« 桜井茶臼山古墳のこと | トップページ | 債権者会議 »

2010年1月10日 (日)

オバマの退潮

 オバマ米大統領はあと10日(1月20日)で就任1年目を迎える。アメリカ初の黒人大統領の就任は、アメリカのみならず世界に感動と期待をもって迎えられた。しかし、それが続いたのはせいぜいノーベル平和賞受賞が伝えられた頃までで、以後「チェンジ」への期待は急速にしぼみ続け、当初からあった懐疑的な見方の方に近づきつつある。

 ことにプラハの核廃絶演説、カイロでのイスラムとの和解演説は、世界平和に向けての米国家戦略の変更を示すものとして、敵対する国を含め全世界が歓迎した。中南米は、アメリカが過去の長い歴史の中で、陰謀・強圧・軍事介入などを繰り返し、その反発からほとんどが左派政権になってしまった。それだけに、アメリカの体質を最も知り尽くしている地域である。

 そこで主導的な位置にある急進左派のベネズエラ・チャベス大統領が、オバマ歓迎の意思表示をしたことから、このブログでも「アメリカの変化は本物か」という評価を書いた覚えがある。しかしその後、ホンジュラスの政変に対する干渉やコロンビアへの米軍駐留などの対応を見て、キューバのカストロ前議長が「オバマは知的な人物」と評した前言を撤回するに至った。またチャベス大統領もこれに同調している。

 期待された中東和平にも強硬路線のイスラエルに影響力を行使できず、無為無策のままである。イラク撤兵後の治安には不安が残り、アフガンは米軍増派にかかわらず、隣国パキスタンを含め連日のように自爆テロに見舞われ先の見通しが立たない。

 それどころか、最近の旅客機爆破未遂事件などから、イエメンをアルカイダの新たな拠点と位置づけ、イエメン政権に攻撃を代行させる方針をとっている。ちょうどパキスタン政府に、国境地帯のタリバン掃討を代行させているのと同じ図式の戦火拡大が憂慮されている。

 オバマは、オスロのノーベル賞授賞式で、皮肉なことに自らが戦時大統領で「テロとの闘い」を正当づけ、勝利するまで戦い続けることに意欲を示した。これらをもって中南米各大統領が、「帝国主義的体質に変化はない」と即断するに至ったのだ。

 オバマに同情する点があるとすれば、アメリカ経済の中枢を担った自動車産業が崩壊し、金融危機の火元になった今日、世界の軍事費の半分といわれる膨大な軍事費支出と、世界一の兵器輸出を担う軍需産業を削減することは、アメリカ経済の悪化に決定的な追い打ちをかけることになる。また、兵員を削減してこれ以上の失業者増大を招くともできないことだ。

 中長期的にはブッシュ政権ほどではないにしろ、戦い続けるという現体制の維持継続はやむをえないということになるのかも知れない。その影響は直ちに日本にはね返る。今年に持ち越した普天間飛行場移転問題はもとより、日米同盟の見直しなどについても、オバマに過大な期待はかけられない。

 むしろ、予想外の保守的戦略を見せられ、日本の思惑はうっちゃりを食らう恐れもある。鳩山政権によほど自主性のある将来の展望が示せない限り何の前進もなく、結局アメリカのリコピー政策から抜け出せなくなって「鳩山退潮」を決定づけることになる。参院選を前に最も警戒しなければならないことがらである。

  

|

« 桜井茶臼山古墳のこと | トップページ | 債権者会議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今年初めての書き込みです、よろしくお願いします。
日本人が黄色いバナナと揶揄されていましたが、 米国オバマ政権は、黒いバナナであると思います。オバマの存在は、バナナの黒い皮そのもの、一皮むけば、白いままなんです。私の期待はもうなくなりましたね。

投稿: カーク | 2010年1月11日 (月) 19時37分

早速のお越し、歓迎します。今年もよろしく。
「黒いバナナでも白いバナナでもネズミを捕るバナナがいい猫だ!!」成人の日を祝って飲み過ぎ、頭が混乱してきました。

日本は腐りかけたバナナのまわりをうろつくゴキブリにだけはならないでほしいのですが……。?……。

投稿: ましま | 2010年1月11日 (月) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32935128

この記事へのトラックバック一覧です: オバマの退潮:

» 小沢氏は説明不足だぞって言おうと思ったら民主の支持率がアップしてて自民が下がっていた(大瀑 [雑感]
   まぁ~、世の中好き嫌いはあるだろうが、この記事のタイトル「 内閣支持率は横ばい 」は、「twitter」でも話題にのぼったwww 産経の記事ではこう書いている。 >前回調査から 3.6ポイント増の50.8%で ほぼ横ばいだった。 まぁ~、いいでしょう。微増ですから横ばいですかw では、その産経が麻生内閣時代、ようは選挙前の昨年の8月10日の記事ではどのように書かれているかと言うと次のようになるw http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090810... [続きを読む]

受信: 2010年1月11日 (月) 22時39分

» 2010-01-09 緊急拡散【外国人参政権阻止前哨戦】 〔『水間条項』より転載〕 [【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】]
※10/31で更新停止していました拙ブログですが、以下の件にて勝手ながら緊急に更新させて頂きました※なお、下記の目的は、FAXやメールの送信ですが、この文例につき、姉妹サイトである「ガラス瓶に手紙を入れて」に公開しております。よろしくお願い申し上げます。◆◇◆以下は『水間条項』からの転載記事全文◆◇◆外国人参政権付与法案阻止が試される格好の選挙が告示されます。それは、大島など小笠原諸島を選�... [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 09時31分

« 桜井茶臼山古墳のこと | トップページ | 債権者会議 »