« 2010・元旦 | トップページ | 明治初期の中国脅威論 »

2010年1月 2日 (土)

新年・雑念

 戦争という手段には平和を維持するという役割もある

↑ノーベル賞授賞式でオバマ米大統領

 ♪勝ってくるぞと勇ましく
  ……
  東洋平和のためならば
  なんで命がおしかろう

↑昭和12年、藪内喜一郎作詞「露営の歌」

 「君子でも闘うことがありますか」
 「いや君子は闘わない」
 「犬や豚でも闘います。どうして人間が闘わないことがありましょう」
 「傷ましいかな。君たち儒者は、口では文王とか湯王とか聖人のことを説きながら、行いは犬や豚にたとえるのか。傷ましいかな」

↑2000数百年前、儒者と墨子の問答

|

« 2010・元旦 | トップページ | 明治初期の中国脅威論 »

反戦・軍縮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32831314

この記事へのトラックバック一覧です: 新年・雑念:

» 鹿児島の阿久根市長『高度医療が高度障害を生んでいる』 [逝きし世の面影]
『不思議なツール』 ブログとは不思議なツールで駅頭で大勢に向かって演説しているようでもあり、密室で親しい人と秘密の隠し事を語っている様でもある。 つい最近ひげの隊長こと佐藤 正久1等陸佐(現自民党参議院議員)と同期の元自衛官で、『最も辞めてもらいたい議員は?』などを自分のブログに掲載し不信任決議案を全会一致で可決、議会解散、再議決で失職、その後の市長選で帰り咲いて現在二期目。ブログ市長として有名な鹿児島の竹原 信一阿久根市長が今度は、『高度医療と障害』の関連性を書いて『差別問題』として話題となる。 ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 3日 (日) 10時19分

» 一阿のことば 20 [ガラス瓶に手紙を入れて]
私事になるかも知れませんが、少し海軍兵学校の教官の事を書くことをお許し下さい。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 18時03分

« 2010・元旦 | トップページ | 明治初期の中国脅威論 »