« 米国防政策と新聞見出し | トップページ | 書生と秘書 »

2010年2月 4日 (木)

検察対小沢は

 今日は立春、四緑友引。こんなビッグニュースが集中する日はめったにない。わが家の給湯器の給水管凍結、午前中お湯使えず……、まあそんなことはどうでもいい。朝青龍引退届け、小沢幹事長不起訴、同元秘書3人起訴決定。

 ところが、夕刊のトップ記事は、戦時中治安維持法で拷問などを受け有罪の判決を受けた横浜事件だった。判決は実質無罪、遺族に刑事補償という68年ぶりの決着である。小沢の政治資金問題とは、背景も性格も全く異なる事件だし、それをなぞらえようという気は全くない。

 しかし、小沢が検察に向けて「私は闘います」と断固宣言した事件である。それだけに、この歴史的な司法の黒星確定の日が重なったことに、何の感慨もなかったといえばうそになるだろう。政権交代による権力の移行、政・官の桎梏に、マスコミが異様な反応を示した小沢の政治資金問題である。

 本塾は、石川衆院議員逮捕を見て、「血を見ずにはすまされない」というエントリーを上げた。つまり、勝負に出て行き着くところまで行くということであり、引き分けはないということである。まだ、最後の判定には至っていないが、今日の時点では検察の負けである。

 政治資金報告書にどう書いたか、あるいは書かなかったかというのは、重大な法令違反であることは間違いない。しかし、これが議員を逮捕したり、国会や選挙に重大な影響があっても、敢えて犯罪捜査を断行するというのは、よほどの悪質性と緊急性がなければならないことだ。

 それは、あっせん収賄に類する金銭授受があるとか、放置すればそういった犯罪が進行し繰り返される危険があるということであろう。今回の場合はその点の証明ができず、決定的な証拠もなかったということである。

 国会では、石川議員の起訴を受けて辞職勧告決議案が提出されるであろう。民主以外の、自公共など野党はもとより、社民または民主の中でも賛成せざるを得ない立場におかれる。仮にこれが議決されても、選挙民から付託された地位だということで、石川議員にはそれに従う法的な義務はない。

 仮に、石川議員が辞職すると不逮捕特権がなくなり、別件による再逮捕の憂き目を見るのはほぼ確実であろう。そんな辛い思いをするより世間を敵に回しても、しがみついていた方がいいはずだ。鈴木宗男議員もそうして耐え、まだ最終判決は出ていないがこの前の衆院選で当選を果たした。

 一方、小沢議員の方である。自身の秘書が罪の軽重はともかく3人も逮捕起訴され、各自その罪を認めている。任免者として責任がないとはいえないだろう。去年の党代表辞任の時と同じで、小沢がもっとも適当と見る時期を選んで幹事長を辞任するに違いない。

 これも不謹慎な連想だが、朝青龍の引退会見はさばさばした後腐れのない態度で、最後にいかにも彼らしい演出を見せた。いわゆる不祥事の度ごとにごうごうたる非難や処分を受けながら、最後を優勝で飾りファンに感謝しながら地位を去った。これは日本人好みの演出である。

 参院選勝利で政治生命の最後を飾りたい、小沢にそんな気分が働いても不思議ではない。この先も、政治とは数、政治とはカネが消え去ることはないだろう。しかし、これは古い自民のDNAである。これを取り去っても小沢の魅力は残る。民主党のため、日本のためにもうひと働きしてほしいものだ。

|

« 米国防政策と新聞見出し | トップページ | 書生と秘書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

石川議員の逮捕・起訴は残念です。小沢本丸を落とせない腹いせに、城下を焼き払って退却した検察は兵法を無視したので敗軍です。
イラクやアフガニスタンと同じ論理です。一つ違うのは、小沢・民主党陣営が「反撃せずに耐えた」こと、これで日本はしばらく混乱しないで行ける。そういった歴史になるといいのですが。

投稿: ていわ | 2010年2月 5日 (金) 11時02分

03年に民主党に小沢自民党が合流した時に新聞の大一面は道路公団の小泉寿一朗の藤井総裁解任劇で、耐震偽装の証人国会喚問当日は時代の寵児のホリエモンの突然の逮捕劇だった。
結果小沢一郎の民主党入りも耐震偽装も扱いが小さくなる。
大ニュースを報道されたくない時には昔は検閲で強制的に差し止めたが今では巧妙になりモット大きなニュースを造って報道枠を占領する方法が取られている。
今回も朝青龍引退が大一面ですが、読売報道では相撲協会外部役員の元警視総監や元東京高検検事長が強行に横綱解任を主張して突然の引退発表となったらしい。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年2月 5日 (金) 17時09分

ていわ さま
1.石川議員が辞職しなくても、
 小沢さんが幹事長にいすわっても、
政治(民主党)におおきなダメージを与えたことは事実。

2.去年の大久保秘書逮捕といい今回といい、強制捜査や逮捕が行われたタイミング・理由が説明できなかった今回の結末。

 検察の敗色濃厚です。さらに無理を重ねるようなことになれば、国民が立ち上がらなくてはなりませんね。

投稿: ましま | 2010年2月 7日 (日) 12時48分

逝きし世の面影 さま
 週刊ポストの広告を見ると、検察を操る総ての大元が小泉純一郎……とあります。検察裏金事件もみ消しを握りつぶす代償として旧・郵政関連利権を破壊しようとする小沢をぶっこわす役割を与えられたというのです。
 「ポスト」じゃ真に受けられませんが、そうとでも考えないと合点がいかないことがたしかに多いですね。

投稿: ましま | 2010年2月 7日 (日) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/33250722

この記事へのトラックバック一覧です: 検察対小沢は:

» 検察裏金疑惑との相殺で? 小沢幹事長<不起訴>決定 / 今後『特捜部』には仕事が沢山待っている [晴れのち曇り、時々パリ]
小沢氏の2度目の事情聴取は、それまでの様に<リーク>しなかった検察。 どれだけコジツけて<ムリ筋>はっても、公判を維持出来るまともな<証拠>など、何も無かった事が明らかだ。 もし<起訴>に持ち込むつもりであったら、これまで通り<マスコミ>のカメラが待ち構える演出し、イメージ悪化をさらにだめ押しするはずダッタのに。 せいぜい、マスコミも問題にするまい、と高をくくっていたか? ところが、当の<剛腕>の方から記者会見で、<不起訴>を前提の様に堂々と、聴取内容を発表されてしまった。 悔しかっ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 07時20分

» 小沢幹事長 不起訴 [王様の耳はロバの耳]
小沢氏、不起訴の方針=関与立証、困難と判断−4日、嫌疑不十分・東京地検(時事通信) - goo ニュース 昨日3日夕刻東京地検特捜部は上級機関と協議の結果、小沢幹事長の不起訴処分を決めた(模様)と報道が流れた。 TVにでる元特捜検事の弁護士が次々に語る。 「検察としてはこれまでの証拠では小沢幹事長を有罪とするに足る証拠に欠け公判を維持を維持出来ない」と判断したのだろうと語っている。 疑わしきは被告人の利益にが法の原則だから小沢幹事長は無罪。 勿論真っ白と言う訳ではないけど。 {/hiyoko_cl... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 10時05分

» 『論文盗作』問題(テレ朝・報ステ) [関係性]
  第6弾=テレビ朝日・報道ステーションのインパクト  2月3日(水)の報道ステーションで、「論文盗作」問題が扱われた。報道機関に少しずつ広がりを見せている。  この報道で、登場人物に次の名前が出てくるとブログ読者は思っていただろう。   ・「論文盗作」3人組    婁 小波(東京海洋大・教授)    中原 尚知(東京海洋大・准教授)    本田 幸子(元・東京海洋大・大学院生)   ・「盗作擁護者」    松山 優治(東京海洋大・学長)   しかし、東京海洋大の准教授(中原 尚知)と紹介し、その顔... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 11時22分

» 【下野なう惨経】鳩山政権は予算早期成立と「革命的」変革実現に向け邁進すべきだ!【世迷い言】 [ステイメンの雑記帖 ]
 所謂「西松問題」から約1年の長きに渡って続いた民主党小沢幹事長の失脚を狙った東京痴犬特騒部の暴走であるが、4日ついに 小沢幹事長は「不起訴」石川衆院議員等3名が政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴という事で一つの転換点 を迎えた。  国家公務員法違反の守秘義務違反となる捜査情報のリークから始まり、石川議員事務所の不法占拠、宦官ジミン関係者は精々在宅起訴で済ませるのに国会招集直前での逮捕、果ては女性秘書を欺いた挙げ句、子供を人質にとった脅迫としか言えない強制的事情聴取など、 東京痴犬特騒部はありとあ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 12時43分

» 雪冤成る! [ちょっと一言]
写真は読売新聞から  このところ執拗に繰り広げられた検察リークとメディアスクラムによる小沢一郎バッシングは結局は不起訴で決着がつきそうですが [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 15時39分

» 小沢氏不起訴で決着 [虎哲徒然日記]
小沢氏秘書と石川議員逮捕のときに、それが国会開会直前だったので、どうもこのへんで幕が引かれるのではないか、という予感があった。 小沢氏へは2回の聴取が行われたが、不自然ではあるものの、決定的な証拠がなく、起訴を断念したということであろう。 この間、小沢....... [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 11時07分

» 民主党は元国会議員も認定した893政党 [愛国を考えるブログ]
小沢反日支配による圧政を続ける民主党。このままでは国民は飢え、希望はなくなり、在日だけが幸せになれる最悪の状況を迎える。これはまさに暴力団そのものではないか!民主党は893であり、暴力団であるのだ。 もちろん私が言ったところでみんなは聞いてくれないだろ..... [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 19時52分

« 米国防政策と新聞見出し | トップページ | 書生と秘書 »