« 再び「総理は辞任を」 | トップページ | 教訓を守れぬ首相 »

2010年5月24日 (月)

反戦塾乗・10/5/24

 朝の民放ワイドショウは、昨日の首相の沖縄訪問の映像を繰り返し背景を説明する。当塾は、いさぎよい首相の退陣しか打開の道がないと書いた。「怒」で抗議する市民、県知事・市長の固い表情、これまでの経緯・背景。どうみても支持率ダウン促進に一役買うだろう。国辱ものの首相の顔はもう見たくない。

2010_05240001  もう一つは明るい話題、塾頭ごひいきの魁皇関1000勝である。魁皇は、過去2回取り上げたことがある(リンクは下)ので、昨日の千秋楽の快挙も触れることにした。満身創痍といわれる故障をかばいながら次々と記録更新を続ける。もういつ引退してもおかしくない体だ。

http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/808-d24f.html
http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-2c6b.html

 本当は、今場所999勝で勝ち越せば上出来で、昨日の琴欧州戦に負けても、楽しみを来場所につなげるので無理せずともと思っていた。それが、怒濤のような声援に答え、今場所はじめて自分の型に持ち込んでの堂々たる勝利。もういうことはない。この方は退陣しないでよかった。

 首相は今日、北沢俊美防衛相らを呼び、自衛隊による(対北朝鮮)警戒監視活動に万全を期して情報収集を強化するよう指示した (共同→中央日報)。次の時事ドットコムニュースとテンポが合っている。

【ソウル時事】韓国の李明博大統領は24日、哨戒艦沈没事件について談話を出し、北朝鮮に対して「断固たる措置を取る」と強調し、国連安保理に提起する考えを示した。その上で韓国独自制裁として、北朝鮮船舶に韓国海域での海上通行を認めない考えを明らかにした。さらに、開城工業団地などを除く南北の貿易・交流の中断を表明した。

 大統領はこの中で、事件について「北朝鮮の奇襲攻撃で沈没した。韓国に対する軍事挑発だ」と言明。謝罪と関係者の処罰を要求した。また、「北朝鮮が韓国領土を再度侵犯したら、即刻自衛権を発動する」と警告した。(2010/05/24-10:55)

|

« 再び「総理は辞任を」 | トップページ | 教訓を守れぬ首相 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/34849819

この記事へのトラックバック一覧です: 反戦塾乗・10/5/24:

« 再び「総理は辞任を」 | トップページ | 教訓を守れぬ首相 »