« 反戦塾乗・09/12/9 | トップページ | 正式国名考 »

2009年12月10日 (木)

大統領が会ってくれない?

 北澤防衛大臣などが普天間移転先は辺野古以外にない、とか早急に決着しないとアメリカが怒る、などと楽をしようと思っている。また、民主党の弱体化心待ちの一部マスコミが、懸命にこれに味付けをする。日本の安全につていて、どこまで真剣かつ命がけの仕事をしているといえるだろうか。

 日本独立から8年、まだ国際的地位が低かった60年安保当時にくらべ、政治家も国民も外交センスは軟弱になっているようだ。デンマークで開かれるCOP15で、首相がオバマに会ってもらえなさそうにないといって騒いでいる。60年安保の際は、訪日が決まっていた米大統領に日本が待ったをかけている。当時の年表を見るとつくづく隔世の感がする。

 1958年(昭和33)
 10月8日 警察官職務執行法の改正案が突如として国会に提出される。当時の岸首相は「この法案は、安保条約に対する反対運動をあくまでも押しきる、そのためには秩序を維持する必要があるという考えで準備された」と回想している。

 11月4日 自民党の同法案強行採決の動きに社会党は審議拒否をしていたが、会期切れを免れるために突然押された会議開会のベルを合図に与党議員が入場、同時に副議長が会期30日延長の宣言をした。その暴挙に抗議する労働組合などのデモが激化し、結局改正案は審議未了となる。

 1959年
 6月2日
 参議院選に自民勝利(自民71、社会38、緑風6、共産1、無所属・諸派11←創価学会6を含む)。
 6月18日 内閣改造。これまでの間、自民党内の反主流をおさえるため、有力財界人2人と右翼の大物1人を立会保証人に加え後継首相を密約、証文を交わすなどどろどろの権力抗争が与党内にあった。

 1960年
 1月19日 
改定安保、ワシントンで調印。
 5月19日 この日までに衆議院で条約を批准すれば、参院の議決がなくてもアイゼンハワー大統領の訪日予定日までに自然成立する。そこで同日10時過ぎに前と同様に野党不在の間に開会の予鈴を鳴らし、与党だけの安保特別委員会、そして警官を導入した本会議場で議案が可決された。

 6月10日 米大統領秘書官ハガチー、大統領訪日の打ち合わせで来日、羽田空港から都心に向かう途中デモ隊に取り囲まれ、乗用車ごと揺さぶられ投石も受けた。警官隊の排除とヘリコプターで脱出。5月26日の17万人、6月19日の33万人など、空前の国会デモも続いた。

 6月16日 前日、デモ隊の混乱で東大学生・樺美智子死亡。臨時閣議により米大統領招請延期をアメリカに要請する決定。
 6月19日 安保自然成立。岸首相退陣を表明。

|

« 反戦塾乗・09/12/9 | トップページ | 正式国名考 »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/32556533

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領が会ってくれない?:

» *〔しーたろう〕の「対馬フォーラム」レポート 2/2* [ガラス瓶に手紙を入れて]
昨日に引き続き、「対馬フォーラム」のご報告と感想などを書かせて頂きたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 15時27分

» 【普天間】今こそ諸外国から嘲りを被らない自立した国家を建設する正念場だ【小沢・胡会談】 [ステイメンの雑記帖 ]
 世界一危険な軍事基地といわれる米軍普天間基地の移設問題であるが、アメリカ側が先の首脳会談で合意した同盟関係深化の政府間協議の先送りを一方的に通告したに続き、鳩山首相が呼びかけた 日米首脳会談の開催を拒否するという暴挙 に出た。  ここまでアメリカ政府が我が国を舐めたマネをするのも、 戦後64年間の経験で日本は脅せば直ぐ屈服するということにアメリカ側が慣れきってきた からである!  だが、そんなアメリカの走狗たるシロアリジミンや「下野なう」惨経などと言った売国去勢ポチどもがいくら騒ぎ立てようが、 鳩... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 00時37分

»  平和賞授与でオバマ氏、アフガン「正しい戦争」 [政治]
改めて失望させられました。 「正しい戦争」という言葉を未だに信じているとは悲しい限りです。 どれだけ自分が正しくても人を殺せば、人の心はもたない。 平和賞授与でオバマ氏、アフガン「正しい戦争」 12月10日23時25分配信 読売新聞 ・・・・・・ 授与式での演説でオバマ大統領は、「平和を維持するためには戦争という手段が演じる役割もあるのだ」と述べ、アフガニスタン戦争を「正しい戦争」と位置づけた。その上で、今月1日に発表したアフガンへの米軍追加増派に関し、「米国民が直面している脅威を座視は出来ない。... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 10時04分

« 反戦塾乗・09/12/9 | トップページ | 正式国名考 »