« 全面グアム移転の奇策 | トップページ | 継体天皇 »

2010年4月21日 (水)

党首討論の限界

 21日の党首討論は、普天間移転問題や安保の問題にしぼられそうだと思って腰をすえて見ることにした。しかしいつものことながら幻滅に終わった。あの形式張った一問一答のスタイル、言葉の内容より殺し文句が先に来るのと時間のなさ、もっと工夫がなければ継続の意味がないように思える。

 それでも、鳩山にポイントをつけたい点が2つあった。それは普天間の危険除去とか辺野古沖の埋め立て云々ではなく、沖縄県民の負担軽減や日米安保の将来に筋道をつけるという長期的観点に立つという説明。それに、谷垣が追求しようとした、「海兵隊の抑止力」とか「地政学的」とかの個々の誘導尋問に乗らず、抑止力という言葉を使いながらも他の地区まで含めた陸海空一体化した総合的な戦力、つまり米軍再編の精神に似たような答弁でかわそうとした点である。

 もちろん議論は、全くかみ合うことなくすれ違いで、何を考えているのかよくわからないというのが本当のところである。ただ、鳩山の方が、自民党政権が長年維持させてきた膠着的安保理念より、よく言えばワイドで斬新な観点を示してきたということだろうか。

 本当を言えば、抑止力の対象となる仮想敵国はどこか、アメリカをどこまで信用できるのか、また何の目的で米軍がそこにいるのか、あるいはいなくてはならないのか、ということに踏み込まなければならない。

 これまで、軍事・外交に関することというので機密を理由に公開の議論が避けられてきたし、今でもそれは残っている。ましてや党首討論ではとても無理だろう。

 しかし、これからの国の基本的なあり方を検討しようという時期には、そういったタブーを一切はずして赤裸々の議論をしてみてもいいのではないか。それがない限り本当の国防や安全保証、つまり日米安保の新体制は望み得ないし、新憲法を検討するにも素材も生まれないということになるだろう。

|

« 全面グアム移転の奇策 | トップページ | 継体天皇 »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/34326712

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論の限界:

« 全面グアム移転の奇策 | トップページ | 継体天皇 »