« 天安艦沈没は迷宮入りか | トップページ | 菅総理の及び腰 »

2010年6月12日 (土)

『経済学教科書』

2010_06120028  そのうち「値」がつくかも知れない。

 

 

  いまや、ソ同盟の人びとは共産主義の実現にむかってすすんでおり、アジアとヨーロッパの人民民主主義国家では社会主義が成功のうちに建設されている。また資本主義諸国と植民地・従属国の勤労者の平和と民主主義と社会主義のための闘争は、過去のどの時代にもまして高まっている。これらのことは、マルクス・レーニン主義経済学の正しさをはっきり確証するものにほかならない。(1955年2月『経済学教科書』訳者のことば、より)

|

« 天安艦沈没は迷宮入りか | トップページ | 菅総理の及び腰 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/35225512

この記事へのトラックバック一覧です: 『経済学教科書』:

« 天安艦沈没は迷宮入りか | トップページ | 菅総理の及び腰 »