« 不毛なテロとの戦い | トップページ | 田沼時代の事業仕分け »

2010年1月28日 (木)

懲りないアメリカ

 前回の記事「不毛なテロとの戦い」の続きです。というより、違う角度から見るため文体を変えた“付録”だと思ってください。前回は、アメリカがイラクから撤兵を進めても、代わりにアフガンへ3万人の増派を決め、さらに、オスロのノーベル賞授賞式で米軍最高指揮官として戦争を合法化したオバマ大統領に対して、「引き時を誤って敗戦の憂き目を見た日本の教訓を教えてあげたらどうか」と言いました。

 日本は日露戦争に勝利し、遼東半島や鉄道などロシアが得ていた利権をロシアから奪い取りました。一旦中国に返すべきなのでしょうが、ことわらずにいただいてしまいました。その守備のためといって、日本軍を常駐させたのが1905年です。それから1945までの40年間、一度も引きあげたことがなかったのです。

 その歴史は、本塾でも書いてきましたが、ロシアの侵入を防ぎ、五族協和のためといって満州を独立させ、その防衛を日本が受け持ち、さらに北支、蒙古とじわり勢力を拡大、ついには首都南京まで占領して「大東亜共栄圏だあ」とうたい上げました。

 中国人は、そういった日本の“善意”を信用せず、反日・抗日運動を高めるばかりです。また、それに火をそそぐような行動が軍部を中心に繰り返されてきたことも事実です。まさに「泥沼」に落ち込んだのです。“正義の国”アメリカなどは、日本に対立する蒋介石支援にまわりました。

 日米開戦を避けるため、アメリカは日本に中国からの撤兵を要求しました。東条など陸軍の幹部は、ここまで戦線を拡大し今さら撤兵などできない、戦意が失墜し軍が持たなくなるといったことで反対しました。 

 そうです。それで開戦、最後は原爆を落とされ日本は負けました。アフガンに米軍が入って早くも9年目です。(沖縄は65年目??、そんなチャチは入れないでください)。とにかく、住民の支持がない戦いは、何年居座っても絶対に勝てません。

 アメリカのどなたさんかのように「えらソー」に言ってごめんなさい。アメリカでも立派な教訓があったのでした。南北ベトナムの戦争を「アメリカの戦争」としたのは、ケネディ暗殺後の政権を引き継いだリンドン・B・ジョンソン大統領ですね。

 その手はじめが北ベトナムへの空爆でした。なかなか効果が現れないので攻撃を激化、北ベトナム側の死者はアメリカ兵の10倍にのぼるが、なかなか参ったとはいわない。ジョンソンは軍部の求めに応じて増派を続けました。ベトナム戦争最後の決断を下したのは、リチャード・ニクソン大統領でしたね。

 戦争は早期に終結させねばならないが敗北も許されない。「名誉ある撤退」を掲げるニクソンとヘンリー・キッシンジャーが選んだ方策は、増派を中止し、北ヴェトナムとの交渉を続ける一方で、圧倒的な軍事力で威圧することであった。(西崎文子『アメリカ外交とは何か』)

 そのため北爆や枯葉作戦を徹底し、お隣の国、カンボジアやラオスにまで戦火や破壊が及びました。これはチョット今のパキスタンに似ていません?。結局、南ベトナムの首都サイゴンに突入した北ベトナム軍を見て、アメリカは撤退することになりました。

 これは、誰が見ても「敗け」ですよね。だけどお国では、いろいろ屁理屈をつけて「敗北」ではないことになっているようです。オバマさん。屁理屈ならいくらつけてもかまいません。ブッシュ大統領のはじめた「テロとの戦い」から軍隊を引くことです。そうしないと、アメリカの果てしない凋落につながりかねないことを、お節介ですが小プログは心配しているのです。

  

|

« 不毛なテロとの戦い | トップページ | 田沼時代の事業仕分け »

テロとの戦い」カテゴリの記事

コメント

昔々、無敗神話の旧日本軍の兵士には東条英機が作った負け戦でも『投降は許されない』理不尽な戦陣訓に縛られていたのですが、
同じような無敗神話のあるアメリカでは、昔もそうだったが今でも同じで、どれ程の負け戦でも『敗戦は許されない』のです。
それで仕方なく徹底的な北爆と南ベトナムの戦闘激化で『勝った事にする』作戦でやっとニクソンは戦争を止める事が出来たが、それでも敗戦責任を取らされて大統領弾劾で辞任する。
ウソを付いた政治家はニクソンが初めてではないが、アメリカの敗戦を認めた大統領はニクソンが初めて。
オバマは二番目のニクソンにはなりたくないのでしょうが、矢張り正直でない。
オバマさんも『負け』を正直に認めないと何時まで経っても正しい出口は見つけられないでしょう。
アフガン戦争は始めてはいけない絶対に勝てない戦争『負け戦』で、参加している国々は全てキリスト教国で、限りなく宗教戦争の側面がある汚い戦争です。

投稿: 逝きし世の面影 | 2010年2月 1日 (月) 15時05分

最近アルジャリーラからオサマ・ビン・ラディンの音声による声明が続けて出ていますが、オバマは「彼の負けがはっきりしてきたあせりからだ」といっているようです。

アメリカ以外の人には、負け惜しみに聞こえますがそれでもいいから勝利したことにして即刻撤兵宣言すればいいのに。これは、議会の承認がいらないと思いますが・・・。

投稿: ましま | 2010年2月 1日 (月) 16時13分

負けを認めないと、アメリカは変われない気がします。

投稿: カーク | 2010年2月 1日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/33154866

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りないアメリカ:

» 自民党・町村信孝とみんなの党・江田憲司 [雑感]
  何やら、読売の飛ばし記事がネット上で火がついている。25日の昼過ぎに流れた記事であり自分も26日にブログに書いた。 http://udonenogure.iza.ne.jp/blog/entry/1432064/ 正直に言って、異常な状態にマスコミが陥っているのであろう。先日の参議院の予算委員会で自民党・西田昌司らが小沢氏の土地について質問をしていた。その中で、「政治資金で不動産の購入をしている議員はいるのか」というものがあった。 総務省からお役人がシャシャリ出て「 小沢議員だけであります 」と... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 15時41分

» ハワード・ジン「歴史の効用とテロリズムに対する戦争」を語る [マスコミに載らない海外記事]
Democracy Now! 2006年11月24日金曜日の放送分記事の翻訳 ハワード・ジン「歴史の効用と対テロ戦争」を語る ハワード・ジンは我が国において最も [続きを読む]

受信: 2010年2月 6日 (土) 18時51分

« 不毛なテロとの戦い | トップページ | 田沼時代の事業仕分け »