« 大統領が会ってくれない? | トップページ | 米国とオバマの限界 »

2009年12月11日 (金)

正式国名考

 麻生前総理の外交方針の中に「価値観を共にする」という発想があった。価値観とは、アメリカが主導する自由と民主主義のことであろう。この中には中国や北朝鮮は入っていない。民主主義国ではないという判断だろう。

 ところが中国は「人民共和国」、北朝鮮はごていねいに「民主主義人民共和国」というのが、正式国名に加わる。だいたい「共和国」というのは、Republic、公民が話し合って選挙で代表を決める政体を示しているから、それだけで民主主義的という意味だ。

 世界の圧倒的多数、ことに新興国は○○共和国がほとんどだ。その「共和国」の前に、人民だとか、社会主義だとか民主をつけたすのは、中味に自信がないからなのだろうか。冷戦中の新興国に多いようだ。また、イスラムを国教とするパキスタン、アフガン、イランは「イスラム共和国」である。

 北朝鮮は、フルネームが長すぎるので、韓国と区別する意味からか自らを「共和国」と略称する。ところが、大韓民国の英文表記は、Republic of Korea で北朝鮮の Democratic People's がないと全く同じ、つまり「民国」は「共和国」の意味だから区別にはならない。

 中国の場合は、国民党政権時代の「中華民国」に遅れて成立した共産党政権が区別するため「中華人民共和国」と「人民」をわざわざ入れたのだろうか。中国の正統政府を主張するなら入れなかった方がよかったのに、と思う。

 共和国の次ぎに多いのが日本のように、何もつけないそのものずばりの正式国名である。また、連邦、連合、合衆国とつくものもある。王国や公国なども20カ国以上ある。その最大のものは、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」という長ったらしい正式名のイギリスである。

 さすがに「帝国」を名乗る国はひとつもなくなった。イギリスをのぞくベネルックス3国、ノルウェー、デンマーク、スウェーデンなどの王公国は、概して平和主導先進国である。石原都知事がネット上で日本の正式国名を募集したところ、「日本皇国」、「大日本帝国」が1位、2位に入ったといって悦に入っている。こういう際に使うのが「品格」という言葉である。

 

|

« 大統領が会ってくれない? | トップページ | 米国とオバマの限界 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

日本は天皇がいるので、「共和制」「共和国」という語自体がタブーですね。

投稿: Runner | 2009年12月11日 (金) 19時40分

アラブ首長国というのがあります。昔は土候国と言っていた。皇帝でもない王でもない一定の型をもたないトップトップが首長ですね。

橋下府知事などが、自治体の長を首長=クビチョウなどと呼ぶ、「日本首長国」??。やはり何もつかない「ニホンコク」が一番品がいいようで。

投稿: ましま | 2009年12月11日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32569000

この記事へのトラックバック一覧です: 正式国名考:

» 一阿のことば 14 [ガラス瓶に手紙を入れて]
海軍のことを少し話しましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 21時23分

« 大統領が会ってくれない? | トップページ | 米国とオバマの限界 »