« 言語明瞭意味不明 | トップページ | 党首討論の限界 »

2010年4月20日 (火)

全面グアム移転の奇策

 『サンデー毎日』5/2号が“小沢と鳩山が密かに動く―普天間「グアム全面移設」”を目玉記事に掲げた。実は、当塾4月13日の「ハードルを高める鳩山流」で、《あるいは?……》という感触ながらそれを匂わせる書き方をしていた。

 政府案として徳之島をちらつかせ、それが大きな反対運動に火をつけるようなことがあれば、他県での反対を理由に沖縄に押しつけることができなくなるということから、

 県外に打診が始まったら、その段階でもう後戻りできないのだ。鳩山内閣はこうしてまたハードルを高めてしまった。日本国中どこでも反対ということなら、あとはグァムしかない。鳩山作戦が未熟でつたないのか、また世界を欺く高等戦術(これもあり得る)なのか、それによって5月以降の内閣支持率と命運が決まってくる。

 というのがその内容だ。

 自ら期限を設け、民意尊重を繰り返しながらどんどんハードルを高め、閣内不一致の様相には「腹案がある」という奇妙な自信(サンデー毎日)を見せている不可解さは、「裏に何かあるのかな」と思わせるのに十分だ。また当塾は、アメリカが海兵隊のベースキャンプとしての居住環境(抑止力としてではない)や、日本国民の同意を最重視していることから、最終的にはグアム集約に有利な筋道を付けたいのが本音ではないか、という心証を抱いていた。

 特に、「日本国民の賛成が重要」というのは異様に聞こえる。日本国内のことは日本の為政者の責任だ。ご親切というかお節介な話ではないか。わずか3年前の1月27日、久間元防衛大臣が講演会で「アメリカに『あんまり偉そうにいってくれるな。日本のことは日本に任せてくれ』といっている」といったことがある。

 アメリカの高官は、イラク協力などで「憲法を変えろ」などのことを平気で言ってきた。普天間基地の移転に関して公有水面埋め立て許可権限が県知事にあるのをアメリカは「政府同士が決めたのだから、それでやったらいいじゃないか」と《偉そうに》言ったことを久間大臣はさしているのだ。

 それが「国民(県民)の意見重視」になぜ変わったのか。見方によっては反対運動が盛り上がった方がいいようにも聞こえないか。それにより、アメリカのタカ派政治家や日本国内の冷戦信奉与野党防衛族、利権マフィアなどの反対勢力を押さえ込むことができる。

 日米共にその過程を最も高く売りつけたいということだ。アメリカは移転費負担の全面肩代わり、基地維持費などで、鳩山内閣は参院選前の奇跡的支持率恢復だ。当塾は、これまで言外に匂わせたことがあるがここまで言い切ることはできなかった。

 当塾が言えば妄言で、サンデー毎日が言えば憶測になる。しかし当塾が書いた前述の「鳩山作戦が未熟でつたないのか、また世界を欺く高等戦術(これもあり得る)なのか」という設問については、残念ながら前者の方にかけるざるを得ない。鳩山氏に、国民を前にしてこんな芝居がかったことができるだろうか。大勢の人をだましたり、ひっかけたりするような人柄とはとても思えないのだ。

 なお、サンデー毎日は、日米による在日米軍再編実施のための「ロードマップ」で、海兵隊約8000人とその家族9000人のグアム移転を14年までに移す合意と、去年公表されたグアムを軍事拠点として整備する「グアム統合マスタープラン」を実行するための「環境影響評価案」をあげ、海兵隊とその周辺機能のグアム集約が可能としていること、そして関係先への取材と証言などを加えてこれらを補強している。 

|

« 言語明瞭意味不明 | トップページ | 党首討論の限界 »

安保」カテゴリの記事

コメント

鳩山さんは国民に時間を与えてくれましたね。
この記事を読んで、ひょっとしたら、オバマ・鳩山軍縮ラインがあるのではと勘ぐりました。オバマが軍縮を叫ぶことは出来ませんが、日本が米軍にグアムに出て行けとは言えるますからね。それから、オバマと鳩山は不仲のように見せるのもそのラインがあるからではないか。実は米軍の軍縮で利害が一致しているなんて、むふふふ、いやあ、これからが楽しみになってきましたね。

投稿: カーク | 2010年4月20日 (火) 19時30分

カーク さま
コメントありがとうございます。

これって、そう思わないとつじつまが合わないことが多すぎるんですよ。

しかし、オバマ、鳩山が世紀の名優になれるとは思えないんですがね。

サンデー毎日のサブタイトルには「メディアを騙し続ける平野のサル芝居」とありました。

もうひとりあげるなら、オバマ腹心の駐日アメリカ大使なんですがね。

投稿: ましま | 2010年4月20日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/34310879

この記事へのトラックバック一覧です: 全面グアム移転の奇策:

» 鳩山総理の鼎の軽重は? [Dendrodium]
徳之島で開かれた米軍基地移設反対を訴える集会で、シュプレヒコールを上げる島民たち=鹿児島県徳之島町で2010年4月18日午後0時4... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 09時06分

» この話を聞いて民主党を見放すのが国民の為か、見放さないのが国民の為か? [ 春 夏 秋 冬]
「マスコミに載らない海外記事」の普天間問題のボタンのかけ違いはここから始まった・もう沖縄は騙されないという記事に、オンデマンドの3・11の「マルゲキトーク・オンデマンド」でゲストの大田昌秀氏(元沖縄県知事)が、下記に引用したようなに思えることを話しておられると書いておられた。 (私のPCでは、何故か音声を最大にしても、このビデオの音声が聞き取れなかったので、聞いていないのだけれど・・・・・) (引用) 「基地は、グアムに行く!」という話が、宗主国の民主党政権と、属国の民主党政権の間で、できているので... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 09時09分

» 混迷する普天間基地移設問題 [ 春 夏 秋 冬]
普天間検討委、8日開催=政府案は複数の場合も−官房長官(時事通信) 沖縄知事「決まったと言われても反対する」 普天間移設(朝日新聞) 政府案が沖縄県内に複数になったのを受けて、テレビでもしきりに与党叩きが始まっている。 毎日放送の「ちちんぷいぷい」では、 「これでは(沖縄)県外と言っていたのに、約束違反になって沖縄の人が怒りますよ。」というようなコメントを、コメンテーターが口々に言っていた。 「これが鳩山総理の目的なのではないかな?」と私は希望的観測をしている。 こうやって、政府が沖縄の意思を... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 09時10分

» 『崩壊する自民党』止まらぬ離党、新党構想 [逝きし世の面影]
自民党:止まらぬ離党 野党転落後、小池正氏で国会議員11人目   自民党の小池正勝参院議員(58)=徳島選挙区=は19日、離党届を提出。 野党転落後、自民党に離党届を提出した国会議員は11人目。 うち8人が参院議員で、2人は与党から立候補予定。参院選に向け党のイメージダウンは必至だ。 小池氏は旧建設省出身で、徳島市長などを経て04年に初当選。 今回改選を迎えるが、自民党県連による候補者公募で公認を得ることができなかった。 公募で選ばれた新人女性もその後、立候補を辞退。19日になって新人男性の擁立を... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 09時10分

« 言語明瞭意味不明 | トップページ | 党首討論の限界 »