« あとは内閣総辞職だけ | トップページ | 言霊のさきはふ国 »

2010年5月 5日 (水)

グアムより沖縄がいいわけ

元沖縄県知事大田昌秀氏談
「60年代後半、米軍には、キャンプシュワブに巨大基地を造る構想があった。米国の財政上の問題で放置されたが、今回は日本の金で造る。米国が『シュワブ移転が最善』とこだわるのは当然」(5/5毎日)

駐留米軍負担金(02年現在)
・同盟27カ国合計  83億9700万㌦(100%)
 うち日本の負担額 44億1100万㌦(52.5)
   ドイツ    15億6400万㌦(18.6)
   韓国     8億4300万㌦(10.0)
   イタリア   3億6700万㌦(4.7)
   英国     2億3800万㌦(2.8)
・米兵1人あたり負担額
 在日米軍      10万6000㌦    
 その他の国おおむね 2万㌦程度
(米国防省「共同防衛に対する同盟国の貢献度報告-2004年」by日本共産党)

塾頭注:アフガンへの出撃基地のあるウズベキスタンは、逆に2300万㌦の基地使用料をアメリカから徴収、増額要求に応じないということで撤退を要求しました。キルギスでも同様なことが起きています。日本の基地は本国に置くより安上がりで、基地や兵器のメンテナンスにたずさわる日本人従業員の質が高く不安がすくない。またインフラ整備が進んでおり治安も良いので、家族が生活するには最高の環境にあると言われています。

|

« あとは内閣総辞職だけ | トップページ | 言霊のさきはふ国 »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/34541046

この記事へのトラックバック一覧です: グアムより沖縄がいいわけ:

» ★続、普天間移設政府案の荒唐無稽! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
画像はクリックで拡大します。★続、普天間移設政府案の荒唐無稽!鳩山政権が命運を賭 [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 01時32分

» アメリカ基地帝国に、どう対処すべきか 駐留軍受け入れ国に対する控えめな私案 [マスコミに載らない海外記事]
チャルマーズ・ジョンソン 2009年7月3日 TomDispatch アメリカ基地帝国は、年間1020億ドル、既に世界で最も金のかかる軍事事業であるにもかかわらず、更に高価になろうとしている。まず手始めとして、5月27日、国務省が、新大使館を、パキスタンのイスラマバードに建設する予定であるということを知った。経費は、も... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 21時23分

« あとは内閣総辞職だけ | トップページ | 言霊のさきはふ国 »