率いる。あるいは支配する, 抑える。となっていました。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年7月10日 (土) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/35684505

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇・マッカーサー・憲法:

» 大相撲名古屋場所の廃止 [逝きし世の面影]
『名古屋場所放送中止』  NHKの福地茂雄会長は賭博問題で11日に初日を迎える大相撲名古屋場所は、『ゼロベースで検討する』、『相撲協会側から、反社会的な行動についてどのような再発防止が発表されるかを聞いて、結論を出したい』と話していたが、生中継を行わず、ダイジェスト版を放送すると発表。 NHKの大相撲本場所の中継はラジオで昭和3年、テレビでは28年から行われてきたが、生放送を見送るケースは極めて異例。 『ヤクザ組織と相撲協会の構造的癒着』 興行は江戸時代から営々として行われている。それにヤク... [続きを読む]

受信: 2010年7月 9日 (金) 09時01分

« ロシア極東大演習と沖縄 | トップページ | ポツダムに原爆碑 »