« 大東亜戦争の遠因 | トップページ | ここまで変われる「大転換」 »

2010年6月23日 (水)

谷垣に劣る菅・安保感

 頭の中味は空っぽで蹴飛ばすと大きな音を立ててどこえでも飛んでいく……、「空きかん」とは、イラ菅に変えて官僚がつけたあだ名だそうだ。官僚バッシングには批判的な小塾ではあるが、このところの新内閣主導の官僚復権の動きにはあきれかえっている。

 官僚が菅総理を与しやすしとみて、主導権を奪い返したとはとても思いたくない。また菅氏がそんなナメられた存在であってほしくはない。しかし、昨日行われた9党首討論会では、安全保障について鳩山前首相の「学べば学ぶにつけ」発言や、旧自民党政権と同じかそれ以下の発言しか聞けなかった。これも官僚主導だろうか。

 今日は沖縄慰霊の日である。菅首相が訪問するが、今後も君子豹変する可能性は甚だ薄い。菅の安保感は、空き缶程度だと言われそうだ。党首討論では、すでに明らかにしている「日米合意」尊重が繰り返された。問題は米軍抑止力や日米同盟の位置づけでである。

 菅首相は、アジアの安定・日本の安全に関して、北朝鮮や中国の脅威をあげ、日・米・韓の3国の緊密な関係維持を再三強調した。それに対して同席した谷垣自民党総裁が「中国が脅威とならない方策を考えなくてはならないのではないか」という趣旨の発言をしたのが印象深かった。右傾化公約に傾きがちの自民党ではあるが、これは正論である。

 さらに、菅安保感の中に誰にでもわかるようなすりかえが2つある。最初は、他の各党の追求や記者からの質問に、菅氏のかつての安保や基地関係の発言からみて大きな方針転換ではないか、と言われたことに対し、「東西対立はなくなったが、9.11以来の中東・アジア情勢、北の核実験・韓国艦の撃沈事件、中国の軍事費増大など、最近は緊張が高まった」とし、抑止力の重要性を説いた。

 しかし、菅氏の言説が変わったのはそんな以前からのことではなく、逆に普天間の辺野古移設を固めた時点では、韓国天安艦はまだ沈没などしていなかった。こんな論理の甘さしかないようなら、予算委員会などはとても持たなかっただろう。

 もうひとつは、海兵隊の抑止力である。そもそも沖縄になぐりこみ部隊である海兵隊を置いておく意味を問われたことから議論は始まってる。それを、「一部隊がどうのという問題ではなく、米軍の他の部隊を含めた全体で抑止力が構成されている」「最近のアジア情勢などから見て抑止力は非常に重要で、東南アジアなども日米同盟に期待している」「したがって、普天間の移転先は辺野古しかない」、こういうのを三段論法といい、問題のすりかえ以外のなにものでもない。

 そのようなあやふやな論理で、沖縄県民に「基地を一つ減らすが海を埋め立ててでももう一つ増設するから我慢しろ」とでもいうのだろうか。「アメリカのいいなり」にむしろ箔をつけた格好だ。そもそも、抑止力論そして菅首相のいう「バランス・オブ・パワー」論など、最近は世界的に見て時代遅れになってきていると思うが、それはまた稿を改めたい。

|

« 大東亜戦争の遠因 | トップページ | ここまで変われる「大転換」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本だけは『冷戦は20年前に終わった』事が理解出来ない人が大勢いて、今でも冷戦思考を行っている。
『出来上がっている制度を守るのが仕事』の官僚に聞けば、聞くまでも無く答えは『冷戦思考』であることは最初から分かっている。
絶対に終わらない筈の『冷戦』ですが、考えてみれば実によく出来た上手い制度だった
何しろ経済的には大きな格差があったが軍事的には拮抗した米ソ二大超大国が並び立っていたのです。
ところが今では軍事的に米国に面と向かって歯向かえる国は一つもない。
差がありすぎるのです。
ところが『冷戦終結』では、自分が『お役ごめん』で仕分け対象になるので今までの日本の自衛隊や軍事産業には都合が悪いので『ソ連』の後釜に北朝鮮や中国に押し付けようとしている。
しかし北朝鮮では小さすぎて幾らなんでも無理ですよ。
日本の外務官僚や一部保守勢力たちは、何とかして大きな中国を敵視して擬似冷戦構造を作りたいらしいのだが、中国には意思も無ければ力もない。
近頃やっと有人宇宙飛行に成功したので半世紀前のガガーリンの時代の旧ソ連程度。
とんでもなく金をかけた超最新兵器で武装した日本が脅威に感じるなどとは、論理に飛躍があり無理があるでしょう。
日本の製造業の多くが中国に進出して今では経済的に不可分である両国が、お互いが完全に別々の経済圏を作っていた冷戦時代の米ソのような関係でない事ぐらい分かりそうな話なのです。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年6月23日 (水) 14時13分

逝きし世の面影 さま
日本が自衛力を高めたければ、領海(空)防衛用のハイテク兵器で専守防衛を充実すること。

しかし、アメリカは最新のステルス戦闘機などは日本に売りたがらない。アメリカが同盟国にやってもらいたいのは、米兵のかわりに血をながしてくれる陸戦隊です。

海兵隊の抑止力をあまり高く評価すると、「じやあ自衛隊でやってください。訓練は割安で引き受けますよ」となる。

投稿: ましま | 2010年6月23日 (水) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/35434514

この記事へのトラックバック一覧です: 谷垣に劣る菅・安保感:

» 沖縄慰霊の日:首相、「全国民を代表しおわび」 痛み今も [自分なりの判断のご紹介]
毎年、毎年6月23日は 来るんですよね。 今日は「沖縄慰霊の日」 ですけれども、今年は より一層意識してしまい ます。 沖縄慰霊の日:首相、「全国民を代表しおわび」 痛み今も 沖縄は23日、沖縄の 全戦没者の霊を慰める... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 15時32分

» 米下院が沖縄に「感謝」決議可決 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
6月26日の毎日朝刊に表題の記事があった。   米下院は、沖縄県を始めとする在日米軍基地周辺の住民に対し、駐留受け入れに謝意を示す決議を賛成多数で可決し、上院も同趣旨の決議を採択する見通しという。   「日本における米軍の強固な前方展開は日本防衛やアジア太平洋地域の平和と安定の維持に必要な能力を提供している」ことに感謝し、次の50年に向け日本に同盟強化を求め、人権や環境問題などへの積極的な関与を継続するよう促しているそうである。 60余年も占領し、年次要望書を突きつけてきて何が感謝か、と言いたい。... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 17時04分

« 大東亜戦争の遠因 | トップページ | ここまで変われる「大転換」 »