« 古木 | トップページ | 私説・紀元節 »

2010年2月10日 (水)

説明責任は双方に

 小沢幹事長や石川議員に対して、まだ「説明責任」を果たしていないという自民党の主張に、マスコミが世論調査の数字をたてに同調して追求の手をゆるめようとはしない。記者会見ではだめだというのは、記者が無能なのか限界なのか、それとも納得のいく説明とは、検察の思惑にそった「悪の告白=自白?」なのだろうか。

 両氏は、証人喚問でも参考人でもなんでもいい。できれば証人喚問の方がいい。国会で堂々と証言したらいいではないか。これも両氏の権利行使である。もちろん、法的に守られている不解答の権利もある。検察のリークが疑われていること以外に、質問する側がどういって容疑を追求をするか興味津々である。

 その前に条件がある。検察関係者も喚問して証言してもらう。すでに『週刊朝日』上で、ジャーナリスト・上杉隆氏が明らかにした、容疑とは関係のない石川議員の女性秘書を、被疑者扱して検察庁に10時間監禁したという記事がある。

 全く自由をうばわれたまま、日が陰る頃になって秘書が2人の子を預けている保育園の迎えがあるからといって、夫に電話しようと思ってもそれもそれも許さないという専横ぶり。週刊誌には、まだまだ常識では考えられないひどい仕打ちが書いてある。

 女性や子供を人質にした拷問で、戦時中の特高でも聞いたことのない卑劣なやりかただ。もし本当なら、公僕であるべき公務員の仕業として決して許すことができない。何が正義の味方だと言いたくなる。『週刊朝日』にはファクスで「事実に反する」という当局の抗議文が来たというが、全くの虚報とはいいきれないだろう。

 不法取り調べということで、訴訟も起こせると思うが、まず国民のまえに納得のいく説明をする必要がある。検察もそんな疑念を残したままでは今後の権威にかかわることになるだろう。国民のため国家のため最善の道は、国会でそれを明らかにすることである。

 本来ならマスコミがその役割をはたすべきだが、上杉氏は、司法記者クラブを中心としたマスメディアは、検察と共犯関係にありその役割を期待できない、という考えだ。このまま、放置されれば、どうしても日本の暗い過去に思いを思い出さずにいられなくなる。本日目にした上杉氏の発言の冒頭部分を最後に引用する。

 日本は推定無罪の原則を持つ法治国家であるはずだ。

 だが、いまやそれは有名無実化している。実際は、検察官僚と司法記者クラブが横暴を奮う恐怖国家と化している。

 昨年3月に大久保秘書が逮捕されてからの10ヵ月間というもの、記者クラブメディアは検察からの情報ばかりに拠って、あたかも小沢幹事長が逮捕されるかのような報道を繰り返してきた。

 だが、結果は小沢幹事長の不起訴であった。当然に法的にはシロであるはずなのだが、それでも最強の権力集団である検察と排他的な記者クラブの複合体は諦めない。

 次に、国民からは道義的な責任を求める声が沸き起こっているとして、世論の後押しで小沢幹事長を辞任させようとしている。(ダイヤモンド・オンライン
 

|

« 古木 | トップページ | 私説・紀元節 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

説明責任に法的強制力はない。世論の強制力もない。
説明責任の意味も知らずに頭の悪い奴が「よくわからん」というのを説明が足りんと責任転嫁するアホウにつきあうアホウ。同じアホなら、無視してチョン。

投稿: 鎮目 | 2010年2月10日 (水) 19時41分

ましまさんのおっしゃるとおりです。大賛成です。出来たら、転載させてくださいませ。

投稿: カーク | 2010年2月10日 (水) 19時46分

カーク さま

 著作権があるので、引用というかたちでしたらご自由にお使い下さい。リンクならことわりなしでも結構です。どうぞよろしくお願いします。

投稿: ましま | 2010年2月11日 (木) 09時28分

ありがとうございます。引用させていただきます。

投稿: カーク | 2010年2月11日 (木) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/33320865

この記事へのトラックバック一覧です: 説明責任は双方に:

» 非常にアンバランスなマスメディア [雑感]
   今日、と言うか今朝の新聞には、石川議員の離党が既成事実のように書かれている。その 記事の中には申し訳程度に共通して書かれている事 がある。 _____________________________________________________________ 産経 =起訴内容については、「 意図的に虚偽の収支報告をしたことはない。水谷建設などから不正な金銭を受領したことも一切ない。そのような事実を隠すために、収支報告書の虚偽記載をしたこともない 」と述べ、捜査段階の供述を一転、故意の虚偽記... [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 16時53分

» 大相撲のドーピング疑惑 [逝きし世の面影]
『品格は単なる言いがかり』 十数億円も親から貰っていたのに相続税を払っていなかった(脱税していた)鳩山首相とか、政党を潰しては元々税金である政党助成金を何億円もネコババしていた小沢一郎とか、発言妨害にしかならない罵声を間断なく行う小学生並みの自民党議員とか、野党に転落したのに未だに与党癖か抜けず中学生並みの質問しか出来ない元政府与党幹部とか、今の日本国を代表する偉い人たちに『品格』が無いのに、外国から出稼ぎに来ている20代の若者に品格を求めるマスコミや相撲ファンには開いた口がふさがらない。 小錦... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 09時30分

» 『論文盗作』問題(6人への質問状) [関係性]
   第7弾=「論文盗作」問題に係わる          6人への質問状  今回の登場人物   ・「論文盗作」3人組       事件前所属        事件後所属 婁 小波     東京海洋大教授      東京海洋大教授 中原 尚知   近畿大・水産研究所・COE博士研究員                      東京海洋大准教授 本田 幸子   婁研究室の大学院生     水産系出版社   ・「背後の支配者」 O教授(近畿大)   ・「修士論文を審査し、    共著論文を准教授登用に許... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 10時34分

» 日本をダメにした九人の政治家考 [狸便乱亭ノート]
{/note/}{/pen/}本箱の隅に眠っていた「日本をダメにした九人の政治家」講談社という本をを引っ張り出して見た。パラパラっと頁をめくってみると、  小沢一郎の抜け目のないところ  社会党にも腹を切らねばならない人がいる  企業献金など欲しくない。  金の使い方が下手な梶山、上手な小沢  人の道にはずれることを平気でやる男  小沢一郎が表舞台に出られないわけ  ………  という風に、小沢一郎を激しく罵っている項目が目立つ。  改めて興味が湧いたので読み返してみた。  この本の奥付をみると、1... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 19時09分

« 古木 | トップページ | 私説・紀元節 »