« PAC3 | トップページ | 護憲派遍歴 »

2009年12月19日 (土)

墨子と鳩山

 2009_1219鳩山首相のお祖母さん、つまり元首相・鳩山一郎さんの奥様は薫子(カオルコ)さんといいました。タイトルの墨子と似てますが間違って「スミコ」にしたのではありません。「ボクシ」と読んでください。中国の孔子・孟子と同時代の偉大な思想家をとりあげたかったのです。

 それがどうして鳩山さんと関係があるのか、というのは最後にしましょう。孔子より若いとされていますが紀元前4,5百年前、春秋戦国時代の人です。孔孟の教えは「儒教」となり、中国から朝鮮そして日本でも長い間道徳規範として尊重され、文化にも大きな影響を与えました。

 しかし、墨子にはそんな知名度がありません。その原因は、孔子がもっぱら王侯貴族を対象とした行政アドバイザーとして権力者の目線で語ることが多く、バイブルとなった儒教は科挙、つまり任官テストに欠かせないものとなったのです。

 それに反し墨子は、庶民の感覚・目線で説かれており、権力者に迎合することなく孔子とも鋭く対立していました。孔孟ややはり同時代の孫子のように、書物にとりあげられることもすくなく、どちらかと言えば埋もれた存在だったと言えましょう。

 孔子との対立点は、孔子が国家の秩序を保つ上で重視したのが礼法と音楽つまり「礼楽」で、墨子は「礼」のために宮廷の冗費が増え、人民はその負担に苦しんでいると批判しています。これに対し、墨子の思想の中心は「非攻」と「兼愛」の二つです。

 「非攻」は、戦争が有害無益であること、そして「兼愛」は自分を愛するように人も愛さなければいけないということで、これを駒田信二著『墨子を読む』では、次のように関連づけています。

 墨子はまず幸福な生活の根源は人々が互いにひとしく愛しあうことにあるとした。兼愛の説がそれである。愛の普遍を求めるならば当然平和を求める。そこから、侵略者を非とする非攻が主張された。兼愛の根拠として、墨子は主宰者としての天を認め、神の存在を認めた。そして、万物の主宰者として天があるように万民の主宰者としての君主を認め、天が万物を平等に育成するように君主が万民にひとしく福利をあたえることが、天の意志であり、神の心にそうことであると説いた。

 兼愛→博愛→友愛。そっくりというより同じなのですね。鳩山さんは『墨子』を見て言ったわけではありません。祖父一郎さんがオーストリア・ハンガリー帝国の貴族で日本人の血も入っているクーデンホフ・カレルギー伯の著書『自由と人生』を読み、その中の「友愛革命」の精神に感銘したことがもとです。

 鳩山首相の「友愛」を、中味のない甘っちょろいお坊ちゃん趣味などとけなす人が、いまだ有力者の中にもいます。残念ながら勉強が足りない人です。カレルギー伯は、第一次大戦、第二次大戦と欧州でもっとも悲惨な戦争を体験してきた人です。

 そもそもヨーロッパは何世紀にもわたって戦争の惨禍を繰り返し、どうして戦争を断ち切るかに悩んできたところです。カレルギー伯の提案が現在のEUに発展してきたことは、このブログのカテゴリ「東アジア共同体」でも書いてきました。甘さではなく厳しさからなのです。

 墨子も周が滅んでから300年も続いた群雄割拠の戦国時代の人です。甘っちょろくないから到達した信念でしょう。鳩山総理の心の中までのぞけませんが、こういった古典から学べることは少なくありません。中国では魯迅が取り上げた前例がありますが、現在こそ、中国人も日本人も墨子をより深く研究すべきだと思います。

|

« PAC3 | トップページ | 護憲派遍歴 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

墨子を取り上げるとは、なかなか通ですね。
太平天国は墨家思想の影響を受けていると言われていますね。
ちなみに、墨子も儒家の元学徒だったそうですよ。
儒家思想に疑問を持って、新たに墨家思想を打ち立てたわけですね。

投稿: Runner | 2009年12月19日 (土) 18時48分

Runner さま
 >太平天国は墨家思想の影響を受けていると言われています

 そうかも知れませんね。勉強になります。
 中国は革命の歴史です。日本で思われているような北朝鮮ばりの専制国家ではなく、為政者が民衆蜂起をいかに防ぐかに頭を悩ましているんでしょうね。

投稿: ましま | 2009年12月19日 (土) 19時41分

孔子は弟子に徳目の優先順位を問われた際に、「一位が仁で、二位が信だ」と答えたそうです。
ところが、これが孟子になると、「最近、博愛主義が流行っているがこれは間違いだ。世の中には序が必要だ」と墨家を批判しています。
私には、仁と信を受け継いだのが墨子で、忠や序を受け継いだのが孟子ではないかと思えます。
こうして、儒家は権力御用思想として成り下がっていったのではないかと思います。
今日の日中コリアの儒教社会を見ても、「東洋のアナーキズム」と西洋で評価された要素はどこにも感じられませんしね。

投稿: Runner | 2009年12月21日 (月) 22時45分

Runner さま
 よくご存知ですねえ、と言うより専門家じゃないですか?。
 漢文は苦手でしたが「子曰く」の素読は頭にこびりついています。我々同時代の子供の名前に、天皇家の「仁」は別格としても、里見八犬伝ではないが「義」「礼」「智」「信」などがつくのが何と多いことか。
 それだけ無意識の中にも儒教が染みついていたのですね。20年以上前のことですが、慶応の高橋正彦教授が「難しい競争を越えてきた学生が返り点を見て『先生これ何ですか?』て聞くんですよ」と慨嘆されたのを思い出しました。

投稿: ましま | 2009年12月22日 (火) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32665352

この記事へのトラックバック一覧です: 墨子と鳩山:

» 蒼海の 「敬語」 1 [ガラス瓶に手紙を入れて]
※管理人〔しーたろう〕から皆さまへのご連絡※12月15日の天皇陛下と中国副主席とのいわゆる「特例会見」の件、遠藤健太郎オフィシャルブログさま「外務省『抗議してほしい』」によりますと、なんと、外務省側があからさまに「抗議して下さい」とおっしゃっているというので、下の記事に文例・書簡とFAXの送付先をアップしております。よろしければご参照ください。  〔しーたろう〕... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 20時00分

» 不思議な労災事故?『押尾学事件より悪い片山右京遭難事故』 [逝きし世の面影]
元レーサーの片山右京氏が経営する会社の社員パーティの遭難事故ですが典型的な『気象遭難』で二人とも凍死のようです。 (アサヒ・コム参照)片山氏によると、『150〜200メートルほど下でテントと2人を見つけたが、堀川さんはパニック状態だった。2人に毛布や寝袋をかけて温めたが、やがて宇佐美さんは泣き出し、ため息をつくようにして動かなくなった。堀川さんは奇声を発するようになった。』 それにしても酷い遭難で非難されても仕方がないでしょう。基本がなっていない。 まず、『17日午前6時半ごろ、御殿場口から登り始... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 16時03分

« PAC3 | トップページ | 護憲派遍歴 »