« 言霊のさきはふ国 | トップページ | ゴーヤの日 »

2010年5月 7日 (金)

澎湃と起きる首相辞任論

 5月に入って当塾が掲げた沖縄基地問題関連の記事は次の通りだ。
1日 普天間、退路は断たれた
4日 あとは内閣総辞職だけ
 これは、後日一部を修正した部分があるが、首相訪縄当日の発言からだ。
5日 グアムより沖縄がいいわけ
6日 言霊のさきはふ国

 そしてこの記事になるが、実は首相の沖縄における発言をとらえたその日に「首相退陣論」を書いた。しかしマスメディアやネットでもあまりそういう主張が見られず、すこし早まったかな、と思いながら書いたのが昨日の記事だ。

 沖縄の県紙は別として、昨日あたりから中央紙にもちらほらし始めたようだが、掲載に時間を要する雑誌の反応の方が厳しい。創価学会系の月刊誌『潮』=「絶体絶命の」鳩山政権、『週刊現代』=まもなく退陣表明・かくて鳩山政権は終わった、とある。

 以上は、新聞広告に載ったタイトルだけで中味を読んだわけではない。いずれも与党に好意的な感触があった雑誌だ。産経など自民を代弁する紙誌は、きっと鳩山・小沢退陣に反対するのではないか。選挙を考えると攻める手に困るだろう。その中で今すぐ見れるダイヤモンド・オンラインが圧巻だ。

 鳩山首相と平野長官に「退場」を求めるジャーナリスト・上杉隆、
http://diamond.jp/articles/-/8044?page=3
 同じく、マッチ・ポンプ流で信用を失ったとする田中秀征、
http://diamond.jp/articles/-/8057

 それに絶対見逃せないのが、元CIA顧問の大物政治学者チャルマーズ・ジョンソン 日本政策研究所(JPRI)所長へのインタビュー記事・「米軍に普天間基地の代替施設は必要ない!日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ」である。
http://diamond.jp/articles/-/8060

 首相の「学べば学ぶにつけ」の虚構を見事にくつがえす内容だ。「どうです、首相!。もっと学んでみますか。あなたの放った『言霊』は、もう戻ってこれないところへ行ってしまったのです」。

|

« 言霊のさきはふ国 | トップページ | ゴーヤの日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/34567809

この記事へのトラックバック一覧です: 澎湃と起きる首相辞任論:

» フランス人の理屈っぽさはデカルト譲り。。。 / こんな国の大統領は大変だ [晴れのち曇り、時々パリ]
フランス人に関する、面白い記事にであった。 フランス・ロイター電5月6日によると。 市場調査専門会社も調査によると、93%以上のフランス人が「フランス人は良く文句を言う」と答えたそうです。 いやはや、<自他ともに認める>というやつですね。 考えてみると、フランスは<近代哲学>と<現代哲学>に、多いなる貢献をして来たのでした。 17世紀以降の哲学者達のリストはそうそうたる顔ぶれが並んでいる。 そして、デカルトから始まって、20世紀のサルトルやミッシェル・フーコーに至るまでの、殆どの<... [続きを読む]

受信: 2010年5月 8日 (土) 09時17分

« 言霊のさきはふ国 | トップページ | ゴーヤの日 »