« 「関係者」という亡霊 | トップページ | 米軍基地と抑止力 »

2009年12月26日 (土)

公園と自然

2009_12260004  このあたり、自然が売り物です。

 下の広場には、かつて釣り鐘型の回転遊具と対面ベンチ型ブランコがあったがいずれも撤去。蜘蛛の巣だらけで放置されていたコンクリート製パイプが今では人気。やはりオソマツ君の時代がいいようで。

 2009_12260008_2

2009_12260012  少し前まで、水辺で幼児が与えるパンくずに水 面が見えないほど鴨が集まったが、看板でこのところ個体数も激減。生態系が云々、水質汚染が云々と理由が書いてあるが、どうやら責任を鴨に押しつけたいのカモ

 かわりに鴨の方で陸に上がって遊んであげている。2009_12260001  

|

« 「関係者」という亡霊 | トップページ | 米軍基地と抑止力 »

散策」カテゴリの記事

コメント

pencil
貴邸のお近くなのでしょうか。
小生の近く(隣市10キロぐらいの処)にも小さな沼と公園があって、鴨の住処となっています。
ブログにした覚えがありますか、今見つかりません。沼がゴミの捨て場のような様相を呈しています。
トラックも駐車出来る広場もあり、弁当を使ったり、トイレの使用に便利なので、絶えず人は入っているようですが、花見の季節以外は見るべきものはありません。
我孫子の楚人冠公園は、もう一度行ってみたいと思っております。
ネットで検索しましたら、杉村邸を市が買い受け、文学記念館になるようです。
小生が行った頃は、杉村家はまだ住居だったようでした。

投稿: tani | 2009年12月29日 (火) 09時59分

tani 兄
 散歩の守備範囲にある池というか沼というか、昔じゅんさいを栽培していたというから、それなりに澄んだだったのでしょう。周囲は住宅地で、金を余りかけない公園として市が管理してます。

 おなじみ里見八犬伝の里見の姫君が北条との戦に敗れ、身を投げたという伝説もあります。我孫子も免許返上前に行って見ましたが、ゆっくりするには車じゃない方がいいですね。

投稿: ましま | 2009年12月29日 (火) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32745257

この記事へのトラックバック一覧です: 公園と自然:

» しかし、微妙ですね。改革クラブさんw [雑感]
 今年の9月の末に自民党の 山内俊夫参院議員が、来年夏に行われる参院選は出馬をせずに引退する 意向だと伝えられてきた。 現実に、9月24日自民党の香川県連幹部に伝えたとの報であった。現在63歳であることから、自民党の定年から考えると疑問符がついた。 ようは、8月30日の衆院選で、 西村真悟の落選により改革クラブは「5人以上の国会議員の所属が必要」とする政党要件を失っていた のだが、 中村喜四郎を引きずり込んだ のはいいが、松下新平が来年の参議院選挙に自民党公認で出馬をするということから、数合わせなん... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 19時25分

» 一阿の 「普通の気持ち」 4 [ガラス瓶に手紙を入れて]
日本は戦いに負けたのだ そして戦いに負けることの重大さに未だ気づかない人があまりに多い。 以前、新現役宣言という会で聞いた講話で佐々淳行さんがクラウゼヴィッツの戦争論に言及された。 此の名著の中には敗戦国は二度と軍隊がもてないで有ろう事が縷々述べられている。... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 20時12分

» 発行されたばかりの劉暁波氏の本 [ペガサス・ブログ版]
昨日の記事で,中国の民主活動家・劉暁波(リュウ・シャオボ)氏への懲役刑判決のことを取り上げたが,今日,大学生協の書店で,この劉暁波氏の,出版されたばかりの本を見つけた. 天安門事件から「08憲章」へ (藤原書店,'09年12月30日発行) 3千円を超える高価な本だったが,応援の意味も込めてすぐに購入した. 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 裏の帯に,編集者である劉燕子(リュウ・イェンズ)氏の解説からその一節が抜き書きされている.日本の知識人の中国に対する姿勢について,まさに核心を突いた言... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 22時02分

» 蓮根掘る [PETITES NOUVELLES]
蓮根掘る 水の昏さを知りつくし           千恵 昔俳句仲間だった千恵さんから頂いた短冊である。 短冊の裏面には、昭和26年11月という千恵さんの署名があった。 今日の日曜日、久しぶりに小春日和の日差しに誘われて、近くの田圃道を散策した。 このあたりは、...... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 07時51分

» 不思議な労災事故?HAL氏コメント集(メモ) [逝きし世の面影]
コメント欄にそのまま掲載すると(記載内容が報道と違う妄想世界なので)他の読者に迷惑。 事実誤認の感情的、エキセントリックなHAL氏のコメントを此処に別立てにし残しておきます。 驚きです (HAL) 2009-12-20 17:29:41 いやはや驚きました。 「である」と「です。ます」が混在する稚拙な文章には目をつむるとしても、既にTVで公表されている事実を踏まえもせず、ここまで書くその無責任さに。 「何故2、3人用の同じテントに入らなかったのか理解に苦しむ。」「安全性よりも居住性を優先させた」「... [続きを読む]

受信: 2009年12月29日 (火) 12時30分

« 「関係者」という亡霊 | トップページ | 米軍基地と抑止力 »