« 与謝野薫に祖母の訓え | トップページ | 沖縄は怒っている »

2010年4月 6日 (火)

与謝野烏、鷹に捕まる

 前回が「与謝野薫に祖母の訓え」であった。晶子おばあさまの訓えは、国民の希いに反し権力争いに明け暮れするみにくい烏になるな、という有難いお言葉だった。

 ところが、教えを破ってはぐれ烏になった孫の薫が、とうとう平沼鷹に捕まった。「えさ場(資金源)も多いし子分も多く立派な巣(東京事務所)もある。俺が大将だ……」で、与謝野新党はどこへ?。平沼はそれでも足らず、落ち目とはいえ現役都知事で仲間うちの慎太郎まで応援させた。

 与謝野烏、最後のふんばりどころとばかり、中曽根大勲位鷹に握手を求めに行った。慎太郎でもどうかと思うのに、ちょっと古すぎない?。あっ、それに大勲位は鷹じゃない、鶏、風見鶏というニワトリだったんだ。

♪烏の赤ちゃんなぜ泣くの
 コーケコッコのおばさんに
 赤いお帽子ほしいよ
 赤いお靴もほしいよと
 カーカー泣くのね

閑話休題

 さてこれからだが、平沼鷹、烏のように白いペンキを塗って鳩に見せかけようなどのことは決してしない。鷹は鷹、毅然とした姿でなくてはならない。これは結構なことだ。「きまぐれの日々」の古寺多見さんではないが「彼らが、平沼赳夫や城内実と組めば、極右政治家が結集した政党となって、わかりやすくて良い」ということになろう。

 新党で一定の議席を確保すれば、テレビ討論の場にも引っ張り出される。街宣車のようなことばかり言ってはいられない。そもそも極右というのは一匹狼が多く、ほとんどの場合、多数を集結するためにはファシズムとか宗教か必要になってくるものだ。

 つまり、アジテーターにはなれても討論には弱い。言論が正常に機能している限り、現在の2大政党再編を牛耳ったり、鷹派を大結集して一極を担う勢力にはならないだろう。仮に平沼色を濃くし、これまで与野党に混在していた右系の人がそこに集まるとすれば、むしろその不条理を攻撃しやすくなる。これは決してマイナスではない。そのために、各党は鷹の爪にかからないよう理念や国家観を、すくなくとも今以上に明確に掲げておく必要があるだろう。

|

« 与謝野薫に祖母の訓え | トップページ | 沖縄は怒っている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

新党といいながら園田博之前幹事長代理は、『自民党が主体』言っているので自民党と新党で民主党政権を挟み撃ちする腹積もりらしいが、それでは名前が違うだけで単なる第二(偽装)自民党。
余程今までの自民党の名前のままでは参議院選挙を戦いたくないらしいが、未だに党名も党の理念も決まらないまま。
理念は選挙目当てなので、そもそも存在し無いので考えるだけ無駄だが、
そこで、せめて党名でもと考えてみた。

予想では「ひらがな」の、しかも「みんなの党」のように「の」が入りそうです。

それにしても新党とは将来性のある『これから』の人々が集まるものですが、この新党の実態は後期高齢者の「老人クラブ」で、先が見えた『これまで』の人ばかりなので新党『これまでの党』がふさわしい。
それとの共同代表が何れも大病もちなので『新党・やみあげり』とか同病相哀れむ『癌と脳梗塞の党』かもしれませんね

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年4月 6日 (火) 15時06分

内緒ですけど・・・

実は、うちでも、新党「病み上がり」と言ってます。hospital

投稿: 金木犀 | 2010年4月 6日 (火) 16時07分

反戦塾推薦

晶子おばあさまにちなんで「新党・みだれがみ」。
格調高くいい名でしょう。
coldsweats01

投稿: ましま | 2010年4月 6日 (火) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/34102571

この記事へのトラックバック一覧です: 与謝野烏、鷹に捕まる:

» 【俗物新党】利権復活しか興味がない有象無象は綺麗さっぱり消滅した方が国家国民の為だ!【野合】 [ステイメンの雑記帖 ]
 2010年度に入ってまだ1週間も経過していないが 、利権という名の接着剤を喪った宦官ジミンの融解 は一向に留まるところを知らない!  先週3日に離党届を提出した「オリエント」与謝野に続き、5日昼には前幹事長代理の園田某も離党届を提出した。  そしてその他にも、   ・藤井孝男参院議員:67歳   ・中川義雄参院議員(故中川(酒)の叔父):72歳   ・鴻池祥肇参院議員 :69歳   ・中山成彬前衆院議員:66歳  という 錚々たる利権ジジイどもが群がってきた ようである!  さて、この 8日 10... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 16時32分

» 与謝野晶子の詩 [Dendrodium]
朝日新聞の天声人語に面白い詩が載っていた。 与謝野晶子の国会を詠んだ詩で  あわれ、此国の  怖るべく且つ醜き  議会の心理を知らずし... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 21時26分

« 与謝野薫に祖母の訓え | トップページ | 沖縄は怒っている »