« 護憲派遍歴 | トップページ | 象徴天皇の明日 »

2009年12月22日 (火)

マスコミの変調

 最近気になることは、マスコミが政権交代ブームから一転政府与党バッシングに変わったことだ。もともとマスコミは反権力でなければならないと思っているので、その限りでは憂慮することではない。ところがその変化があまりにも急なことと、攻撃が政策内容ではなく、小沢氏や鳩山氏の性格や語調から政変心待ちのような論調、いや論調ではない、枝葉末節のあら探しに奔走しているいことである。

 「党高政低」という比喩は、別に当塾の発明ではないが、今月2日付けの記事の題名に使った。わずか20日前にはほとんど使われなかったので、まずその解説からはじめている。 

 まもなく西高東低の冬型気圧配置になる。政権与党の気圧配置は、党(民主党)高・政(政府)低の気圧配置が定着しそうである。政権交代を願い、新内閣の好調なすべりだしに多少のことには目をつぶってきたが、この気圧配置は大荒れに発達するのではないかという心配がでてきた。

 党高気圧の中心は、小沢幹事長。当初言われていた権力の二重構造にはならない、という私の観測は当たっていると思う。「生き続けるためには変わらなくてはならない」という彼のモットーは捨ててはいないが、心にもないことを言ったり言わされたりするのが大嫌いで、直情径行に走りやすい性質はそのままのようだ。

 ところが、この数日で「権力の2重構造」とともに「党高政低」はすっかり流行語になった。小沢幹事長の予算に対する政策提言は、「待っていました」と言わんばかりである。小沢強要、鳩山変節、そして「小沢激怒」「内閣右往左往」など、まるで電話を盗聴したか、官邸に隠しカメラがあるようなはしゃぎぶりだ。また、このエントリーの後半で次のようにも言っている。

 たしかに、これまで放置された官僚による悪弊は大掃除をする必要がある。しかし「坊主にくけりゃ」の官僚バッシングは目に余る。官僚はあくまでも「法」に基づき「法」に従って仕事をする職業で、政治家に支配されて法をまげることは許されない。法制局長官による法解釈答弁を法律で禁止するのは筋違いだと思う。

 これは、14日付けエントリー「天皇政治利用の醜態」の伏線になる私見である。羽毛田宮内庁長官のいう30日ルールは法律ではない。仮に法律またはそれに準ずるものであれると思うのであれば、あくまでも官僚としての良心を曲げるべきではなかった。

 そういったことをわかりやすく、悪く言えば端的に、露骨に言うのが小沢発言で、筋道として間違ったことを言っていない。「米軍は第7艦隊だけでいい」といった発言も一面の真理をついており、責め立てられるような内容ではない。

 このところ低調だった右翼好みの週刊誌は、鳩山年内に退陣とか、来年の同時選挙で小沢内閣だとか、民主党混乱をあおりたて始めている。しかし民主党支持の皆さんご安心あれ。小沢さんは口べたで上のような発言しかできない、首相には向いていないことを知っている人だ。

 マスコミの変調が情緒的内容に頼るものだけなので、この喧噪はやがて消える運命にある。経済政策の失敗による深刻な2番底を招くとか、新たな汚職事件が発覚し内閣を直撃するようなことがない限り、民主党にとって輝かしい2010年の新年を迎えられることになるだろう。

|

« 護憲派遍歴 | トップページ | 象徴天皇の明日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

鳩山さんへの賛否は次の参院選に反映されるわけです。
ところが、小沢さんは幹事長で選挙責任者なので、選挙で負けると小沢さんの責任も問われることになります。
だから、小沢さんとしては、当然、鳩山さんにあれこれ指示したいところです。
ところが、ここでマスコミによる「二重権力批判」なるものが邪魔をしてしまい、あまり口出しできない。
小沢さんの苦しいところです。
だいたい、小沢さんは代表戦の際に、岡田さんではなく鳩山さん支持だったわけですから、ちっとも、二重じゃないんですけどね。

投稿: Runner | 2009年12月27日 (日) 14時55分

Runner さま
 本文の結論としたとおり、私は小沢さんも鳩山さんもあまり気にしていないと思いますよ。というのは理由が二つあります。一つは仮に「二重権力」だったにしてもそれで困る国民はいない。政府と議会が真っ二つに分かれればそれこそ二重構造で市民は困ります。

 二重構造が非難されるのは、かつての自民のように裏に派閥支配があって諸利権、金権、司法権などが密室でリモートコントロールされるからです。

 そんなのがなれれば、単に(小沢さんの)好き嫌いだけでマスコミも攻め込みようがありません。

投稿: ましま | 2009年12月27日 (日) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32696368

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの変調:

» 鳩山総理の考えが見えないことが問題。 [ちょっと一言]
 昨夜、テレビに速報が出たので何事かと思いつつ確かめると「子ども手当に所得制限を設けず、暫定税率維持・・・」と鳩山総理が話したというのです。 [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 19時03分

» 本当にしょうがないやつら [雑感]
 暫定税率が、 現行水準維持 となり、「 鳩山首相が、小沢・民主幹事長が要請を示唆 」したの「 小沢主導 」だのと大騒ぎをしていて実に楽しい。  来年度(10年度)予算の編成に向けて、民主党小沢幹事長が選挙のリアリズムと政策のリアリズムを鳩山首相に突きつけたという事である。その リアリズムを目の当りにして、マスコミは幹事長室が巨大な権力を行使をしてきたと騒ぎ立て 、民主党の記者会見でも質問をぶつける。 また、民主党支持者の中でも、 小沢嫌いはこれ幸いと小沢叩きのマスコミ報道に右往左往 をし、 自民党... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 23時50分

« 護憲派遍歴 | トップページ | 象徴天皇の明日 »